失われた時を求めて(その5)

Annual music festival on Sea
管絃祭 記憶の劇場 船神事のかたち   

元禄14年の管絃祭、御座船が地御前から長浜に還る途中、暴風雨のため、転覆の一歩手前まできた時、付近に停泊していた阿賀の鯛網船(岡野一族)と九州からの帰途、厳島に参詣しようとした江波村の古川屋伝蔵が千石船に積まれた小型の伝馬船を下ろして救援した。
最後に江田島の田頭一族が鳥居の下で提灯を灯して導き無

もっとみる

初の水上バイク出動

この日の町職員担当は高確率で事件と遭遇する職員なんですが、コロナの影響で海水浴場を開設していないことや八月の始めで学校も夏休みではないので、さすがに事件なんて起きやしないだろうと朝から笑って話してたのですが、9時前に1本の電話が鳴り、その職員が電話対応をしてました。

今年は殆ど町の仕事の事とか観光協会からしか電話がかかってこなかったのでその類だろうと思ってました。
でも、話す声のトーンが徐々に下

もっとみる

救護活動テクニック「T.C.B.P」

救護活動に使えるテクニック

「T.C.B.P」の紹介です!

T.C.B.P とは、傷病者、要救助者にたいする、状態観察の事です。

T.C.B.Pは私の実戦経験を元に考案した

応急手当の中のひとつの方法です。

T=Time

傷病者、要救助者が発生又は活動を開始した時間をメモする。

C=Consciousness

傷病者、要救助者の肩を叩きながら耳元付近で「もしもし分かりますか?」と意

もっとみる

ようこそ!初動救助研究所へ!!

訪問ありがとうございます👍

初動救助とは 。                                                       有事の際や日常生活で発生した                    

「傷病者」や「要救助者」を消防へ    

通報、引き継ぎするまでの間にその場で

初動的(初期的)な「救助活動」や「救護活動」

を行う行動です! 

↑誰にでもありえ

もっとみる

水難救助員について

水難救助員のメンバーは、色々な職種の人が集まり、結成されたボランティア団体です。

その中から会長・副会長・会計を決め、残りは救助員となります。
そして、町の職員が担当として1名付くような形になっています。
主な活動期間は、海の開設期間がメインとなっていますが基本は町から委託された日から一年となっています。

流れとしては、委託を受けるかどうかの返事をして、開設前の会議を行う。
開設期間初日に海開

もっとみる

『初の国産手術支援ロボット hinotori 』ともう一本。~日間で最も感謝された投稿~

本noteは、弊社のサービス『感謝×HUNTER』にて日間で最も感謝された投稿をご紹介するものです。そもそも『感謝×HUNTER』って何?という方はこちらのnoteをご確認ください。

まず、一般編(私生活向け情報)ですが、
『沼にはまった犬を救出』に関する投稿が最も感謝されました。(フリーカテゴリ)
沼にはまり何日も動けなかった犬を救出した動画が話題です。底なし沼にはまった経験がある方なら分かる

もっとみる
圧倒的感謝!
3

『光熱費ほぼゼロ』ともう一本。~日間で最も感謝された投稿~

本noteは、弊社のサービス『感謝×HUNTER』にて日間で最も感謝された投稿をご紹介するものです。そもそも『感謝×HUNTER』って何?という方はこちらのnoteをご確認ください。

まず、一般編(私生活向け情報)ですが、
『首を骨折した父親を救った9歳の少年』に関する投稿が最も感謝されました。(フリーカテゴリ)
岸から海に飛び込み、思ったより浅瀬だったために首を骨折して動けなくなった父親を9歳

もっとみる
圧倒的感謝!
3

SNSがない世界線だったら。

もしSNSがない世界線だったら、最近亡くなられた三浦春馬さんも、テラスハウスに出演していた方も現存していただろうか。

悲しい気持ちと共にそんなことを考えた。

SNSは時に人を陥れ、時に命を助ける

私はその実例を知っている。

2011年3月11日。もう記憶の中から薄れてきている大災害があった。

東日本大震災。

当時中学1年生だった私は後から知ったことだったが、津波で甚大な被害を受けた地域

もっとみる
ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
8
ありがとうございます。嬉しいです。
2

雪崩に遭遇した父と高級カメラは無事だったのか? 家族が語る遭難後の3日間

「お父さんが山から滑落したんだって。警察から電話がかかってきた」

2月のある日、姉から電話があった。父が長野のアルプスを登山中に、滑落したという連絡を受けたらしい。それ以外のことは何もわからないと言う。当時、私は妊娠5ヶ月。北海道で暮らしていたが、3日後には父と母のもとへ里帰りする予定だった。

一睡もすることができずに朝を迎え、旦那とともに千歳空港へ向かった。ところが、全国的な大雪のため、ほと

もっとみる
いっぱいいいことあるよ!
12