○今日は 竹吉優輔 先生のお誕生日です おめでとうございます!1028

※この記事は2014年10月13日に書かれたものです。

竹吉優輔○レミングスの夏を決して忘れない
■13年(雨巳)のDNA「玉」年に、司書であるにもかかわらず、
図書館を舞台とする
小説「襲名犯(応募時タイトル、ブージャム狩り)」を書き、
「市役所は現場をわかっていない」と、20回ほど市役所を批判しながら、
第59回江戸川乱歩賞を受賞し、作家としてデビューした
竹吉優輔(80-1028/木戌)の

もっとみる
○幸せ発電しますね!あなたも?!
5

図書館の「音」(ASMR)をどうぞ。第13回の今回は「相互貸借資料をご提供する準備で、点検済印を12冊分押している音」です。相互貸借?こんな四字熟語、習ったことない??

東京都内公共図書館間では、お互いに資料の貸し借りを行うことで図書館サービスの補完を図っています。このサービスを、おもに「相互貸借(そうごたいしゃく)」や「協力貸出」などと呼びます。

東京都立図書館がその取りまとめを行っていて、

もっとみる
ご来館お待ちしております!
12

正誤表の多い教科書だなぁと思ってパラパラしていたんですが…これには驚かされました。

ありがとうございます〜
18

学校司書で行く。

学校図書館には その地域の出版社や知識人の出版物が

寄贈されることがある。先日、本校に寄贈された本の紹介をしたい。

清水銀行・静岡県立大学共同編纂 「人〈財〉こそが地域の礎」(静岡新聞社)出版である。

・・・・・・・すごい。アマゾンで買えるんだ。買えないと思ってた。

銀行が大学などと連携し 私が知る限りでは主に経済や金融関係の講座が主ではあるが

様々な内容の講座を無料で開催することがある

もっとみる
こんにちは😃スキ!ありがと。すごくうれしい。
10

展示、されど展示

稲城市には6つの図書館があり、そのうち私が勤務している稲城市立中央図書館の休館日は、毎月第四月曜日(第四月曜日が祝日の時は翌日の火曜日)の一日のみです。

この休館日こそ、「お休み」とは程遠く、日ごろ交代勤務を行っているスタッフが一堂に会する日であり、ご来館者がない日しかできないことをするべく、朝から時間刻みのスケジュールが組まれる、ひと月で一番慌ただしい一日となります。

近づく第四月曜日

もっとみる
いつもありがとうございます!
30

図書館の紹介 その1

皆さんは、日ごろ図書館に行きますか?

公共図書館は、まちの文化に欠かせないインフラですよね。

知識や体験を所蔵し、整備し、人々に発信していくプラットフォームで、濃密な場所だなあ、と筆者も常々感じています。

今回から数回に分けて、規文堂がデザインから携わった図書館を紹介していきます。

神戸市立東灘図書館

吹き抜けで天井高が高い象徴的なエリアに書架を設置した図書館です。中心的な空間として演出

もっとみる
ありがとうございます!
15

図書館の「音」シリーズ、第12回の今回は「至難!東京都足立区の住宅地図をブックコーティングする音」しかも完全版です。お待たせしました。

これまで、図書館資料のブックコーティング(中の人は「装備」と呼んだりします)について、様々な場面をご紹介してきました。いよいよ今回は、装備本番の音です。

装備を行う時、私たち中の人は、様々な資料と対峙して、その資料に合った装備の仕方で挑むものです。

通常の単

もっとみる
いつもありがとうございます!
11

2020.10月13日 図書館にありました

『本好きの下剋上』 先日図書館に行ってみたら、ありました!

第一部のIIだけですが…

おそらく、第一部Iは貸出中なのでしょうね。

すごく人気の高いラノベだという事なので、貸出中のことが多いのだろうなぁ

いきなりIIから読むのもなんだし。まずIだけは、購入して読んでみようかしら。

もっとみる
ありがとうございます(๑╹ω╹๑ )♪
21

【うさ吉流】図書館のマニュアル作成 ~見栄え編~

こんばんは。うさ吉です。

どこかの中小規模の図書館長してます。

今日は「【うさ吉流】図書館のマニュアル作成 ~見栄え~」についてお伝えします。

シンプルでライトに書いてありますので、5分くらいで読めます。

お付き合いしていただけると嬉しいです。🐰

この記事は、

✅中小規模の組織で図書館のマニュアル作成に悩みがある方
✅人によって書き方が違ってしまって、マニュアルが機能しにくい方
✅マ

もっとみる
ありがぴょん🐰
7

2020.10月8日 読みたい!ファンタジー大河小説

今は、名探偵ポアロシリーズ全巻の、読破と読書記録に挑戦中なので。読む本は、ポアロシリーズに限定しているのですが…

実は、凄く読みたいと願っているシリーズものの小説がありまして。

一つは、雪乃紗衣氏著『彩雲国物語』。

もう一つは、小野不由美氏著『十二国記』シリーズ。

どちらも、中華風架空異世界を舞台としたファンタジー小説で、長きに渡り続いた大河小説です。

(読みたい!読みたい!) 願望だけ

もっとみる
ありがとうございます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
22