ささきゆうすけ

映像作家、企画者。取手→赤羽→鳥取。
  • 5本

孫大輔『うちげでいきたい』2022年

町の人と映画を作ること・見ることが健康につながるのではないか、という想いから制作された地域映画『うちげでいきたい』を見た。地域における在宅看取りを題材とし、鳥取大学医学部の教員である孫大輔が監督をつとめている。上映日は2022年4月3日。場所は、なかやま温泉・生活想像館わくわくホール。 「演じること」についての物語だが、映画そのものが演技をしているように感じた。フィクションの映画において、役者が演じることは至極当然と思われるかもしれないが、『うちげでいきたい』では、脚本執筆

スキ
9

かんのさゆり「New Standard Landscape」於 石巻のキワマリ荘

2022年3月、石巻のキワマリ荘でかんのさゆりの写真展を見た。以下、備忘録として残しておく。いつか機会があれば、前回の西澤諭志展と併せてもう少し丁寧に論じてみたい。 まだ目立った汚れもない、清潔で真新しい外壁材が印象的な住宅地。アスファルトとコンクリートで塗り固められた地面。茫漠とした荒地を覆うブルーシート——。かんのさゆりが「New Standard Landscape」と呼ぶ風景は、彼女が東北芸術工科大学在学時に教員をつとめていた小林のりおの写真集『LANDSCAPES

スキ
12

水戸芸術館クリテリオム98 西澤諭志

2022年3月、水戸芸術館で西澤諭志の写真展を見た。以下、備忘録として残しておく。  例えば長崎県島原市平成町、島原復興アリーナで撮られた写真。遠くにそびえる雲仙普賢岳を背にして、サッカー日本代表のユニフォームを着た坂本龍馬像が佇んでいる。さらにその手前の広場では、お揃いのユニフォームを着た中学生か高校生の一団が時間を持て余している。島原に龍馬像が設置されていることについては、ここは龍馬ゆかりの地(彼が初めて長崎に足を踏み入れた場所)だからというもっともらしい理由がつけられ

スキ
4

第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会と『ずぶぬれて犬ころ』

11月7日、鳥取市の県民ふれあい会館で、第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会( https://www.pref.tottori.lg.jp/301780.htm )を見た。思いの外楽しく、審査員のコメントの隅々まで配慮の行き届いた的確さも流石だった。 出場チームでは、花月マーチ(神奈川県立光陵高等学校)の動画が印象に残った。各チームは事前に短歌を詠む短い動画を制作し、当日はそれを上映して発表することになるのだが、花月マーチは編集にアプリ等を使用せず、カメラの前を遮

スキ
2

映画による場所論

すべて見る
  • 1本

「映画による場所論」を再起動する

都市の全域的なリアリティを求めて 鳥取であれ茨城であれ、沖縄であれ東京であれ、わたしたちは特定の「都市」あるいは「地域」と呼ばれるものを容易に思い浮かべることができる(と信じている)。が、それを具体的に説明しろと言われれば、途端に言葉に詰まってしまう。わたしの頭の中にある「鳥取」は、都道府県や市区町村の地理区分で表せるものではないし、鳥取砂丘や湖山池などの有名なランドマークで語り尽くせるようなものでもない。人口最小県であるとか、新型コロナ感染者数最小県といった説明も、ある一側

スキ
15

映画愛の現在

すべて見る
  • 5本

あなたに映画を愛しているとは言わせないなんて言わせない

2022年2月12日(土)に恵比寿映像祭で『映画愛の現在』三部作が上映される。「映画愛」と銘打ってはいるが、特定の「愛」のかたちを鑑賞者に押し付けることを意図したわけではない。むしろこの映画が訴えかけるのは次の一言だ。 「あなたに映画を愛しているとは言わせない」なんて、絶対に言わせない。 いびつな愛高校時代から個人制作の映画を撮り、作品論や作家論も書いてきたわたしにとって、映画を見ることはいつしか、楽しみというより義務のような行為になっていた。「日々、浴びるように映画を見

スキ
23

見る場所を見る——アーティストによる鳥取の映画文化リサーチプロジェクト

この1年間、集中的に行ってきたリサーチプロジェクトの成果発表を、来年2022年の1月〜2月にかけて実施することになりました。冬の寒い時期(雪が心配!)ですが、ぜひお越しくださいましたら幸いです。 第1部は2022年1月24日(月)〜1月30日(日)、アーティストClaraさんと共同で行う展覧会 。鳥取市内にかつてあった映画館とレンタルビデオショップをClaraさんによるイラストで再現する、いわばイラストレーション・ドキュメンタリーとでも言うべきプロジェクトです。 第2部は

