安斎勇樹

ミミクリデザインCEO/DONGURI CCO/東京大学大学院情報学環特任助教/創造性の土壌を耕すワークショップデザイン・ファシリテーション論/新刊『問いのデザイン』/著書『協創の場のデザイン』『ワークショップデザイン論』 http://mimicrydesign.co.jp/
固定された記事

新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』発売!

2015年に出版企画が立ち上がってから苦節5年、大変長らくお待たせしてしまいましたが、ようやく書籍『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』(安斎勇樹・塩瀬隆…

組織学習の原動力としての企業理念:ミミクリデザインのクレド<葛藤>に込めた想い

組織をマネジメントする上で、自社のアイデンティティを体現した「経営理念」をデザインすることは必要不可欠です。 ミミクリデザインのコーポレートスローガン「創造性の…

  • 問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション

    安斎 勇樹
  • ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ

    山内 祐平,森 玲奈,安斎 勇樹
  • 芸術教養シリーズ21 協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる 私たちのデザイン5

    安斎 勇樹

"問いは、「良い答え」を導くためのものである"...は本当か?

なぜ問いを立てるのか。問いのデザインはなぜ重要なのか。問いをデザインすることの意義については、さまざまな意見があるように思います。 たとえば、問うことは人間の本…

ファシリテーションにおける「誘導」と「提案」の違い

ワークショップデザインやファシリテーションの講座をしていると、初心者の方によくいただく相談に「ここまでプログラムを作り込むと、誘導になってしまうのではないか」「…

公開シンポジウムの登壇予定(2-3月)

2〜3月は4つの公開シンポジウムで登壇します。 [2月14日] SOCIAL WORKERS TALK #1  櫻本真理さん(株式会社cotree 代表取締役)、村木厚子さん(津田塾大学客員教授/元…

2019年のnote記事、アクセス数BEST3

2019年はnoteのアカウントを4月に開設し、ワークショップデザイン・ファシリテーション、イノベーション論、組織開発、問いのデザイン、遊びのデザインなどに関する記事を…