こはる

せいかつに彩りを添えたくて書くことを始めてみました。 普段は、子どもと関わる仕事をしています。 可愛いもの、ねこ、ときめくもの、こと、おいしいもの、大好き。そんなことを何気なく語る場所です。

こはる

せいかつに彩りを添えたくて書くことを始めてみました。 普段は、子どもと関わる仕事をしています。 可愛いもの、ねこ、ときめくもの、こと、おいしいもの、大好き。そんなことを何気なく語る場所です。

    最近の記事

    500円のごほうびと、失敗の日

    ツイてない。 いや、ツイてないって言葉はあっているんだろうか? 今日も、朝来てミスをしていたことを知り、ズーンとなった。 その後も、ミス連発。 仕事できないパワーを発揮中。 帰り準備をしているとき、じわり、となんだか泣きそうになった。 その時、ふとこの本を思い出したんだ。 そうだな、わたしも疲れてるんだ、きっと。 だから、泣きそうになるんだ。 我ながら、こどもっぽいけど。 でも、なんかおいしいもの食べようと思った。 でも、結局頭の中では、 「ジャンクフードは太るし…

      • 自分に優しくしてあげる日

        本日、わたくし誕生日であります。 でも、正直最近クサクサしていた。 仕事は詰まっているし、ミスは多いし、初めての業務が12月から入って不安だし。 おめでとうメールも、年齢を重ねると共になくなった。 それが歳をとるってことだと、どこかで思っていた。 保育士時代も、行事に追われて誕生日どころじゃなかった。 もうそんな歳でもないし…とは思いつつ、疲れていて落ち込んで、誕生日に泣いたのはいい思い出だ。 いつものように、仕事に追われて終わる誕生日だと思っていたけれど、本日は夕方

        • 夜にできる、たのしいこと

          仕事のシフトが12月から変わる。 夜の時間も入るようになり、より責任を感じるようになってきた。 こういうときのわたしは、仕事しか目に入らなくなって、うまくストレス発散できなくて、体調をくずしたり、モヤモヤしがち。 そんなときにやろうと思ったのが 『たのしいことさがし』! 夜でもできること、あるはず! そんなわけでリストアップしていきたいと思います。 ざっとこんな感じ。 あ、でも次の日休みにかぎる笑 そう考えると、ちょっと特別な日になりそうな気がしてる。 でも、一

          • 父と娘の過ごす時間と、動物園

            久々の休日だ。 とは言っても、夕方から仕事なわけですが。 もうすぐ誕生日な私は、父が誕生日プレゼントを買ってくれるというので、買い物へと繰り出した。 この歳になっても、誕生日プレゼント、というのは少しはずかしいけれど。 もらえるものは、ありがたくもらう。(キッパリ) エプロンが、保育士仕様のエプロンしかないので、エプロンを買ってもらうことにした。これで料理を頑張れる…うん、頑張ります。 柄物を見ていたけれど、父が「これは?」と見せてくれたのは、無地のカーキ色。生地はデ

            こころの模様はレイニーブルー

            ここ最近、体調が良くない。 体の調子が良くない、なんて言い訳しているみたいであまり好きじゃなかった。本当は、弱音吐いたっていいのになかなか自分を許してあげられないのだ…! そんな性格もあって、体に疲れが溜まっているよう。 人よりも、激務ってわけではないけれど、連日仕事が続くと、疲れてしまう。 人間、生きていくには「仕事」が必要なわけで。 でも、そんな私は社会で生きていくには不向きな人間だと、自分で思っている。 まず、行動がゆっくり。考えるのもゆっくりだ。 あとは、感情

            朝の空と、朝の習慣

            前日、オンラインフィットネスに入会した。 それから、なんとなく運動が続いているのだ。 ただいま、一週間経過。 いろいろなストレッチ、ヨガ、ダンスエアロビクスが詰め込まれていて、楽しい。お天気みたいに気持ちが変わりやすい私には、合っていたみたい。 Youtubeでもできるしなぁ、って思っていたけれど、オンラインフィットネスの方が私にとっては効いてる気がする。(個人の感想です) 料金も、間違えて年間で入っちゃったけれど、キャンペーンでジムの1ヶ月分の月謝くらいだ。よし、使

            運動迷子はどこへいく?

            運動しなくては。 鏡を見て思った。 さすがに、この体のたるみを見るといつまでもこのままじゃダメなんだと思う。 そして、note巡りをしていると素敵な年配の女性に会ったことが書かれていて、その方は若い頃から運動していたとのこと。 うーーーーーーん、やっぱりダイエット、というよりは、体を動かす習慣が必要かもしれない。 前は、こう!と決めたら継続してできていた。 それこそ、ダイエットをする!と決めたら、自分で毎日の食事制限、1時間のウォーキング、踏み台昇降をやっていたのだ。

            失敗と、和三盆のケーキセット

            やってしまった。 昨日は、仕事が早上がりの日。 明日は夕方から仕事だし、久々のソロ活だー!とウキウキしながら、いつものカフェへ来た。 アイスティーとケーキを頼んで、「さぁ!本を読むぞ!」と意気込んでいたら、着信履歴が。 持病の病院が来週が通院日だと思っていたら、今日だったとのこと…。 や……ってしまった!! 基本的には、予約日を間違うことはあまりないし、病院も今回初めてなのだが、ちょっとショック。 思い込みやすい性格が災いとなった。 次から気をつけよう。 ちょっ

