2020.8.9 安全な国土を子孫に残そう⑦

子孫に安全な国土を残す

問題は、どこにそんなお金があるのかという点です。

実は国内の銀行の「預金残高」から「貸出残高」を差し引いた預金超過額は、2010年11月時点で151兆円に達しています。(いろいろ引っぱり出してみましたが、2010年以降の最新データが見つけられませんでした)

つまり、国内の銀行は151兆円ものお金が余っていて、貸し付け先が見つからない状態です。

その余っているお金を政

もっとみる
駄文をお読み頂きありがとうございます!

2020.8.7 安全な国土を子孫に残そう⑤

「天変地異という有事」に対しても「平和ボケ」

一昨日に掲載した②、③と昨日の④で紹介した3つの事例を日本全国で実践すれば、今後予想される大地震や津波の被害者数を1桁も2桁も下げるということも夢ではありません。

3つの事例で共通していることは、過去の津波で大きな被害を受けた後、次の津波では被害を減らそう、もしくは無くそうと知恵を絞っていることです。

しかも、その対策として低地に家や原発を作らな

もっとみる
ありがとうございます!次の記事ネタを探してきます♬
1

2020.8.6 安全な国土を子孫に残そう④

3000人近い小中学生が難を逃れた「釜石の奇跡」

立地や防潮堤などハード面ではなく、防災教育というソフト面で大勢の人命を守った事例もあります。

岩手県釜石市の3000人近い小中学生のほとんど全員が、津波の難を逃れた「釜石の奇跡」と呼ばれている事例です。

明治三陸大津波では当時、約6500人だった釜石町の人口のうち、実に約4000人もの命が失われました。

それでも現代の地元は無防備で、地震が

もっとみる
スキありがとうございます!
1

2020.8.5 安全な国土を子孫に残そう③

「2度あることは3度あってはいかん」

人工的な防災措置で、津波から無事だった村もあります。

岩手県・三陸海岸北部の普代村、人口約3000人の漁村には高さ15.5メートルの防潮堤と水門が作られていました。

普代村魚協の太田則彦氏は当時を振り返り、
“高台から見ていましたが、津波がものすごい勢いで港に押し寄せ、漁村や加工工場を一気に呑み込みました。
バリバリという激しい音がして、防潮堤に激突。

もっとみる
ありがとうございます!次の記事ネタを探してきます♬
2

2020.8.5 安全な国土を子孫に残そう②

「此処(ここ)より下に家を建てるな」

京都大学の藤井聡教授が提案した『列島強靱化論 日本復活5カ年計画』では、来たるべき大震災から日本列島を「強靱化」するための8策を提案していますが、そのいくつかは東日本大震災で住民を守った事例に基づいています。

今回は、これらの成功事例を見ていきたいと思います。

岩手県宮古市の重茂半島東端の姉吉地域では、太平洋に張り出して津波をまともに受ける地形にも関わら

もっとみる
ありがとうございます!次の記事ネタを探してきます♬
1

岩手県沿岸縦断300キロを終えて考えたこと(前編)~リスク受容と人間~

県知事選で歩いて以来、9年ぶりの岩手沿岸縦断が終わった。岩手県沿岸北部の青森県境(洋野町)から岩手県沿岸南部の宮城県境(陸前高田市)まで、国道45号線を中心に、所々リアスの海沿いに点在する漁村に寄り道しながら、連日、野外放送で注意喚起される熊の出没情報に慄きながら、10日間かけて合計302㎞を46万歩で歩き切った。最後の4日間は、足が腫れあがり、痛み止めを飲みながら足を引きずって歩いた。

 何の

もっとみる

【"ほぼ"毎日写経_03】家族~どこか、で、つながっている感じ。ドコモ~

関東もやっと梅雨明けしました。
梅雨空は去っても、例年とちがいコロナの影響で夏の到来を感じずらい。

今の状況を「写経するには絶好の機会!!」、とポジティブに考えるようにしよう。
自分に再度スイッチを入れる。

本日はNTTdocomoの『家族』を写経します。

ママの明るさが、明日を連れてきた。

雪原にとり残された大きな岩。この場所に、安倍さんの経営する会社はあった。家も向かい側に建っていた。

もっとみる
驚きました。本当にうれしいです!「フォロー」もぜひ!
2

3.11東日本大震災における、あまり知られていない事実。

3.11 東日本大震災においての事実です。
とある地域の人々【600名の命】を津波から救ったのが、たった1人の"ある言葉"だったという話。

その地域では普段から防災訓練が盛んでした、そして地震発生時においてもハザードマップに従い、決められていた避難場所へと移動しました。
避難した人たちは小中学校の先生、生徒、近くの高齢者、保育園の先生や0歳児含め総勢600名。普段の訓練通り指定された避難場所につ

もっとみる
フォローも宜しくお願いします^_^!
6

愛知県田原市中山町が出身地で、高校卒業まで住んだ実家はやはり津波浸水予想地域でした。次男ですが渥美半島の先端付近で、勤め先は跡取りで奪い合いが予想された。勉強して一度都会に出る選択をしたが、今は豊橋市の高台の住宅街に住んでいる。

カップ麺待ってたら死ぬ話し

人類は麺類、日本人は大好きラーメン!食べてますか? どうもTORIです

ユーチューブで地震来た時のシュミレーション動画みてたんですよ

南海トラフとか、首都直下型地震とかのやつ

マグニチュード9、震度7以上の大地震が来た場合
その後津波が到着するのは2分後らしいです。

わー!ゆれたー!!すごい揺れてるヤバイー!!!!
みんな大丈夫ー!!? 

とかツイートしてる間にあなたは津波に飲まれてお星

もっとみる
見てくださってありがとう^^