洲崎邦郎|能登半島に【みんなの畑】Farmar's Village NOTO

オーガニックな地物野菜を学校給食に! 私たちは能登半島で地球が喜ぶ農業の一大生産拠…

洲崎邦郎|能登半島に【みんなの畑】Farmar's Village NOTO

オーガニックな地物野菜を学校給食に! 私たちは能登半島で地球が喜ぶ農業の一大生産拠点を作ります。 2030年までに200ha規模で。 生産された野菜は子どもたちに食べてもらいたいと考え、学校給食への供給を目指します。

マガジン

最近の記事

noteで伝えたいこと

2023年12月、noteのことを知り、書いてみようと思い、 半年が経過しました。 伝えたいことは… 1.Farmar's Village 構想のこと 2.香土カグツチのこと などを基軸に、 私が農業に身を置いて得た知識、 人脈などをフル活用して、 農業と食のあしたを、 農業が持続可能な産業として子どもたちの食を守ることを、 伝えていきます。 2010年年明け、思うところがあり、 農業の世界に飛び込み、能登島に拠点を得て、田んぼ、畑、オリーブなどの栽培と能登の里山里

    • 【オリーブ定植】

      今回のクラファンでオーナーとしてご支援いただいた皆さまと 能登島にてオリーブ30本定植しました。 昨日は朝から雨模様で、難しいかなぁと思いながら、現地に11時前に到着。降っていた雨がパタリと止み、それ以降、定植も無事完了しました。 岡山、愛知、神奈川など、県外からもオーナーさまが駆けつけてくださり、賑やかなイベントとなりました。 さて、今朝6:30頃、ケータイの地震アラートが鳴り、その直後揺れが来ました。珠洲を始め、能登半島の皆さまは気が気ではない朝を迎えたことと思います

      • 近況報告します

        1/1能登半島大地震被災し、1/10~3月末まで毎週毎週、珠洲市正院町飯塚の避難所に、シェフとボランティアスタッフとともに夕食の炊き出しに出向いていました。当初は片道5時間、ガタガタな道を走り、夜中に金沢に戻ることも。20回に渡る炊き出しを終え、4月に入るころ、珠洲市正院の畑から金沢に戻ってもらった新米農家・松原和也と野々市市中林に農地を25アール借り受け、畑を始めました。 だいこん、かぶ、にんじん、じゃがいも、キャベツ、ブロッコリ、えんどう豆、ズッキーニ、ねぎ、かぼちゃ、白

        • 私たちにできること能登半島

          田んぼが広がる珠洲市正院町小路。 写真の左奥にある茶色っぽい建物が 1/10以来毎週炊き出しに出向いている スズズカ(旧飯塚保育所) 初めて出向いた時からいろいろ改善されていていますが、まだまだ、まだまだです。 私たちは常に外からここに出向きます。 そこにいる人たちはまだまだ不便な思いをしており、外から出向く私たちにはさしたることもできません。 昨日は私の盟友である東京の丸山孝明さんと一日同行し、彼のできる支援の想いを関係者に伝えて回りました。 ともに農業に身を置き、私

        マガジン

        • 香土カグツチ
          1本

        記事

          能登半島地震に際して私たちができること

          1/4、農家・松原和也と二人で珠洲に出向きました。朝8時に野々市の香土カグツチを出て、珠洲市正院町川尻の現場に着いたのは16:30過ぎ。どの道もガタガタで多くの車がノロノロ運転をしているためです。すぐに暗くなったので、わずか30分足らずで現場を確認し、近くの小学校に避難している皆さまにわずかばかりの支援品を届けて、帰路につきましたが、野々市に戻ったのは深夜0:30過ぎでした。 未曾有の災害に能登半島は見舞われています!断水、停電、通行止めなど。普段の生活では到底考えられない

          能登半島地震に際して私たちができること

          Farmer's Egg頑張る。

          9月に着任し、ひと月あまり、稲刈りを研修し、10月から珠洲市に移住。2ヶ所の圃場とハウスを行ったり来たりしながら、農作業と向き合っています。 松原和也 白山市出身 35歳 今回のプロジェクトに春すぎから参加し、新米農家として、研鑽を重ねています。センスはよく、丁寧な仕事ぶりは野菜たちにとっては喜ばしいことと思っています。 ユンボにも乗り、休耕田の開墾もこなし、今の正院町の圃場も彼が作りました。 本格的な冬を迎え、畑仕事も厳しくなりますが、かぶ・だいこん・にんじんなどの収

          私がこの先の人生を賭けて実現したい夢は、オーガニックな野菜や穀類の一大生産拠点を作り、そこで生産された農産物を子供たちに提供することです。

          #プロジェクト名は 能登半島に地球が喜ぶ農業の一大生産拠点を作る! 生産された野菜や穀類は学校給食に供給することを目指しています。 このプロジェクトの出発地点は 能登半島最北端の珠洲市正院町の耕作放棄地からです。 Farmar's Village NOTOという村を能登半島に拡大していきます。 2030年までに200ha規模で。 プロの農家さんと消費者が共に農作業をする「みんなの畑」として運営します。そのための村民を2023年夏、クラウドファンディングで募集し、10

          私がこの先の人生を賭けて実現したい夢は、オーガニックな野菜や穀類の一大生産拠点を作り、そこで生産された農産物を子供たちに提供することです。

          石川県野々市市中林にある小さな八百屋「香土カグツチ」のことを紹介します。

          2018年夏、金沢市内の中心商店街にオープンしました。 NPO法人アグリファイブのアンテナショップとして、石川県内の農家さんの野菜だけを販売する目的で作られました。 香土カグツチには石川県内の旬な野菜がいろいろと集まって来ます🍠🍅🫑🍆 珠洲市〜加賀市まで農家さんのネットワークは30以上😊 消費者と直接繋がりたい農家さんの野菜が中心です。 なんと言っても、農家さんから直接仕入れているので鮮度はバツグンです! 野菜の販売をするだけでなく、農家、農業、食のことを知る場でもありま

          石川県野々市市中林にある小さな八百屋「香土カグツチ」のことを紹介します。

          小さな八百屋の挑戦が始まりました!

          皆さん!初めまして!洲崎邦郎と申します。 農業へ 2010年年明け、兼六園に一番近いホテルを辞して、能登半島の真ん中あたり七尾市の能登島という島で農業をすることにしました。 田んぼ、畑が手に入り、親方もスタッフも見つかり、オリーブの畑も持つことができました。 2014年秋、東京で友人の主催する「太陽のマルシェ」に出店したのを機に、農家さんとのネットワークの必要性を痛感。農作物を売りたいのは自分だけではない。直接、消費者と繋がりたい農家はたくさんいて、各々自身のやり方で消

          私の構想

          皆さん、初めまして! 洲崎邦郎と申します。 私は農業法人と小さな八百屋を経営してます。そして、オリーブの栽培もやってます。 この度、noteのことを知り、恐る恐るですが、始めてみることにしました😊 私は残りの人生を賭けて、 一大プロジェクトを実施します‼️ それは… 【能登半島に地球が喜ぶ農業の一大生産拠点を作る!】 という構想です。 今年の春、仲間と共にスタートさせました。 その際に、Makuakeにて、クラウドファンディングをしました。 https://w