働く意義

働く意義 と 学ぶ意義

働く意義

   ◇ お金         ◇ 成長         ◇ 貢献
 働く目的は、お金だけじゃない。働くことを通じて自分が成長すること、そして社会に貢献すること、以上3つである。
 働く目的を「お金だけ」と考えると、大抵の場合、割に合わない。しかも、それでは「働くこと=苦役」となってしまう。そしてそうすると、そこから「働かない」という選択肢が生まれる。
 働く目的の2つ目と3つ目につい

もっとみる

「できるだけ仕事したくない」と思ってる人と働くのが1番の苦痛

これわかる人いると思う。

決して、モチベーションの高い自分のほうが偉いとか、主導権を握りたいとかは全く思っておらず、

むしろ、働くことや仕事への熱意は人それぞれだし、そういう気持ちの面を強制するのはおかしいから、変な気遣いが起きる。

これが本当に苦痛。

たとえば相手先組織に対して、何らかのシステムを導入する際の打合せの場面で。

相手先組織の要求や業務に対して少しでも疑問があれば、
「でき

もっとみる
私もスキです!
8

会社とは、お金をもらって学ぶ場所

会社とは授業料を払わずに学べて、お金までもらえる場所だということに、会社を退職してシニア起業してから気づいた。

気づいたきっかけは、シニア起業の本を書いたことだった。
元銀行員だった私がパン屋を起業してからの経緯や人との出会い、事業が広がって行く過程を書き始めた時に、会社員時代の体験が役に立ったことが多かったからだ。
例えば、事業計画、お客さんやスタッフとのコミュニケーション、資金計画、採算の取

もっとみる
ありがとうございます!
2

お金はさほど大切ではない

前回の「意義の大切さ」に関連して、「お金はさほど大切ではない」の自身の見解を述べたい思います。(あくまで私個人の)

いきなりぶっこんでいきますが、誤解を恐れずに言うと日本はどんどん「拝金主義」になっている気がします。周囲では「あれが儲かるらしい」「これがオイシイ」「今月稼いだわ〜」「儲かるビジネスないかな?」「あいつ稼いでるらしいで」って会話を良く耳にしますし、電車に乗ってると顔に「マネタイズ$

もっとみる
スキありがとうございます!
14

意義の大切さ

コロナ禍で私生活がガラッと変わりましたが、何より心境の変化が大きいです。唐突ですが意義の大切さについて自身の経験と重ねながら綴っていきたいと思います。

今年で30代に突入しましたが20代はどんな人間だったかと言うと、「欲」の為に生き、とても「利己的」だったと言えるでしょう。

これは多くの人が同じだと思いますが、社会に出たばっかりの時は「4桁いきたい!」「いい時計にいい車」「女にモテたい」が先行

もっとみる
スキありがとうございます!
8

これまで、これから。 これからも。

私達の「これから」は
いつ「これまで」に変わるのか。

人生とは まさか の連続である。

2020
青天の霹靂。
多くの人達が予想もしていなかった事態に直面し、心を守ることで精一杯なのでは無いだろうか。

私は6年前に仲間と共同で会社を設立した。
立ち上げから共同経営者達と常にどうすればもっとお客様に喜んでもらえるか、従業員が働きやすい職場になるか、会社を大きくできるか、「これから」にあらゆる夢

もっとみる
ありがとうございます、励まされます😊
9

気になった記事:社会に役立つ人材とは 佐々木閑(日経新聞:2020年7月10日 15:30)

まとめ:
「社会に役立つ人材を育成せよ」と大学でよく言われるが、「社会に役立つ」という言葉の意味が不明確である。
社会全体を巨大な機械に見立てて、その中の一個の歯車として働くこと、もしくは仕事を通して多くの人に利益をもたらし、感謝される人なのか。
仏教の創始者、釈迦は人の利益になるようなことをしていない人に当時の人々には見えていたが、長期的な目線でみるとものすごく役立つことを行っている。
ゆえに一

もっとみる
とーってもうれしいです!
10

豊かさってなんだろう?

初めましてこんにちわ。

たこつさんです。

自分の人生において豊かさってなんですかね?

▼働く意義▼

私が今の会社に転職してから一貫してるスタンスは

「仕事<私生活」

なんですよね。

とはいえ、仕事に手を抜いた事はありません。

いつも全力でやってます。

ただ、私生活が優先されるべきだと考えてます。

「仕事が忙しくて親の死に目に会えなかった」

「子供のイベントに行けなかった」

もっとみる
これからも宜しくお願い致します。
31

意義を持っている人は強い。

みなさん、こんにちは!あひるさんです。

ではでは、今回は意義を持っている人は強いというタイトルで書いていこうと思います。
最近、ニュースを見ていて感じるのが、国を守るために日々闘っている医療従事者の方たちの凄さです。

シンプルにすごいと思いませんか。
なにがすごいかと言うと、彼らは感染リスクの可能性が誰よりもあるわけです。
それなのに、日々、コロナ患者の方に対応をして、患者を助けるために、また

もっとみる
😉😉😉
16

コップの水。残りがあるか、これだけ減ったと思うか。

物事の捉え方の説明によく使われる一例としてコップの水がある。一杯のコップに入った水。残りがどれだけあるのかと感じ取るのか、どれだけ減っていると感じ取るのか。

これは本当に良く出来た例えだと社会人になった今心の底から感じる。なぜならこれは仕事の捉え方にも通ずるものがあるから。

現在、世の中全体として人材不足が嘆かれている。多分、超大手の企業様には関係のない話なのかも知れないが、中小企業からすると

もっとみる
良かったらフォローお願いします
8