安斎勇樹

株式会社MIMIGURI代表取締役Co-CEO/CULTIBASE編集長/東京大学大学院情報学環特任助教/人と組織の創造性を高める方法論について研究しています/新刊『問いのデザイン』3万部突破 https://cultibase.jp/
    • ワークショップデザイン・ファシリテーション論
      ワークショップデザイン・ファシリテーション論
      • 70本

      ワークショップデザインやファシリテーションに関する知見や論考をまとめていきます。

    • 書評・読書メモ
      書評・読書メモ
      • 20本

      安斎が読んだ書籍や文献の感想、メモ、レビューに基づくエッセイなどを書き残していきます。

    • 問いのデザイン論
      問いのデザイン論
      • 35本

      「問いのデザイン」に関する研究メモ、エッセイなどをまとめていきます。

    • Essay(Yuki Anzai)
      Essay(Yuki Anzai)
      • 105本

      ミミクリデザイン代表・安斎勇樹のエッセーをまとめています。

    • 遊びのデザイン論
      遊びのデザイン論
      • 5本

      「遊びのデザイン」に関する研究メモ、エッセイなどをまとめていきます。

  • 問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション

    安斎 勇樹
固定された記事

新刊『リサーチ・ドリブン・イノベーション』予約開始! アイデアの可能性を拡げる探究型の問いのデザインとは?

昨年から書き進めてきた新刊『リサーチ・ドリブン・イノベーション:「問い」を起点にアイデアを探究する』(安斎勇樹 小田裕和 著, 翔泳社)が4月20日に発売されることに…

探究の戦略(Strategy)と戦術(Tactics)

ここ最近はもっぱら"探究"というキーワードについて思索を巡らせています。 教育の領域では「探究型学習」「探究的な学び」などが普及して一般的なワードになりましたが、…

定期的に仕事の「信念」をコトバにする中期的リフレクションのすすめ

仕事に上達するため、納得度の高いキャリアを築くために「リフレクション(内省)」が重要であることは、いまさらデューイやコルブを引用するまでもなく、様々なところで指…

自分の服装に、自分で点数をつけられるか?

先日、CULTIBASE Lab「問いのデザインゼミ」にコルクの佐渡島庸平さんにゲストにお越しいただき、「個の創造性を解き放つ問いのデザイン」というテーマで対談させていただ…

チームの多様性を殺す方法

安斎が編集長を務めるウェブメディア「CULTIBASE」にて、注目の新連載『クリエイティブ組織の要諦』が始まりました。デザイナーやエンジニアなど、クリエイティブ職種の組…

書籍『問いのデザイン』を書くときに工夫した3つのことと、発売後に感じた反省点、今後の展望

新年あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2020年は書籍『問いのデザイン』を6月に出版し、半年間で3万部を突破し、大きな反響をいた…