松本圭司@ジオグラフィカ開発者

アプリ作家、第1種情報処理技術者、ライター(単著×2、30日間マクドナルド生活シリーズ、DPZなど)、料理研究家、登山が好き。アプリはジオグラフィカ、国土マップR、DIY GPS、速攻乗換案内、ダメスピーチなどを開発し合計150万DL。3Dプリンターも楽しく使用中。

松本圭司@ジオグラフィカ開発者

アプリ作家、第1種情報処理技術者、ライター(単著×2、30日間マクドナルド生活シリーズ、DPZなど)、料理研究家、登山が好き。アプリはジオグラフィカ、国土マップR、DIY GPS、速攻乗換案内、ダメスピーチなどを開発し合計150万DL。3Dプリンターも楽しく使用中。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    [無料]3分で読める、初めて山に登る人が読むべき情報

    最近、都市近郊の低山を登る人が増えていて、同時に低山での山岳遭難も増えているそうです。なので、初めて登山する人が注意すべき装備や行動を最低限書きました。 ここに書いてあるようなことを怠った結果、山で亡くなる人が多くいます。すでに知られている情報を知らず、同じような理由で山で亡くなるのです。死ぬために山に登るわけでないのなら他人の失敗から学びましょう。 お願いですから、これくらいは読んでから山に入ってください。 対象読者初めて山に登る人、連れて行ってもらったことあっても自

    スキ
    364
      • ジオグラフィカクラウド:グループ機能のシーン別運用マニュアル

        このテキストは、ジオグラフィカクラウドの、特にグループ機能をどう使えばいいのか、シーン別に推奨設定や運用方法をまとめたものです。 登山をする家族の見守り 一緒に登る登山グループでの情報共有 サバイバルゲーム 狩猟 行方不明者の捜索 などのシーンを想定して運用法を書きました。 あくまで開発者が想定している使い方なので、実際には各自工夫して、自分たちに最適な運用方法を考えてください。 現在βテスト中ですジオグラフィカクラウドを搭載したVer 2.0のジオグラフィカ

        スキ
        2
        • ジオグラフィカクラウドβテスト参加手順

          ジオグラフィカのデータをクラウドに保存したり、ユーザー同士をグループで繋げてデータ共有する機能『ジオグラフィカクラウド』のテストに参加する方法を解説します。 2022/09/24現在、iOS 12.4以上とAndroid4.4以上でテストできます。 前準備:データのバックアップβ版をインストールする前に、一応ジオグラフィカのデータをバックアップしておいてください。バックアップファイルがあれば、万が一データが壊れたりジオグラフィカが起動しなくなっても、大事なデータを失うこと

          スキ
          5
          • [無料]私が使っているモバイルバッテリーの紹介とランキング、買うべき最強モバイルバッテリー決定戦

            モバイルバッテリーと言っても様々です。この記事では、私が使っているモバイルバッテリーについて、使い勝手や実際の容量について紹介し、重さや価格の観点から最強と思われるモバイルバッテリーを決定します。(と言っても、私が持ってるものの中で比べるので他の製品については分からないのですが…) まず私が持っているモバイルバッテリーを一通り紹介し、次に性能を検証して比較検討します。 cheero製品最近はAnkerに押され気味ですが、かつてはモバイルバッテリーと言えばcheeroでした

            スキ
            39

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 登山のいろいろ
            松本圭司@ジオグラフィカ開発者
          • StepAppSchool
            松本圭司@ジオグラフィカ開発者
          • プログラミングコラム
            松本圭司@ジオグラフィカ開発者

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            [無料]遭難したらじっとしてるのが正解?

            よく、山で遭難して助かった人について「動かなかったから生還できた」と言われる事があります。果たしてそれは本当なのか? そもそも、動いて助かった人は統計に出て来ないので…家族などが通報する前に自分で動いて助かった人は、遭難として報告されないので統計には出てきませんし、ニュースにもなりません。 自分が関わった山の事故も、骨折や捻挫などありましたが搬送が可能だった場合や自力で歩けた場合などは、セルフレスキューで片付けてしまっているので遭難になっていません。 私は過去に10分程

            スキ
            17

            [無料]山岳遭難記録リンク集

            自分でたまに読み返しやすいように、山岳遭難の記録をまとめました。追加して欲しい記録がありましたら、コメント欄で教えてください。 トムラウシ山遭難事故時期と期間 2009年7月16日から7月17日 2日間 http://www.jfmga.com/pdf/tomuraushiyamareport.pdf 御池岳遭難時期と期間 2012年7月16日から7月22日 7日間 両神山単独遭難時期と期間 2010年8月14日から8月28日 14日間 三重藤原岳道迷い遭難時期と期

            スキ
            17

            [無料]登山とモバイルバッテリー

            スマホにカメラ、スマートウォッチ、無線イヤホン、ココヘリ、GPS発信機など登山で電子機器を使う機会は多いでしょう。電源が無い山中でそういったものを充電するにはモバイルバッテリーが必須です。 今回は、そんなモバイルバッテリーについて基本的な知識をまとめます。 各種モバイルバッテリーと中身下の写真は、私が持っているモバイルバッテリーで、容量も大きさもメーカーもバラバラです。 どの製品も中にはリチウムイオン二次電池という、充電可能なリチウムイオン電池が入っています。 リチウ

            スキ
            20

            [無料]奥多摩の川苔山で各種通信機器をテストしてきた(第1回通信比較テスト)

