超弩級モバイルバッテリ

皆様、おはようございます。

実は、前々から気になっていたモバイルバッテリがあったんですよ。

これです。↓

もう見た目からして戦車みたいですよね・・・30000mAhって桁間違えているんじゃないかって思ってしまいますよねw(゜o゜)w私が大学の時に買ったやつとか図体だけでかくて1/5くらいしか容量がなかったですよ・・・値段も倍くらいしたしorz

で、実物がこれ。↓

厳つい装甲に覆われていて

もっとみる
ありがとうございます!(^^)
17

災害が起きた時あなたは何をやっている?

武蔵野美術大学 大学院造形構想研究科 クリエイティブリーダシップコース クリエイティブリーダシップ特論 第9回 佐伯 潤さん, 2020年7月13日 by コク カイ

本日は国士舘大学 防災・救急救助総合研究所の佐伯先生の講義を拝聴した。

防災訓練と言えば、多くの人は多分学生の頃によく受けていたが、大人になってからあんまりない受けていないという印象が強いだろう。しかし実は日常からきちんと防災訓

もっとみる

逃げる:8. 旅先・外出先で避難する

写真は別府から由布院へ向かうバスの中から撮影した風景(撮影2020年1月)。由布岳が火山であることがわかる岩がところどころ見えていますね。

こんばんは、あじさいです。国内外を旅するのが大好きです。
今年は当分お預けです......近場で魅力発見します。

「逃げる」シリーズの最後は、「旅先・外出先で避難する」をテーマにお伝えします。

自宅では備蓄しているし、お仕事をされている方は職場でもある程

もっとみる
「スキ」うれしいです!
2

「50年に一度の記録的な大雨」

こんばんは、nooooon(@nooooon_met)です。

今日は夜になってから、こんな情報が発表されてました。

大雨と落雷及び突風に関する山口県気象情報 第4号
令和2年7月13日18時55分 下関地方気象台発表

(見出し)
萩市見島では、50年に一度の記録的な大雨となっています。
(本文)
なし

(※1)

この気象情報が発表される直前の『大雨警報(土砂災害)の危険度分布』を見てみる

もっとみる
ありがとうございます!

本当に必要な防災訓練ー自分の安全を最優先に

武蔵野美術大学大学院 クリエイティブリーダーシップコース クリエイティブリーダシップ特論Ⅱ 第9回目 2020/07/12 

国士舘大学 防災・救急救助総合研究所 嘱託研究員/教官のデイビッド・佐伯潤先生にお話を伺う。

佐伯先生は防災・人命救助の教官らしく屈強な見た目ながら、デザイナーのご経験と知的財産にかかる法学の教員としてもご活躍されマルチな能力をお持ちのスマートな方で、講義内容は迫力があ

もっとみる

『除菌・防災事業』について

小田玄紀です

 先日より様々なところでリミックスポイントの新規事業で『除菌・防災事業』に取り組むということを発表してきました。

 こちらについて、現状の取組について発表できる体制が整ったため、本日当社ホームぺージにて該当ページを掲載させて頂きました。

主な特徴としては・・・

 除菌・防災といったテーマだけでなく、従来リミックスポイントの方で力を入れてきた省エネ化を含めてトータルに除菌・防災

もっとみる

人吉・球磨村・芦北 2020.07.10 & 12

先週の金曜日と日曜日に、バッテリー支援の緊急要請もあり、7/10は球磨村と人吉市へ。12日は、芦北町・球磨村・人吉市へ行ってきました。

2020.07.10 球磨村

7/5に訪れて以来の5日ぶりの球磨村でした。5日の時点ではどうしようもない状況だったため、ポータブル蓄電システムを届けることができず、球磨村役場の知り合いと9日にようやく連絡がつき、急遽ポータブル蓄電システムを持っていくことに。

もっとみる
ありがとうございます!
1

インタビュー【災害経験者が語る、避難所で困ったこと・今出来ること】

日々、防災や備蓄についての発信をしている私たちですが、
実際に避難所生活を余儀なくされた…といった経験は、幸いなことにまだありません。
ですが、災害大国の日本において、今後そのような事態に直面する可能性は十分にあると思っています。
これを読んで下さっている方々も同じく、「いつ来るのか」という不安を感じているかもしれませんね。(すでに大変な災害を経験をされていたり、身近なところで起きたという方もいる

もっとみる
よければフォローもお待ちしています!
5

近年多発する豪雨、航空機観察でメカニズム解明と予測の可能性は

(2002年7月11日東京新聞に掲載)

 今回、熊本県などを襲ったように、近年、毎年のように大きな水害をもたらす豪雨。なぜ、従来の治水対策を無効にする想定以上の雨が降るのかまだ謎は多いが、ある程度共通するのは、積乱雲が連なって形成される「線状降水帯」が発生していること。世界でもまれな線状降水帯の航空機観察を目指す名古屋大の坪木和久教授(57)=気象学=に、そのメカニズム、予測の可能性などを聞いた

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!

アーク・リアクターのようなもの

5歳の息子がいる。
ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたけど、今ではいっぱしの大人のような生意気な言葉使いをしている。

最近彼は夜寝る時、隣にいる私に色々な質問を投げかけてくるようになった。
「僕が大人になったらパパみたいにおヒゲ生えてくるの?」「僕も結婚するの?結婚したら赤ちゃん生まれるの?」
答えたってすぐ忘れてしまうかもしれないけど、彼の未来に関する質問には出来るだけ丁寧に答えたい。頭の中

もっとみる