佐々木友輔

映像作家/鳥取大学地域学部で教員をしている/揺動/風景論映画/ドキュメンタリー/鳥取の…

佐々木友輔

映像作家/鳥取大学地域学部で教員をしている/揺動/風景論映画/ドキュメンタリー/鳥取の地域映画史と公共上映/🦀蟹/鴨🦆/アイコンは品岡トトリさんに描いていただきました。

マガジン

最近の記事

ミュージックビデオの身体論⑥ サイボーグ的身体——「ONE TAKE STAGE」のトランス・ダンス

6. サイボーグ的身体——「ONE TAKE STAGE」のトランス・ダンス 6-1. サイボーグ的身体これまでに取り上げてきた「ダンス」に関連するMVは、視覚効果や撮影・編集技術を重視する「映像のダンス」(③映像そのものがダンスする/④カメラレス・ダンス)と、生身の身体のパフォーマンスを重視する「ダンスの映像」(⑤ダンスそのものを映し出す)とに大別することができる。 ただし、これらはあくまで便宜的な区分であり、それほど明確に分けられるものではない。あらゆるMVには「映像の

    • 地方映画史研究のための方法論(25)抵抗の技法と日常的実践③——スチュアート・ホール「エンコーディング/デコーディング」

      見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

      • 地方映画史研究のための方法論(24)抵抗の技法と日常的実践②——ミシェル・ド・セルトー『日常的実践のポイエティーク』

        見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

        • リリックビデオを解剖する(後)Text by えむ

          「ミュージックビデオの身体論」番外編連載「ミュージックビデオの身体論」の番外編として、えむさんに「リリックビデオ」をテーマとする論考を寄稿していただきました。 えむさんは「リリックビデオ」という語のうちに含まれる多種多様なありようを詳しく分析し、①実写映像の中に歌詞の文字を造形したオブジェ等が含まれる〈実写/単一レイヤー〉、②実写映像と歌詞テロップなどを合成した〈テロップ/二重レイヤー〉、③歌詞も含めてすべての映像がアニメーションもしくはCGで制作されている〈アニメーション

        ミュージックビデオの身体論⑥ サイボーグ的身体——「ONE TAKE STAGE」のトランス・ダンス

        • 地方映画史研究のための方法論(25)抵抗の技法と日常的実践③——スチュアート・ホール「エンコーディング/デコーディング」

        • 地方映画史研究のための方法論(24)抵抗の技法と日常的実践②——ミシェル・ド・セルトー『日常的実践のポイエティーク』

        • リリックビデオを解剖する(後)Text by えむ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ミュージックビデオの身体論
          佐々木友輔
        • 鳥取の映画館リサーチ
          佐々木友輔
        • 映画愛の現在
          佐々木友輔
        • 雑記
          佐々木友輔
        • 映画による場所論
          佐々木友輔
        • jig theater関連
          佐々木友輔

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          リリックビデオを解剖する(前)Text by えむ

          「ミュージックビデオの身体論」番外編連載「ミュージックビデオの身体論」の番外編として、えむさんに「リリックビデオ」をテーマとする論考を寄稿していただきました。えむさんは大学で視覚メディア表現を学び、実写とアニメーションを組み合わせた映像作品制作も行ってきた方です。 本稿では「リリックビデオ」という語のうちに含まれる多種多様なありようを詳しく分析して腑分けし、①実写映像の中に歌詞の文字を造形したオブジェ等が含まれる〈実写/単一レイヤー〉、②実写映像と歌詞テロップなどを合成した

          リリックビデオを解剖する(前)Text by えむ

          イラストで見る、倉吉市内・郡部の映画館&レンタルビデオショップ史(2)

          見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト2021年から実施している「見る場所を見る」の第4弾(8月開催の「見る場所を見る2+」を含む)となる展覧会「見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」をGallery そらで開催中です。このnoteでは、会場で配布している「鑑賞ガイド」に収録の展覧会第1部解説文「イラストで見る、倉吉市内・郡部の映画館&レンタルビデオショップ史」を2回に分けて掲載します。前回の記事は以下のリ

          イラストで見る、倉吉市内・郡部の映画館&レンタルビデオショップ史(2)

          イラストで見る、倉吉市内・郡部の映画館&レンタルビデオショップ史(1)

          見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 2021年から実施している「見る場所を見る」の第4弾(8月開催の「見る場所を見る2+」を含む)となる展覧会「見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」が、本日12月21日(木)からGallery そらで始まりました。会期中はあいにく雪が続く見込みで、かつ年末の慌ただしい時期の開催となりますが、3ヶ年計画で進めてきたプロジェクトの一旦の締めくくりとなるこの機会、ぜひともお越

          イラストで見る、倉吉市内・郡部の映画館&レンタルビデオショップ史(1)

