民事訴訟

本人訴訟で未払い残業代を請求する(56)-答弁書を詳解する5【相手方の主張】

第48回、第49回、第51回、第53回のnoteで、労働審判での相手方が作成・提出する答弁書について解説してきました。今回のnoteでは、答弁書の最後の部分、「第3 相手方の主張」について解説したいと思います。

おさらいですが、答弁書は次の三部構成となっています。

第1 申立ての趣旨に対する答弁
第2 申立ての理由に対する認否
第3 相手方の主張

まず『第1 申立ての趣旨に対する答弁』では、

もっとみる
情熱と論理、あなたがとるのはどっち?

本人訴訟で未払い残業代を請求する(55)-私が本人訴訟を選択した理由(その4)

今回のnoteも、第34回(その1)、第35回(その2)、第54回(その3)に続いて私自身の本人訴訟の話をしたいと思います。

私が申立てた労働審判では「元雇主は元従業員(私)に対して235万円の支払い義務がある」という私にとって満足できる結果になったところ、相手方の元雇主が異議申立て(第11回note参照)を提出。私と元雇主の争いの舞台は民事訴訟の場に移されることになりました。

労働審判と民事

もっとみる
やっつけちゃえ!!!
1

正当な怒りに打ちのめされた心

上記ツイートの漫画の仕打ちをかなりやられており、

必然的に「注意指導」と称した #いじめ でこらしめて、被害者の心をへし折って自己満足させる手法である。

それは #退職勧奨 を目的をしたものや、被害者の行為を反省させる為に行なっていることが多い。

一言でいえば、

不加害者側の不正を糾弾しつづけている被害者を反発させずに弱らせ、自分の手柄にしたり、如何に正当性がある #承認欲求 をしたく、行

もっとみる
よろしければ拡散願います!
5

強制執行って?!実は・・・

こんばんは!強制執行の話をする前に、今日はお金がらみで、紆余曲折ありすぎた話をしたいと思います。

私がお金がらみで揉めたのは2つ。

①車を売買したものの、売買金額(車の輸送費も含む)の90万が1円も入金されないこと

②元彼に貸した10万が戻らない

以上2つです。

2年だと2つって、多い方なのかな?どうなんだろう?

②に関しては、2回くらい支払いに関する契約書を送ったのに無視され、その後

もっとみる
スキありがとうございます!とても嬉しいです!
1

図を描け、と元判事は言った。要件事実の「図形」世界へようこそ。或いは、新聞記事は知る第一歩

とは言っても、6次元カラビ・ヤウ・クインティックの 2次元スライス(断面図)のような面倒な図形ではありません。

で登場するブロック・ダイアグラム。
(ただ、当方は前の版で習いました。青より緑の方が馴染む)

訴訟、特に民事訴訟では、法学部生から最高裁判事まで、
事件の事実関係・主張構造を図、特にブロック・ダイアグラムを使って理解します。
(当方も使ってます)。

個々の主張(請求原因、抗弁、再抗

もっとみる
馬弓の 正射必中 に感涙
7

CTW株式会社に名誉毀損で訴えられ弁護士に依頼せず本人訴訟で挑み勝訴した話【高裁編】

地裁編をご覧になっていただいた皆様、記事購入までしていただいた皆様、さらにはサポートまで送っていただいた皆様、またはてブなどで「“ビビッドアーミー”とタイトルに付けたほうが良い」などとコメントを付けていただいた皆様全部読んでおります、誠に感謝しております、marchEnterpriseのま〜ちです。

はじめましての方は、「いきなり高裁って何よ?」とか「アップトーキョー出てきやがれ」となってしまう

もっとみる

本人訴訟で未払い残業代を請求する(54)-私が本人訴訟を選択した理由(その3)

第33回noteと第34回noteで「私が本人訴訟を選択した理由」を2回連続で書かせていただきました。私が本人訴訟をやった経緯などについては、これら(その1とその2)をお読みください。その2の最後のパラグラフでは一連の本人訴訟の結果(「元雇主が元従業員の私に対して400万円の和解金を支払う」という和解)だけ書いていましたが、これから何回かに分けて、その結果について詳述してみたいと思います(詳しくは

もっとみる
情熱と論理、あなたがとるのはどっち?
4

CTW株式会社に名誉毀損で訴えられ弁護士に依頼せず本人訴訟で挑み勝訴した話【地裁編】

皆様、大変ご無沙汰しております、とっても昔、「トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介」していたアップトーキョーです。と申しましても、当時有志で活動していた中の人たちは「リワード広告の規模縮小により役割を終えた」と言ったか言わないかで雲散霧消いたしました。というわけで、

サイトをWhoisすると出てくる「app.tokyo」ドメインの所有者であり、またそれらを元に何を勘違いしたのかCTW株式

もっとみる

本人訴訟で未払い残業代を請求する(53)-答弁書を詳解する4【付加金請求に関する認否と反論】

けっこうインターバルが空きましたが、2020年最初のnoteです。第51回noteでは答弁書での「申立ての理由に対する認否」について解説しましたが、ここまでの時点で残っているのが、「付加金の請求」の主張に対する相手方による認否です。付加金については第17回noteを読んでください。

私は、労働審判手続申立書で、付加金請求について次の主張をしました。

======================

もっとみる
情熱と論理、あなたがとるのはどっち?

伊藤詩織さん民事訴訟勝訴

ジャーナリスト・伊藤詩織さんの事件はこれまでずっと注目してきて、その著書『Black Box』(文芸春秋)も読んで続報が気になっていたので、今回の民事訴訟勝訴のニュースは本当に喜ばしいことです。

「レイプされた側にも落ち度があったはずだ」「被害者ならばそんな笑顔を見せるはずがない」といった理不尽な非難が押し寄せる問題については、人間の「認知バイアス」の問題に拠るところが大きいと思っています。

もっとみる