創作裏話

色々な振り返りと御礼

今年もあと残り3日ちょっととなりましたが、私はひとあし先に締めようと思う。何故かというと今、非常に具合が悪い。知ってたよ? 気圧下がったよね。気温も。私は、あのほら、爬虫類なんじゃないかと思う、気圧と気温が下がると具合が悪くなってどうにもダメです。眠れないし。で、仕事のほうでも家のことでもタイミング悪く余分なノルマが重なって。本当はnoteにも、あとカクヨムとかTwitterのほうでも、「今年のう

もっとみる

『花と頭蓋』のつくりかた

カクヨムでコンテストに参加中の『花と頭蓋』がなんだかすごいことになっている。星が八十を超えるのは登録以来はじめてのことだ。週間ランキングが出るようになってから、短編賞の現代ファンタジー部門では常に三位以内、今日は一位になって五日目である。
(それもこれも読んでレビューや星をくださったり、ツイッターで宣伝してくださる方が何人もいらっしゃるおかげです。ありがとうございます)

 せっかくたくさんの人に

もっとみる
元気出ました!
8

この感想がすごい、あと創作歴の話

ジョン久作さんに「ゾンビつかいの弟子」への熱い感想をいただきました!!

なんというありがたい……またしても勿体ないほどの褒め褒め記事! しかも全文が超おもしろい。さすがダンジョンバァバの作者は違う。このヘッダー写真も最高だし。もうこの記事が全部カッコイイし、すごく面白いし、ネタバレとかは無いし、読書案内は懇切丁寧だし、全編に渡ってハートフル&スリリングだからして、全員すぐにこれを読み、あとダンジ

もっとみる

稽古日程決定。様々な課題が浮き彫りに。

劇団Яeality第8回公演「七月の涙 夕月夜の花束」が本格的に稽古開始になります。
2月末に行われる七夕の物語。
なんでやねん、と思う方も多いと思うのですが、例年9月に行う夏公演よりも2月や3月の方が七夕に近いんですよね。

さて、タイトルにもあるように
来週から本格的な稽古が始まります。
それに伴い様々な事務的作業に追われています。

台本が3組で半分くらい違う

今回3キャストのマルチエンド

もっとみる
スキされるとまた書こうって思えるんです。ありがとう!
1

この手から物語が生まれるとき

ようこそ、ケイです。

今月はサトウカエデさんの小説『終わりの電車の向こうがわ』の登場人物を主人公にしたB面を書かせていただくという、大変貴重な体験をさせていただきました。

嶋津亮太さんが開催されている「 #教養のエチュード賞」への参加と合わせて、私の執筆経緯を書くことにします。

奇跡コラボのはじまり

まず、サトウカエデさんの小説『終わりの電車の向こうがわ』が公開されたのがすべての始まりでし

もっとみる
ありがとうございます!
24

『note』の小説家(同人を含む)の方々の「創作裏話」を読むのが、面白い。それだけで、「文学的」だと感じてしまう。『編集後記文学』とか「創作裏話文学」って、もっと存在してもいいと思う。それが、個人的にはグッとくる。

レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
9

何か書きたいけど特に何も

増税やら台風やらのせいなのか、10月2日の翌日が10月14日だった、くらいの感じ。今月前半を過ごした実感がない。私は、根本的には生きてるのがつらい人間なので、時間が飛ぶように過ぎていくことは大変ありがたい(『生きる』というノルマが素早く片付いた気がするのだ。歪んでいる自覚はある)、けど、さすがに今月前半はだいぶ損した気分になった。

あ、皆さま、最新作『FAKE』を読んでくださってありがとうござい

もっとみる

日記(風邪/noteのおかげ/文フリ準備グダグダ/創作メモ)

ダラダラと長く軽めの風邪を引いてまして、治りかけたらまた次の風邪、という感じで、ここ10日ばかりは長文を読もうとすると頭がジーンと重くなって駄目で。活字中毒の私ともあろうものが、ですよ。

昨日あたりからやっと良くなってきて、今日、久しぶりにモリモリとたくさん読めました。やっぱりたくさん読めると気持ちが良い。でも、風邪は完治してないようです。我が家には保育園児という「感染の窓口」があるんで、一度こ

もっとみる

忙しいときに限ってやる事を増やす

連載中の「怪獣をつかう者」はテキスト版と画像版の2種類を同時進行しており、進み具合に差はあるものの両者はまったく同じ内容だったのですが、ここに来て両方読んでるかたはお気付きの通り、ストーリーが昨日から分岐してます。

これはそもそも、画像を作成する際にどうしても区切りが悪かったり改行の位置が見づらかったりして、内容を変えない範囲で句読点を削ったり「ト書き」的な文章を縮めたりする作業が続くうちに、

もっとみる

書評と日記と創作裏話と他

いつもの雑文。

怪盗ワイリーと砂漠の国の王女:伊豆平成【著】
(画像は https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9985146913 より)

別にわたしは伊豆さんに感想をいただいたからって何か他意があってずっと宣伝してるわけじゃないですよ。本当にぜんぶオススメなのです。

e-book → https://ebookjapan.yahoo.co.jp/boo

もっとみる