スキ
7

現時点プロジェクト『私はおぼえている』について

「特別ではない」「普通の」「ありふれた」「市井の」人々にこそ、ドキュメンタリーはカメラを向けるべきだという考え方がある。あるいは、何かしら「特別」な要素を持っている人物であっても、その人の「日常」や「普段」の姿を捉えなければならない、「素顔」や「人間」としての有り様を掘り下げなければならないという考え方がある。真摯で誠実で倫理的な態度のように思えるけれど、そこには大きな欺瞞もしくは矛盾がある。 誰かにカメラを向けること。他の誰かでも良かったかもしれないのに、そうはせず、「あ

スキ
9

農民芸術の文脈と批評――宮沢賢治「農民芸術概論綱要」の続きを書く

佐々木友輔『映画愛の現在 第Ⅰ部/壁の向こうで』パンフレット(揺動BOOKS01)収録、揺動、2020年、12〜17頁 鳥取銀河鉄道祭 『映画愛の現在』の制作は、鳥取県総合芸術文化祭・とりアート2019のメイン事業「鳥取銀河鉄道祭」の一環として始まった。公式ウェブサイトによれば、これは「宮沢賢治の名作『銀河鉄道の夜』を題材にした音楽劇」であり、舞台公演のみならず、映像リサーチやワークショップ、フリーマーケットなどを通じて「県内様々な地域での活動や人々の暮らしを星座に見立てた

スキ
2
有料
500

鳥取の映画館リサーチ

すべて見る
  • 8本

見る場所を見る——鳥取映画小史④

2022年1月24日(月)〜1月30日(日)にかけて、ギャラリーそらで行う展覧会「イラストで見る、鳥取市内の映画館&レンタルビデオショップ史」の解説文(会場に設置予定)を、5回に分けて掲載します。 第1章「劇場と活動写真(1898〜1936)」 第2章「戦争・災害からの復興(1937〜1958)」 第3章「テレビの登場と自主上映ブーム(1959〜1982)」 (1月24日から始まる展示に向けて年表を作成中です。) 第4章 映画とビデオ(1983〜2000)  テレビとの

スキ
2

見る場所を見る——鳥取映画小史③

2022年1月24日(月)〜1月30日(日)にかけて、ギャラリーそらで行う展覧会「イラストで見る、鳥取市内の映画館&レンタルビデオショップ史」の解説文(会場に設置予定)を、5回に分けて掲載します。 第1章「劇場と活動写真(1898〜1936)」 第2章「戦争・災害からの復興(1937〜1958)」 第3章 テレビの登場と自主上映ブーム(1959〜1982) 市内に九館が並立し、戦前を超えるほどの活況を呈していた鳥取映画界に、テレビが新たな「撹乱」をもたらしました。195

スキ
6

見る場所を見る——鳥取映画小史②

2022年1月24日(月)〜1月30日(日)にかけて、ギャラリーそらで行う展覧会「イラストで見る、鳥取市内の映画館&レンタルビデオショップ史」の解説文(会場に設置予定)を、5回に分けて掲載します。  第1回はこちら(見る場所を見る——鳥取映画小史①) 第2章 戦争・災害からの復興(1937〜1958) 四館体制が定着しつつあった映画に「撹乱」をもたらしたのは、戦争と災害でした。1937(昭和12)年7月に日中戦争が勃発し、洋画の輸入禁止や興業時間の短縮など、映画館も国家に

スキ
6

見る場所を見る——鳥取映画小史①

映画の生態系を記述する2022年1月24日(月)〜1月30日(日)にかけて、ギャラリーそらで行う展覧会「イラストで見る、鳥取市内の映画館&レンタルビデオショップ史」の解説文(会場に設置予定)を、5回に分けて掲載します。この展覧会は、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタルビデオショップを調査し、Claraによるイラストを通じて当時の記憶を復元する試み。そこに筆者(佐々木友輔)作成の年表と解説文を付し、鳥取市内の映画史が概観できるようにする予定です。会場に来られない方にも、ぜ

スキ
6
  • 1本

アーティストにとってリサーチとは何か

アーティストにとって「リサーチ」とは、いかなる制作においても「原則としてやるべきこと」である。だから本来、他と区別して「リサーチ型アート」などと名乗る必要もないはずだ。そのような認識を前提として、アートとリサーチの関係について考えてみる。 アーティストがリサーチを前面に押し出す時、そこには「これはリサーチである」=「学術的な裏付けがある」という印象を付与しつつ、同時に「これはアートである」=「学術的な手続きをスキップしても良い」という逃げ道も確保しておくという、二重の甘えが

スキ
9