なんで好きなんだろう。

これを考えることは”自分”を整理する上でとても大切なことだと思う。
もちろん考えるのは「なぜ好きか」だけじゃない。
なんで嫌いなの?もあれば、なんでやってるんだろう、、もある。
でも”自分”を構成するのはとりわけ”好き”だ。

僕はお酒をやめろと言われれば辞めるだろう。
大好きなサイゼリヤのミラノ風ドリアも食べるなと言われれば食べない。
でもコーヒーだけはやめろと言われて快諾出来る自信がない。

もっとみる

ストーリーのあるものを取り入れると楽しい

#フツウを楽しむ #幸福大全 #人生を楽しむ #暮らしを楽しむ

お金や手間をかけずにフツウなことを楽しむ為のスキルを身につける、そんなブログです。

近くのスーパーに行くとゆずが可愛げに並んでいて、いつもは気にせずスルーするところが

お風呂に入れる用の袋を見た瞬間に思わず手に取ってしまいました。

ちょうど夜がお鍋だったので、ポン酢にゆずを絞って食べ、

残ったゆず(ほとんどわざと残した)

もっとみる

好き。ミニマムにシンプルに生きること。

みなさんには
自分が自分に還れる場所は
ありますか?

心から好きだと言える
コト。モノ。ヒトはいますか?

私自身は
海の近くにいる私こそが
私が私に還れる場所だと。

 

そして、
海こそが私が
何より大好きな存在。

そう思ってます。

あらゆる場所で、
海が好きだと言い過ぎて、
よく??
って思われることも多いですが、

私の人生は
海の存在なしには語れない笑

そんな

もっとみる

冬の贈り物。ほっと一息

大人になると同じ家に住んで居ながら家族みんな生活スタイルもバラバラなので、そろってお茶をするなんてことがなくなります。(いまだに夕食は家族そろって食べていますが)

お菓子を作ったときも、なんとなく皆そろっていただきます、という雰囲気にはならないので(みんな忙しそう)そんなときに私はテーブルの上に置いておく作戦をします。

テーブルの上に置いておく作戦
作ったお菓子と、お茶(手軽にスティックコーヒ
もっとみる

離婚という経験。

2年前の夏。
私は結婚生活に
ピリオドを打ちました。

心身ともに擦り切れ
今思い返せば、
よく生きてたなと、、、
思う程に、
ほんとに壮絶な月日でした、、、

しかし!!笑

そこから、
自由になり、
夢が生まれ、
やりたいことをやれる。
やりたいことを言える。
今が本当にしあわせ。

『人は何度だって 生まれ変われる』

何処かで聞いたこの言葉は
ほんとにそうだと思う。

大好きだ

もっとみる

なんでもない日。とっておきの過ごし方。

何でもない日もケーキ1つで特別な日に。

この間、特になんでもない日に1年間の自分へのご褒美を兼ねてケーキ屋さんに行きました。

ケーキというとお誕生やクリスマス等、何かお祝い事のときに食べる特別なもと思っているので、私はあまり普段はケーキを食べないのです。

あまり普段から食べてしまうと、それが日常になってしまい、ありがたみもうすれてしまうから。

お気に入りのケーキ屋さんでここぞというときに買
もっとみる

ナン焼いた

今日の昼ごはんはナンを焼いてみました。

最近ナン作りはまっています(と言っても作るのは1,2週に1回ぐらいですが(笑))

レシピはクックパッドから発酵時間がない(または短い)、ある材料あるできるか、作業が単純かどうかで選びます。

ちなみに今日はこちらのレシピで作りました。

作業は計量→こねる→伸ばす→焼くととてもシンプルです。

1枚はプレーンで、もう1枚はツナチーズ(裏返す前に置く)にし

もっとみる

身軽に生きるということ。

そろそろ
この部屋を手放すとき。
ついに引越し時期を決めました。

ここでの暮らしは
本当に素敵すぎた。

結婚時代に崩壊した
『暮らし』の基盤。
色んなことがトラウマとなり
私の心に焼き付いていたけど

この部屋に出逢えて、
好きなものに囲まれて

『シンプルに』
『ミニマムに』

ここで10ヵ月過ごして
ようやく
私が私らしくいられる暮らしを
取り戻せたのかもしれない。

もっとみる

テレビを持たない暮らし。

テレビを持たないと
窓から見える景色を
ただ心ゆくまで眺めたり

読みたい本を読んだり
聞きたい音楽を聴いたり

ただ自分の好きなように
時間を使えるようになった。

目や耳から入る情報を
自分自身で取捨選択することは

私にとって
心穏やかに、シンプルに生きる。
ヒュッゲな暮らしのひとつの方法。

#ミニマムな暮らし #ミニマムライフ #シンプルな暮らし #シンプルライフ
#

もっとみる

私がミニマリストである理由。

何が大切か。
何を大切にしたいのか。

それは、きっと
色んなことと一旦
離れることから生まれ、

足るを知る必要があり、
余白を感じる必要がある。

ココロは
モノやヒト、オカネでは
満たされないと私は思う。

モノやヒトやオカネから
解放されると、

時間や余白ができる。

そうすると、
自分自身のうちにある
本当に大切にしたい
ヒトやモノ、オカネの使い方を
見つけることができる。

もっとみる