今後について②

6個目・上下別の雨具
雨降ってたら濡れてしまうのであったほうが良いです!
折りたたみ傘も良いとは思いますが風が強いと壊れてしまうので雨具をおすすめします!

https://a.r10.to/hIr3lJ

雨具も上下が繋がってるものではなく上下が別々になっている物がおすすめです😊
なぜ上下が別々なのが良いかと言うと風が強いと上下が繋がってるいる物だと足の方から横からの雨風で濡れてしまうので上下

もっとみる
説明上手くないですけどスキ押してくれてありがとうございます😊
1

今後について①

緊急事態宣言が全国的に解除され新型コロナウイルスもようやく落ち着いてきました!
ですがまだまだ油断はいけませんよね?

第二波がもしかしたら来るかもしれませんし、来ないかもしれません。
見えない敵(ウイルス)はいつ自分たちの身に降り注ぐかわかりません!

なので常に予防を心がけて毎日生活していきましょう!

と話は変わりましてウイルスもそうですが最近関東や北海道、東北地方等日本全国で地震が多いです

もっとみる
これからも更新するので是非見てください😊
4

多頭飼いの猫ちゃんを運ぶもの

突然ですが、5/11に地震が来るかも知れない。と言う噂知ってましたか?

私もなにげに思っていたのですが、9.11も3.11も11日に起きてるんですよね。

コレは偶然なのか、必然なのか、誰かの仕業なのか…

先日鑑定を受けた先生も5.11に気を付けてね。とおっしゃっていた。

まず私が一番にやらないとイケないコト。

この、5匹の子供達を移動させる手段を考えないと行けない。

地震だとしたら、家

もっとみる
うれしいです♪
1

いま災害が起きたらどうするか?~避難と感染症対策

こんにちは。弁護士の大城聡です。
災害からいのちと暮らしを守るために法律の専門家として少しでも役に立つことができればと思い、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN 事務局長)、一般社団法人復興応援団(理事)、東日本大震災復興支援財団(監事)、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD 監事)などの活動に携わっています。

いま災害が起きたら、避難所で新型コロナウイルスに感

もっとみる

新型コロナウイルス感染症が流行しているなかでの災害による避難について〜避難所へ行くことが避難ではありません〜

今日(5/18)深夜から明朝にかけて強い雨の予報です。新型コロナウイルスが流行しているなか、避難するかどうか悩みますね。
 2020年5月15日、日本災害情報学会(JASDIS)が「避難に関する提言 新型コロナウイルス感染リスクのある今、あらためて災害時の『避難』を考えましょう」を発表しましたので、要約した上で情報共有いたします。

提言PDFリンク先
http://www.jasdis.gr.j

もっとみる
スキありがとうございます😊嬉しいです!
1

新型コロナと台風1号

大型の台風1号が発生、フィリピンを直撃して大きな被害が発生しています。お見舞い申し上げます。この台風1号はフィリピン、台湾を通過して日本の南部、太平洋を通過して温帯低気圧に変わると予測されています。強風、大雨による洪水、土砂災害の発生リスクが高まります。
 新型コロナウイルス感染拡大中のいま、災害避難はどうあるべきか、避難所のコロナ感染対策のあり方が問われています。自治体も避難所対策に急いでいて現

もっとみる

大島噴火のときに送った意見

昔話ですみません。

当時、噴火のあった大島で住民の方たちが体育館に避難していて1ヶ月くらいだったか、

「住民の皆さんが疲労困ばいしています。」

という報道がされていました。

図書館だったかな?

区役所への意見用のハガキがおいてあるのを見つけすぐに意見を送りました。

「避難させてくれる都内の家庭を募集したらどうですか?」

それからしばらくして石原知事が都内への避難を決定していました。

もっとみる

リヒロの本棚14

「関東大震災」吉村 昭著(文春文庫)
関東大震災を綴った作品です。これを東日本大震災の月命日にご紹介するのには理由があります。大地震が起こる時に東日本大震災にも共通することが関東大震災でも起こっていて、たびたび繰り返されています。特に良くない事は繰り返さないように、記憶にとどめておきたいものです。

そして、それは大地震からの時間の経過とともに変わっていきます。タイムラインとも呼ばれていて、大地震

もっとみる
ありがとうございます!
2

リヒロの本棚13

「三陸海岸大津波」吉村昭著(文春文庫)
明日5月11日が東日本大震災の月命日にあたるため、この本をご紹介します。2011年3月11日に東日本大震災が起こった当時は千年に一度の大津波と表現されていました。しかし、この本を読むと、概ね30年周期で大津波が東北の沿岸に襲来しています。明治29年(1896年)6月15日の明治三陸地震、昭和3年(1933年)3月3日の昭和三陸地震、昭和35年(1960年)5

もっとみる
おそれいります。
3

避難用バッグに追加したもの

昨日は緊急地震速報の音が鳴り、本当にびっくりしました。

新型コロナウイルスで大変な時でも災害は待ってくれません。特に日本は地震や台風、これから梅雨や夏になると豪雨なども心配になってきます。

体育館など公共施設に避難するとなると密集した状態となるので、感染拡大の可能性が出てきてしまいます。災害が起こる前に少しでもコロナが収束に向かうように国もしっかりと対応して欲しいです。

とは言え何もしないで

もっとみる
ありがとうございます( *´艸`)
8