故宮

2019/09/23 (回想録 Vol.15: 台湾[6])

故宮博物院、頭のおかしい彫刻と名品たち。

玉でできた白菜とお肉は有名だが、それは色がいい感じだから有名になっているだけで、すごいのは二つだけじゃない。ゴーヤを始め、リアリティを追求した彫刻たちがたくさん。

玉だけではない。これは香木に山水画の如き人々を彫りこんだもの。議論をしている人たちがいたり、書きものをしている人がいたりする。

一見、見た目が派手な壺や器だが……。これは内部が何層にも彫ら

もっとみる
励みになります!
1

コルホーズ中国行 五日目

遂に長かった中国旅行も最終日、五日間という短い時間ながら観光などしまくったので十日間もいたような気がします。

朝、8時ごろに起床して、王府井のホテルを出発、徒歩にて天安門に向かいます。

早朝の北京市街、天安門近辺は社会主義的建築が多くてきもちがいい。

荷物は重いが心は晴れやか

なぜなら

今日はあの偉大な毛主席にお会いできるんだから!

南池子大街の門

此処は紫禁城近辺なので清朝の遺構が

もっとみる

インスタントカメラ・台湾

撮ってから時間が経っていますが、お気に入りなので載せます。

横になってますが、画面を倒して見てください。孔子廟です。

全部色合いが似ているのですが、編集なしなので。故宮。

いつ見ても良い。

#インスタントカメラ
#台湾
#旅行
#孔子廟
#故宮
#台北
#女子旅
#カメラ女子
#写真
#写ルンです

もっとみる
你當然喜歡啦!

嘉義・故宮博物院南院

中華人民共和国の首都、北京市の中心からやや南に位置する、黄色い屋根の巨大な木造建築群。

明並びに清王朝の宮殿であった紫禁城は、古の宮殿という意味で「故宮」とも呼ばれています。

現在は博物館として中に入ることができるこの建物ですが、内部を観光していると、ふと思うことがあります。

王宮というだけあってかつてこの建物の中には宝物が溢れかえっていたのだろうけれど、今それらの宝物は一体どこに保管してあ

もっとみる

週刊中国ニュースクリップ(2018/12/9-15)

[石油]三大国有石油公司のパイプライン業務を一本化 エネルギー産業リンク改革開始
[テンセント]米国上場目前、テンセント音楽事業責任者を前身企業元株主が詐欺で提訴
[経済]大リストラブーム到来 90年代とは違う経済事情が生む不安
[台湾]江丙坤・元台湾海基会董事長死去 陳水扁政権後の中台関係回復に尽力
[ビジネス]旅行ブームのさなか、中国最大の旅行予約サイト「Ctrip」が伸び悩み 海外大手参入で

もっとみる
ひゃっほーい!
3

20171110社説から見る現代日本

おはようございます。

日経以外の四紙が米中首脳会談を取り上げています。

その中で本日のあえてのオススメは読売の「米中首脳会談 「北」への危機感にズレがある」です。

日米、米韓、米中と続いた二国間首脳会談ですが、メインは北朝鮮問題と二国間通商問題でした。

以下、読売社説からの引用です。

「習近平国家主席は、北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向けた圧力強化が喫緊の課題であることを認識すべきだ。

もっとみる