黄色い西瓜

黄色い西瓜

【 自分の商品売らんがための、ウソの情報に注意してください 】

【 自分の商品売らんがための、ウソの情報に注意してください 】

**************線で囲った部分が引用部です。 農薬散布における 成分回数と回数とが区別できていない例がしばしば見られます。 あるいは、知ってて確信犯なのか、わかりません。 殺虫剤と殺菌剤とを一緒に散布することが多く、 1回の散布作業で2成分入ることが多いため、 成分回数20回なら、作業としては10回ということになります。 ●インユーマーケット 国内最大級のオーガニックサイトと自称 ***************************************

【農業】みらい農場 羽生 農場案内

【農業】みらい農場 羽生 農場案内

はじめまして、薬糧note編集部 坂口です。 農場の様子をよりリアルにお伝えするために 動画撮影をしてきました。 農場の周りは住宅街で、幹線道路も近く のどかでありながら、生活に便利な環境でした。 第1弾は農場案内。 第2弾は従業員の方々のインタビューの予定です。 今回ご紹介させていただく農場案内では 案内役を従業員の田井さんにお願いしました。 内容は約4分半。 畑の作物が育っている様子や、 社員の方だけでなくパートの従業員の方々が働いている様子が紹介されています

23
韓国式農業JADAMが唱えるカルシウムやホウ素は海水で十分という話 後半

韓国式農業JADAMが唱えるカルシウムやホウ素は海水で十分という話 後半

海の近くの最大3キロメートルの地域には常に海水が 大気を通して24時間降り注いでいます。 そして、それは数千万人に及ぶ人にも落ちているという事であり畑にも常に降り注いでいるので農業で海水を使用することは歴史的に証明されているということです。 また海水を農業でしようする事に関するさまざまな論文を検索でき、それは病気を予防するのに非常に効果的だと証明されています。 海水を使用する多くの利点があります。 私が言いたいのは、海塩をミネラルとして使用することです。 農業に必要であり

3
ホタテの貝の粉で野菜についてる農薬を取ってみた

ホタテの貝の粉で野菜についてる農薬を取ってみた

重曹でも農薬が取れますが、前々から気になっていたホタテの貝の粉で農薬を取ってみました。 え?やばくないですか? 油膜が張っているのが分かりますかね? 黄色く濁ってもいます。 ぎゃーーーーーーーーーーーー(笑) ちなみに私のは肌感覚だと、トマト、大葉、きゅうり、ネギが油膜が張りやすかったです。こんなものを今まで食べていたのかと思うとぞっとしますね汗。 使用したホタテの貝の粉は貝殻焼成カルシウムでできています。 貝殻焼成カルシウム 貝殻焼成カルシウムとは、主に養殖さ

3
ホーリーバジル第一回目の収穫‼️援農に来ていただいた方々に感謝。

ホーリーバジル第一回目の収穫‼️援農に来ていただいた方々に感謝。

今日は朝から柳瀬 達起さんと波多野晶子さん、   神戸港ビールの岡田さんと本部さんがお手伝いに来てくださり、   ホーリーバジルの第一回目の収穫を実施しました‼️    炎天下の中での作業は非常に疲れましたが、    ホーリーバジルの清涼感のある甘い香りが暑さを軽減してくれたような気がします。    お手伝いは午前中で終わりで、   午後からは母と二人で遮光シートをかけたハウスに   ロープを張り、ホーリーバジルを乾燥させていき

1
韓国式農業JADAMが唱えるカルシウムやホウ素は海水で十分という話

韓国式農業JADAMが唱えるカルシウムやホウ素は海水で十分という話

今回は以前も紹介した韓国式の有機農業技術JADAMからミネラルについての考えを見ていきたいと思います。 こんにちは。JADAM代表のヨンサンチョウです。 多くの人々は農業を勉強する中で窒素、リン、カリウム、 カルシウム、硫黄、マグネシウム、ホウ素、コバルト、 マンガン、モリブデン、ゲルマニウムなどで混乱してしまいます。 これらの要素は農業に必要です。 これからこれらのバランスを取りながら農業を成功させることについて話します。 そして今日、私はこのビデオでカルシウムとホウ素

4
知的でクリエイティブな有機農業。

知的でクリエイティブな有機農業。

ご縁があってフォローさせていただいているCHEESE STANDさん。 2020年9月から毎週配信している「&なCraftsmanとProducts」の第8回目のゲストとして、茨城県土浦市で有機農業をしている「久松農園」の久松達央氏が登壇された。 そんな久松達央氏のご著書。 著者は、サラリーマンを辞めて有機農業を始めた有機農業の職人である。本書は、「農業経営のコツ」や「有機栽培のポイント」のような類の書籍ではない。著者の本書執筆の動機は、現実に農業の現場で起きていること

11