手当て

ホルモンさんの調子であろうが、
お腹と腰の鈍痛、、、

職場は利用者もほとんどこない
(またリモート推奨になったからか)。
でも、松ボニータとわたしはフルフルタイム。
松ボニータとは、会話はまったく弾まない。
「そうだね」という相槌をうつべきところに
解説を挟んでしまうのだ。
これは、うちの将軍(姉)もそう。
なんてことない話だから
「そうなんだぁ」とか「良かったねー」とかでいいのに、
「それはな

もっとみる
ありがとう💃
1
嬉しいです!あなたにもいいことがありますように!
5

続けるとよいこともある

11月も終わろうとしているなど、
信じられないことです。

そして、夏ぐらいには収束してるのでは?
と思っていたウイルスも、
いまだ流行している。

4月から働いているこの研究図書館、
同僚がいやでいやでいやで、
すぐにでも辞めたかったけど、
世の中そんな場合ではないようだった。
たくさんの人が仕事を無くしていた。
生活があるので、
泣く泣く泣く泣くやっているうちに

彼女は産休に入った。

ヤッ

もっとみる
ありがとう💃
5

美術館考4 炎上と忘却、炎上後の議論

喉元を過ぎれば熱さを・・ではないけれども、あいちトリエンナーレ(2019年)は今であればもう少し冷静に議論できるのではないかと思う。そして炎上に乗じた野次馬のない状態で、冷静な議論は現在進行形で行われていると思う。次は2022年だが、期待してよいのではないかと思っている。

深い議論に立ち入るつもりはないが、炎上や批判はいささか過度なものではなかったか。そしてそれらが、10年に1度も美術館に足を向

もっとみる
興味を持っていただき、ありがとうございます♪
2

学校図書館にマンガは今や普通?

 はい。少なくとも今の時代、ちゃんとした司書が配置されてる学校図書館なら至って普通に入ってると思います、マンガ。
 私が当職に就いた頃(かれこれ20ン年以上前)にも、既に手塚治虫作品のようないわゆる「名作」以外に、いわゆるジャンプコミックのような普通のコミックを入れるところはチラホラと現れてきていてました。ただ流石に当時はまだ「学校図書館にマンガを入れるなんて」と反対する教員も少なからずいたりして

もっとみる
お気に入り感謝です!
4

連載『あの頃を思い出す』

   嵐の予感・・・8

「あたし決めました」
 貸し出し手続きが済み、腰低く去っていく中年の女性を見送りながら、ありさは強く言った。
「どうしたの?」
「やっぱり、もう一度ちゃんと司書の勉強をしようと思って。今みたいに、尚季(ひさき)さんみたいに応対できるように」
「充分やってるじゃない、ありさちゃん。海外絵本なんて、顔負け」
「でも、気分が違います」
「急にどうしちゃったの?」
「なんだか、ち

もっとみる
またお会いできるよう頑張ります!
30

結構前から高校生はラノベ読んでない件について

 こんな記事を読んだ。

 現代ビジネスでも取り上げられるようになったとは。でもこれってもう結構前から学校図書館業界では周知の事実だったし、ヤングアダルト系の出版編集者なんかでもとっくに承知の助の実態だったわけでしょ。

 記事では主に中学生が取り上げられてたけれど、高校図書館の現場としても生徒はもう、ラノベを取り立てて扱うほど読まなくなったというのが実感。

 図書館で読まれなくなった原因として

もっとみる
お気に入り感謝です!
2

面接官

 面接官も人間であり、人柄も多様である。同じ仕事をしていても、会社によって全く雰囲気が異なる。

 私は司書になるために、2社面接を受けた。

 1社目は完全に私の経歴を見て、馬鹿にしている感じだった。もう最初から落とすことしか考えていなようだった。結果の連絡も全く来ず、ダメだとわかりつつもこちらから問い合わせると、これまた人を食ったような態度で「採用は難しい」とのことだった。正直この時点で精神的

もっとみる
スキありがとうございます。励みになります。
1

図書館司書

 この1ヶ月(以上)で様々なことがあった。

 結果から言うと、図書館司書に就業できた。公共図書館である。

 まだ、数日しか働いていないが、やはり書店よりは自分に合っていると感じる。

 日記も相当書き溜めてしまったので、順番に思い出しながら書いていこうと思う。怒涛の1ヶ月であった。

スキありがとうございます。励みになります。
2

図書館のレファレンスとサークルと図書館報と

私が担当している仕事は下記の通りです。

・レファレンス(利用者対応・事例の集計と報告・資料選定)
・いなぎ図書館だより「ひばり」の作成
・英語多読サークル「いなぎ多読らぶ」の運営
・イベントの企画・開催(シニア向け、子ども向けの図書館体験講座、大人向けの図書館利用講座、子ども向けの調べもの講座、読書会)

少し詳しくお話ししたいと思います。

レファレンス

「レファレンスサービス」とは、『何ら

もっとみる
いつもありがとうございます!
30