            華やかに生きたねこ

            10月末日、大切で宇宙一大好きな猫が 空へと旅立った。 名前は、『華』 華を語るには、一言じゃ語れない。 なんて言ったって、強くて寂しがりやの猫だったから。 華の人生の物語を思い出しては、わたしは胸がいっぱいになる。 少しずつ、語っていこうと思う。 始まりは、外にあった段ボールだ。 我が家は野良猫が居場所を求めてやってくる。 そうして居着いたのが、子猫4匹だった。 子猫たちが生活に慣れたころ、ボロボロで毛むくじゃらの猫が段ボールの中に入り、日向ぼっこをするようにな

            クリスマスを待てない子どものように

            クリスマス。 なんだか、今年は人一倍楽しみにしているわたしがいます。 ぜったいぜーーったい、楽しい日にしてやるぞ!っていう意気込みがすごい。 そこに愛猫のうちの1匹がいないのは、寂しいことなんですが。 街は、あっという間にハロウィンからクリスマスムードへと変わった。 机に飾るクリスマスツリー、買おうかどうしようか、何日も迷っている。 お店にはサンタの置物、木の実で作ったガーランドがおいてあるので、こころがウキウキしてくるんだ。 買い始めたらキリがないから、やっぱりツ

            かもめが見つめる、彩りの日常

            数日ぶりの日記。 愛猫を空へ見送ったばかりだったので、何も手につかなかった。 少しずつ、少しずつ、日常に戻ります。 ラジオをつけっぱなしにしてしまい、早く起きた朝。 少しずつ読み進めていた本を、先ほど読み終わった。 タイトルの「かもめニッキ」は、エッセイでchikaさん自身を表現しているのがかもめのキャラであること、ニッキは、フィンランドのニッキ(シナモン)と日記をかけている、とのこと。 改めて、北欧こじらせ日記から読んでみると、すごい人生だなぁ、と思う。 書いている

            暮らしのなかにあるもの

            最近、やめていた習慣がまた復活してきた。 一つは、手帳を書いていくこと。 もう一つは、本を読むこと。 少し復活してきたことが、散歩をすること。 手帳は、一時期シールを貼ったりかなりハマっていた。 一度、やめてしまうと復活するまでになかなかやる気が出なかったけれど、少しずつまた気持ちが戻りつつある。 100円均一でシールを買ったりするのが楽しい。 文具愛も復活しつつあるので、お財布との相談が大変です(笑) 雑誌で手帳特集を見たとき、文字を書くことは脳の刺激にいい、と書い

            「今の幸せ」のために私は努力をする

            子どものころから、「幸せ」は続かないものだと思っていた。 「幸せだなぁ」って思っても、後からそれは簡単に崩れてしまう。 そんな経験を繰り返したからか、自分は幸せにはなれないんだ、とどこかで諦めていたのかもしれない。 悪い方にばかり考えて、いろんなことから逃げていた。 そんなとき、前職の後輩から「(私が辞めることについて)寂しいし、いろいろ考えたけれど、先生が幸せならそれがいいなって思いました。」と言われて、正直衝撃を受けた。 「幸せ」 そんなことなんて、1ミリも考え

            ソロ活で、ちょっと特別な時間を過ごす日

            今日は、週イチソロ活デーだ。 なぜならば、私はWワークをしていて、次の仕事まで時間があるから! 前日から、少しワクワクしていた。 公園を散歩しようかな? 仕事に必要な道具も買いたい。 あ、ねこのベッドも! 夜はなに食べよう? 満腹より、ほどよく食べられるものがいいな。 などなど。 仕事ちゃんとしなさいよ、と言ってやりたい。 一つめの仕事が終わり、カフェが併設されている本屋にきた。 この前買った本の続きがほしくなって。 っていっても、まだ1作目を読み終わってないの

            「推し」というパワーアップの原石たち

            萌音ちゃんがかわいい。 これが「推し」というものでしょうか。 私は、あまり深く熱中することがない。 「深く、狭く」よりは、「浅く、広く」が適しているかもしれない。 わかりやすく言えば、「熱しやすく、冷めやすい」 そんな私でも、今心から好きだなぁ〜と思える「推し」がいる。 熱に浮かされるように、熱中しているわけではないけど、ゆるーく応援していくスタイルが私に合っているようだ。 そんな、私の「推し」の方たち。 上白石萌音ちゃん。 萌音ちゃん、なんて呼び方している、恥

            恋は、飴玉のように甘く

            恋愛マンガが好き。 キラッキラで甘い恋愛ドラマも好き。 それは、可愛いもの好きからきているのかもしれないけれど。 私の活力の一つだ。 恋愛マンガやドラマを見たあと、誰かと恋について語りたくなる。 でも実際に語ると、そんなに恋は語れず…笑 恋について、というよりは、その作品について語りたいのかもしれない、ということに気づいた。 恋について、語るとすれば。 私は、対して語ることができない。 学生のときから、女の子らしくしなきゃ、とか、優しい子でいなきゃ、とか、ダイエ