          神戸映画資料館と小池照男さんの記憶──『映画愛の現在』関西初上映

          明日12月15日(金)から19日(火)まで、鳥取の自主上映活動を追ったドキュメンタリー『映画愛の現在』の第Ⅰ部と第Ⅱ部(2020)が神戸映画資料館で上映されます。「映画とは何か」ではなく「映画はどこにあるのか」を探し求める旅の映画。鳥取に縁のある人に限らず、映画が好きな人・好きだった人、映画館が身近だった人・遠かった人、幸福な映画体験の記憶がある人・辛い映画体験の記憶がある人、その他、何かしらの思い入れがある人なら誰でも、どこかしらに自分自身と接続できる要素があるのではないか

          神戸映画資料館と小池照男さんの記憶──『映画愛の現在』関西初上映

          なぜいま「映画館」を顧みるのか──「娯楽の殿堂・世界館」、そして「初期動画」研究としての地方映画(館)史

          鳥取市歴史博物館で開催中の展覧会「ここが発信地!娯楽の殿堂・世界館──ノンフィルム資料に残された、鳥取の老舗映画館の足跡」を再見した。その際に感じたことや考えたことを備忘録的に残しておきたい。殴り書きのため、思いつきにすぎない箇所や混乱した箇所も多いが、ここ数年目指してきたことの大枠は描けているのではないかと思う。 展覧会「娯楽の殿堂・世界館」展覧会「ここが発信地!娯楽の殿堂・世界館──ノンフィルム資料に残された、鳥取の老舗映画館の足跡」は、私が2021年に始めた「見る場所

          なぜいま「映画館」を顧みるのか──「娯楽の殿堂・世界館」、そして「初期動画」研究としての地方映画(館)史

          地方映画史研究のための方法論(23)抵抗の技法と日常的実践①——ギー・ドゥボール『スペクタクルの社会』と状況の構築

          見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る3——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和

          地方映画史研究のための方法論(23)抵抗の技法と日常的実践①——ギー・ドゥボール『スペクタクルの社会』と状況の構築

          見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト

          2021年から実施している「見る場所を見る」の第4弾(8月開催の「2+」を含む)となる展覧会「見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」を、2023年12月21日(木)から26日(火)にかけてGallery そらで開催します。三ヵ年計画としてスタートしたこのプロジェクトもいよいよ最終年度。今回、倉吉と郡部のリサーチを行ったことで、当初からの目標だった鳥取県全体の映画館とレンタルビデオ店の開閉館年表も一旦完成させることができそうです。年末の慌ただ

          見る場所を見る3——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト

          地方映画史研究のための方法論(22)初期映画・古典的映画研究④——ミリアム・ハンセン「ヴァナキュラー・モダニズム」としての古典的映画

          見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

          地方映画史研究のための方法論(22)初期映画・古典的映画研究④——ミリアム・ハンセン「ヴァナキュラー・モダニズム」としての古典的映画

          地方映画史研究のための方法論(21)初期映画・古典的映画研究③——デヴィッド・ボードウェル「古典的ハリウッド映画」

          見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

          地方映画史研究のための方法論(21)初期映画・古典的映画研究③——デヴィッド・ボードウェル「古典的ハリウッド映画」

          地方映画史研究のための方法論(20)初期映画研究②——トム・ガニング「アトラクションの映画」

          見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

          地方映画史研究のための方法論(20)初期映画研究②——トム・ガニング「アトラクションの映画」

          地方映画史研究のための方法論(19)初期映画研究①——チャールズ・マッサーの「スクリーン・プラクティス」論

          見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト 「見る場所を見る——鳥取の映画文化リサーチプロジェクト」は2021年にスタートした。新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、Claraさんによるイラストを通じた記憶の復元(イラストレーション・ドキュメンタリー)を試みている。2022年に第1弾の展覧会(鳥取市内編)、翌年に共同企画者の杵島和泉

          地方映画史研究のための方法論(19)初期映画研究①——チャールズ・マッサーの「スクリーン・プラクティス」論

          ミュージックビデオの身体論⑤ダンスそのものを映し出す──マイケル・ジャクソンの革命

          5. ダンスそのものを映し出す──マイケル・ジャクソンの革命 今回から、連載のヘッダー画像をイラストレーターの湖海すずさんに描いてもらうことになりました。本文で紹介しているMVをモチーフにして、毎回新作を描き下ろしてもらう予定です。こちらもお楽しみに! 前回まで(③映像そのものがダンスする/④カメラレス・ダンス)は、身体としての映像そのものがダンスを踊っているような種類のMVを「映像のダンス」と呼び、それにかかわる様々な作品を紹介してきた。順番が前後するようだが、本稿ではよ

          ミュージックビデオの身体論⑤ダンスそのものを映し出す──マイケル・ジャクソンの革命