+6

YouKeyプロジェクト1期生メンバーインタビューvol.6_心さん

YouKeyプロジェクト(通称:ユキプロ)に参加する中高生の生の声をお届けする本企画。インタビュアーは中学一年生の関瑞季。今回は、新潟県立十日町高等学校2年の滝沢心さんのお話を聞きました。 YouKeyプロジェクト(通称:ユキプロ)に参加する中高生の生の声をお届けする本企画。インタビュアーは中学一年生の関瑞季。今回は、新潟県立十日町高等学校2年の滝沢心さんのお話を聞きました。 Episode 1. YouKeyプロジェクトへの参加ー参加しようと思った理由は? 母に勧められ

+6

YouKeyプロジェクト1期生メンバーインタビューvol.5_瑞菜さん

YouKeyプロジェクト(通称:ユキプロ)に参加する中高生の生の声をお届けする本企画。インタビュアーは中学一年生の関瑞季。今回は,新潟県立六日町高等学校2年の青木 瑞菜さんにお話を聞きました。 Episode 1. YouKeyプロジェクトへの参加ー参加しようと思った理由は? もともと,国際系の大学進学を考えていました。母が紹介してくれたことでYou Keyプロジェクトの存在を知り,チラシの「国際交流」という表記に興味を持ちました。当初は部活などで忙しいし,やらないでおこう

スキ
1
+7

YouKeyプロジェクト1期生メンバーインタビューvol.4_浬聡さん

You Keyプロジェクト(通称:ユキプロ)に参加する中高生の生の声をお届けする本企画。インタビュアーは中学一年生の関瑞季。今回は、新潟県立塩沢商工高等学校1年の内田 浬聡さんのお話を聞きました。 Episode 1. YouKeyプロジェクトへの参加ー参加しようと思った理由は? 夏休み前に学校の授業に佑太朗さんと絵里香さんが来てくれて,YouKeyプロジェクトを紹介してくれて,興味を持ちました。自分自身を変えるきっかけ・将来を真面目に考えるきっかけが欲しかったので,その時

#6@つぶやき 読んでくださる皆様に感謝の250。少しずつ、コツコツと表現をしてきて良かったなぁと心から思いました。一方で、一つの投稿で250以上のスキを集める方もいます。スキが目的ではないけれど、言葉を創る力、読んでもらう工夫。探究は続きます。250が考えさせてくれました。

スキ
2

ヘルプマーク

 この文章は、生徒たち(高校)に向けて、10/25に配信したものを加筆訂正したものです。  みなさんは「ヘルプマーク」って知っていますか?  このマークは、見た目では分からなくても支援や配慮を必要としている人がカバンなどに付けているものです。また、妊娠している女性が付けているものにマタニティマークがあります。これらのマークを付けている人への嫌がらせや暴言などがあって、実際に付けている人は2人に1人の割合なのだそうです。  もし電車で座っている時このマークを付けている人を見か

スキ
9

YouKeyプロジェクト1期生メンバーインタビューvol.3_依莉さん

YouKeyプロジェクト(通称:ユキプロ)に参加する中高生の生の声をお届けする本企画。インタビュアーは中学1年生の関瑞季です。今回は新潟県立小出高等学校3年の野澤 依莉さんにお話を聞きました。 Episode 1. YouKeyプロジェクトへ参加ー参加しようと思った理由は? 初めは、お父さんの知り合いから紹介してもらって、親だけが乗り気でした。 けど、中高生で南魚沼を盛り上げようとか聞いていくうちに面白いなと思いました。部活にも入っていないし、コロナ渦で後輩や中高生と関わり

スキ
1
+3

【独自調査】コロナ禍の冬休みの親子体験の予定は? ——— 51%の家庭が〇〇する予定がないと回答

こんにちは! あしたの寺子屋の嶋本です! 株式会社あしたの寺子屋は、「世界を広げる一歩目を、どこからでも。」を実現するための仕組みづくりを行っています。 そんな僕らは、常に思うのです。 いま、僕らは、子どもたちの「世界を広げる一歩目」をつくる応援できているのだろうか?って。 そういう疑問に、感覚とエモさだけではなく、僕らは理論とデータでも答えられるようになっていきたい。そういう想いから、月に1度、公開データや独自アンケートから、独自の調査レポートを作成していくことにしま

スキ
2

コーチングを通して探究論文のテーマについて対話する

2022年度から「総合的な探究の時間」が新しく高等学校学習指導要領に組み込まれます。 皆さんは「探究」についてどのようなイメージがあるでしょうか? 研究者しかできない?授業から出たら役に立たない?そんなに深めたいものがない? 私は「探究」という行為、つまりは「自分が気になることをとことん突き詰める」というのはとても人間らしい行為だと思っています。 生まれたての赤ちゃんは自分の好奇心のままに探究していますよね? でも成長するにつれて常識やその日やるべきことによって、好奇心のま

スキ
2
+3

とんがった学生の成長を支援するDeruQuiの中川郁夫さんをお迎えした探究チャンネルVOL.9、配信しました

 教育ジャーナリスト中曽根陽子が、さまざまな立場で教育に関わっているオピニオンリーダーにインタビューする探究チャンネル。やりたいことを見つけて、自分らしく生きていくための探究力の育て方について、これからの教育や子育てについて、ゲストをお迎えしていろいろ伺います。  今回は、とんがった学生(出る杭)の発掘と成長支援、縁作りを行うDeruQui発起人の中川郁夫さんをゲストにお迎えした2021年11月27日のVOL.9を、スタッフまりこがリポートします。 多様なお顔を持つ中川さ

スキ
1

実験中に失敗をした男の子が起こした奇跡の大逆転エピソード!!教員生活でも間違いなくベスト3に入る感動した出来事!必見です!

あなたの考える、「失敗」って何でしょう? 今日は理科の実験中に失敗をしてしまった子がどうやってそこから、「学びにつなげ大逆転」を起こしたのかをお伝えします!このエピソードは正直、教員生活の中でもベスト3に入るくらい感動した出来事でした!  6年生の男の子が、水溶液の単元で誤って私にクエン酸をぶちまけたところから話は始まります! 先生ありがとうございましたの「た」と同じくらいのタイミングで私の黒ズボンの左足部分全てが真っ白になるくらいザーッと見事にかかりました! 「先生ごめん

スキ
9