地域文化

はじまりノ節(芒種)

芒種暦の二十四節気*のうちの「芒種(ぼうしゅ)」は、毎年6月6日頃。次の節気「夏至」までの間を指します。 今年は6月5日。 芒種は、稲や麦など「芒」を持つ植物の種をまく頃。芒は、は、のぎと読みます。禾とも。米や麦などイネ科の植物の穂先から生える毛のような突起物。尖って種を包み守っていま…

文化的な「地獄」の歴史は価値になるのか?(前編)

最近は息子の成長速度に驚かされる新米お父さんとしての日々を過ごしています。昨日まで手が届かなかったものや登れなかったものに、手が届くようになってたり登れるようになってたり、1日でこんなにも進化するんだと、キャッチアップするのに精一杯です。 さて2021年は、そんな息子が1歳、僕は36歳、…

寝る前のメモ。

近所に横穴式石室が複数あると聞き、それだけでなんだか嬉しくなった。その頃から人の営みがある場所だったのかと、昔の生活に思考を巡らせたくなる。そのほかにも、近所では円山応挙や石田梅岩が生まれていたり、明智の戻り岩があったりと、層の積み重なりも確かに感じている。 ただ、そういった歴史…

構想は少人数で、事業のアップデートは、多くの人の手で

先日「まちづくり」を地域文化として残すためには、 「みんなでやりましょう、は続かない」と書いたら、 さっそく何通かの感想メールをいただいた。 私の言葉足らずもあり、誤解を招いたかもしれないが、 多くの人でまちづくりをしてはダメ、という意味ではない。 逆に、最終的には「多くの住民」が関…

✨和を以て貴しとなす✨

ご縁をいただき、「世界に届けたいバイリンガル絵本プロジェクト」を知り及びまして、主旨に賛同しクラウドファンディングに協力させていただきました😊 一昨日ご案内をいただいたため、支援募集締切日(4/27)直前のご紹介となり誠に恐縮ですがご覧いただければ幸いです。 <世界に届けたい絵本プロ…

春の地

地面の下 2021年4月4日、二十四節気が「春分」→「清明」になりました。この日、中国大陸やその風習をつぐ沖縄では、人々が墓掃除や墓参りをして先祖をかえりみ、野山で遊ぶと言います。 沖縄では「シーミー(清明)」と言いますね。お墓に親族一同集まって、酒やお重を広げ、先祖と共食共宴し一日を…

【参加レポート】とやま帰農塾2020 「五箇山掘レッキング塾」(2021/3/19…

とやま移住note管理者スタッフの一人「S」と申します。 富山県主催、NPO法人グリーンツーリズムとやま企画の田舎暮らし体験プログラム「とやま帰農塾」をご存じでしょうか? 今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開催予定の10の塾のうち、4つの塾が中止となりましたが、そんな厳戒態勢の…

当たり前の「地獄」の家業を事業として捉え直す

新型コロナウィルスが日本で流行し始めて約1年が経過しました。大分県で初めて感染の報告があったのが2020年の3月3日。我が家でも妻が妊娠中ということもあって、いよいよ気をつけなければいけないと、自分事化したのがちょうど1年前。率直な感想を言うと、あっという間の1年でした。真夏でもマスクを…

うしととら

縦糸横糸 10年前の”東北”で始まった、30路男二人の活動。5年後、縦糸横糸合同会社を仙台で創立し、今、40路。 知っている、わかっているつもりで生活し、見聞きしていたけれど、実は何も知らない、わからないことだらけ。なぜだか知ろう、わかろうとしなかったんだと気づかされ、廻り合わされた10…

南部神楽ってなんですか?

郷土芸能の活動再開を願って 災害やコロナ禍の自粛制限による各地の祭りや催事の延期・中止、郷土芸能活動の披露の機会・コミュニケーションの場の減少、収入減によって活動の維持が困難になるなど、現状が長期化すればするほど、地域文化の担い手の活動休止や中断、モチベーション低下に至る可能性が…