図書館司書

図書館司書を育てるための新たな視点

おはようございます。うさ吉です。図書館長してます。

今日はこの「図書館司書を育てるための新たな視点」をお伝えします。

■図書館司書は育ちにくい

ほとんどの自治体で有能な司書は育ちにくいと感じています。

理由としては職員は数年で異動してしまうからです。

図書館の業務って、困難な仕事はそんなに多くないけど範囲がとても広いです。

貸出、返却、リクエスト、配架、相互貸借、選書、接客、除籍、児童

もっとみる
ありがとー\(^o^)/

図書館のリアルをお伝えします

こんばんは。うさ吉っていいます。

どこかの図書館長してます。

図書館で働く人のイメージって、

図書館って本を貸出・返却だけやっていればいいんでしょ。楽そうだね。

本に囲まれて仕事できるなんてうらやましい。

冷暖房がきいた静かな館内で座って仕事できるっていいよね。

なーんて声をよく聞くのですが、声を大にして言いたい。

そんな甘い世界じゃねえ。

作業量は半端ないっす。

水面ですいーっ

もっとみる
ありがとー\(^o^)/

図書館をつくるということ

皆さんは、日ごろ図書館に行きますか?

行くときは、本を借りるのが目的でしょうか? イベントがあったり、何となく静かに過ごしたかったり・・・人それぞれの使い方があると思います。

図書館は、まちの文化に欠かせないインフラです。

知識や体験を所蔵し、人々に発信していくプラットフォームです。

図書館に行く頻度は人それぞれだと思いますが、図書館がまちの文化を育て、結果としてすべての人々がより豊かに生

もっとみる
ありがとうございます!
14

【読書】「14歳の教室」〜どう読み どう生きるか〜

こんにちは。ナカちゃんです。

今回は、本の話です。

中学校で学校図書館を任されているので、「図書室に入れたいな〜」と思う本は、全て読むようにしています。そうすると、自然と中高校生向けの本を読むことが多くなる。

 で、何を言いたいかというと、

「ヤングアダルト(YA)向けの本は、オトナにとっても良書が多い!」

今回紹介する「14歳の教室」は、批評家で随筆家の若松英輔さんが、筑波大付属中3年

もっとみる
とってもうれしいです!
14

名前を名乗る勇気はあるか?と自問した私

noteで、再出発をする前に 散々迷ったことがあります。

それは、名前です。

今まで、ブログもnoteも、本名を名乗ることはしませんでした。

でも、noteでフォローさせていただいている方々の多くが、自分の職業、お名前で活動されていたのです。

 ネットの世界で、本音を書くためには、匿名であったほうがいい。ブログを始めた頃、わたしはそう思っていました。どこか、自分の仕事に自信がない、誇りを持

もっとみる
ありがとうございます♪
14

【完全在宅】近畿大学通信教育部で図書館司書資格をとる!【口コミ、履修のコツ】

はじめまして、杉田コトミです。

2020年4月から近畿大学通信教育部にて

図書館司書の資格を取るべく奮闘中のワーキングマザー。

このnoteでは、近畿大学通信教育部で、

完全在宅で、できれば最安&最短で資格を取りたい方に向けて、

自分の体験だけでなく、掲示板やTwitter、ブログで読んだ

他の受講生の意見もまとめて

受講前に知っておいたほうがいいことと、

(多分)楽に履修できる選

もっとみる
ありがとうございます^_^
8

図書館を利用するのが好き

本が好きなわたしですが、本は買うより図書館で借りることが多いです。無料で本が読めるのと、家に本が増え過ぎないこと、いろんな本に出会ったりチャレンジできるところがいいですよね。

わたしの本棚は図書館、と誰かが言っているのを見て(片付けの本だったかな?)気に入って、わたしもそう思って利用しています(^^)

図書館がMy本棚の場合、ちょっと確認したいときにすぐ手元にない、っていうところがちょっと不便

もっとみる
読んでもらえてうれしいです♪
3

図書館にいました。只今、転職中

司書という仕事をしていました。図書館のカウンターにいる人です。

約10年この仕事してたけど誰もが一回考えた事はあるであろう違和感という理由で退職しました。

本は好きだけど…

一番好きかって言われると分からなくなる。

司書を目指した一つの理由に生涯学習に携わりたいという思いがあった。

生涯学習=一生の学び、活動の事 というと堅苦しい事の様に聞こえるが例えば、最近の図書館は、様々な講座を開催

もっとみる

図書館の未来像

はじめてのnote投稿です。

ここでは、中の人が図書館の設計や企画に携わる中で感じたこと、思ったことをコラムにしていきたいなと思います。

読書に馴染みがなくても一度はお世話になる図書館ですが、ネット社会の中、その役割はどこへ向かっていくのでしょうか? 以下の目次に沿ってまとめていきます。

■図書館の役割(現状)

図書館とは単なる書庫ではありません。

図書館とは「知識・体験が集約される場」

もっとみる
ありがとうございます!
35

【開催報告】7/29「スナックひとみvol.002」ゲスト:グレイシアルまっきー。さん(図書館司書&夜間中学ボランティア)

スナックひとみvol.002(2020年7月29日開催)のゲストは図書館司書であり夜間中学ボランティアをされているグレイシアルまっきー。さんでした。時代が移り変わる中、これまでの理念に基づく新しい図書館の活用可能性とは?そして社会から取り残されてしまいがちなひともいる中で、夜間中学がどれほど必要とされているか。「誰一人取り残さない」というSDGsに貢献するまっきーさんならではの視点を伺いました。

もっとみる