            こんにちは、松本です。ジオグラフィカっていう登山用の地図アプリを開発しています。現在ジオグラフィカクラウドという機能を作っており、完成するとユーザー同士でお互いの位置がわかったりします。↓こんな具合 どれくらい通信できるのか気になったジオグラフィカクラウドを使うにはインターネットへの接続が必要です。スマホ同士が直接通信するわけではないし、テレパシーも使えません。必要なのは電波です。 僕は最近まで、登山中はスマホを機内モードにして使っていました。なので、実際に山のどこでネッ

            スキ
            7

            ジオグラフィカクラウドの使い方

            これは登山用GPSアプリ「ジオグラフィカ」の機能である「ジオグラフィカクラウド」の使い方を説明した説明書です。ジオグラフィカクラウドはVer 2.0.0以上で使用できます。それ以前のジオグラフィカでは使用できません。 2022年9月24日現在βテスト中です。早く使ってみたい方は下記リンク先の手順でβテストに参加してください。 ジオグラフィカクラウドは下記の機能を有しています。 ジオグラフィカクラウドで出来ること個人クラウド バックアップファイル、トラックログ、マーカー

            スキ
            11

            [無料]夏の低山を涼しく登るコツ

            夏山は暑い!特に夏の低山は暑い!当たり前ですが、暑いのです。すると当然心配なのは熱中症。熱中症になってしまうと歩けなくなってしまいますし、悪化すれば命の危険さえあります。熱中症については以前まとめたものがあります。 このテキストは、上記リンク先から涼しく登るためのノウハウだけ抜き出したものです。涼しく登れば熱中症の予防にもなります。 涼しく登る方法では、これから涼しく快適に登る方法について書いていきます。 冷凍プラティパスで背中を冷やす 私は登山初心者の頃から夏はこれ

            スキ
            31

            [無料]山で冷たいアイスを食う技術+素麺と肉

            暑い山に登ったら食べたくなるのがアイスクリーム。冷たくて甘いアイス、山頂で食べたいですよね。高尾山みたいに山頂のお店で売っている山ならお金で解決しますが、大抵の山ではアイスクリームなんて買えません。 そこで、家から山頂までアイスを溶かさず持っていく方法を編み出しました。ざっくり8時間程度は余裕で保冷できます。 結論:真空断熱フードコンテナを使いますアイスの保冷には真空断熱フードコンテナを使います。ドライアイスを使えば比較的簡単に低温を維持できますが、常にドライアイスが手に

            スキ
            32

            [無料]安全登山のための3大キーワード

            登山関係のテキストを書いていると毎回長くなってしまうので、今回は短めに。安全な登山を続けていくために、短く覚えやすいキーワードをご紹介します。 「まぁいいや」が出たら「本当に、まぁいいのか?」よく考える登山の準備中、登山口で忘れ物に気づいたとき、靴紐が緩くなってきたときなど、なにか気になることが起きた時に「まぁいいや」と呟いていませんか?「まぁいいや」は、少し気になるけどただちに問題にならない時に出てくる言葉です。 つまり、本当になんでもないわけではなく、ちょっとは気にな

            スキ
            26

            [無料]登山のリスク管理

            以下は、登山におけるリスク管理について簡単にまとめたものです。下記「ヤマケイ新書 遭難からあなたを守る12の思考」を参考にしていますので、更に詳しく知りたい方は本書を購入の上お読み下さい。 なお、この文章は「遭難からあなたを守る12の思考」を参考にしていますが、私の考えを多く反映していますので、必ずしも本書の内容と同じではありません。アカデミズムな雰囲気を極力薄くしました。本書はもっと「キッチリ」しています。 短めにまとめると…登山の前にリスクを想定し、想定したリスクに備

            スキ
            34

            [書評]バテない登山技術 著:野中径隆

            今回紹介するのはコチラ。登山ガイドの野中さんによる「バテない登山技術」です。 歩く技術の重要性登山の行程のほとんどで僕らは何をしているのかというと、歩いています。走っているという人もいるかも知れませんが、どちらにしても足を使って前に進んでいます。 それだけに「歩く」ことはとても重要なのですが特化した登山技術書はあまりありませんでした。その空白を埋めたのが野中さんの前著「Q&Aでわかる山の快適歩行術」です。 単に「小股でゆっくり歩く」と解説されがちな登山の歩き方について、

            スキ
            21

            [無料]東京から八ヶ岳に登山しに行くときの移動ノウハウ

            みんな大好き八ヶ岳。アクセスがよく営業小屋が多く、なだらかな地形で初心者でも歩きやすい北八ヶ岳から、急峻で登り応えがあり、アルパインクライミングも楽しめる南八ヶ岳まで幅広いジャンルの登山を楽しめる山域です。多くの登山者が年間を通して多く訪れます。 という事で、このテキストでは八ヶ岳へのアクセスに関するノウハウをまとめます。 特急あずさまずは特急あずさから。八ヶ岳の電車的玄関は茅野駅となります。 東京から茅野駅に行く場合、特急あずさを使うのが普通です。普通電車で行けないこ

            スキ
            27

            [無料]奥多摩、武蔵五日市方面に公共交通で登山しに行くときのノウハウ

            東京都近郊に住んでる登山好きは定期的に通うことになる奥多摩、武蔵五日市方面。自家用車でも行けますが、むしろ電車とバスを使ったほうが楽だったり、縦走しやすかったりするので公共交通を使う機会も多いでしょう。 そんな時、知ってるとちょっとスムーズに移動できるノウハウがあります。それをここに全部書いてしまいます。登山、特に登山の準備(前段階)は効率が大事です。山に登るだけでも大変なんですから、その前は体力や時間を効率よく使いましょう。 ホリデー快速のノウハウまずは休日に奥多摩に行

            スキ
            46