塩畑貴志(ソルティー)

縁を紡いで、認め合い、絆を築き、なりたい自分に1%ずつ近づく。そんなカッコいい大人を増やせば子どもの未来が変わる!専門はコミュニティ・スクール。毎日日記更新中!【プロフ】→https://salty.style/ 【教育支援はこちら】→https://t-knit.or.jp/

塩畑貴志(ソルティー)

縁を紡いで、認め合い、絆を築き、なりたい自分に1%ずつ近づく。そんなカッコいい大人を増やせば子どもの未来が変わる!専門はコミュニティ・スクール。毎日日記更新中!【プロフ】→https://salty.style/ 【教育支援はこちら】→https://t-knit.or.jp/

マガジン

最近の記事

固定された記事

日本の教育界を僕は"洗濯"したい

今日は夢を語らせてもらった。 自分の夢だけでなんと1時間は軽く語れる。 これは昔行ったいばらきドリームプラン・プレゼンテーション(通称:ドリプラ)のおかげだろう。 自分の軸をハッキリさせ、自分の口で言える。 そして、相手に疑似体験をさせてあげられる。 「あぁ、こういうことか」って分かるレベルにまで昇華できているんだと実感できる。 でも、中には【夢】って大事なの?と言われる。 僕は大事だと思う。 夢というよりも【志】が大事。そんな話をしていこうと思う。 志はど

スキ
50
    • また新しい自分と出会う。何度となく繰り返し、何度なく迷い、そのたびに気づく。より精度が高くなって、より明晰になっていく。 分からなかったことが分かるようになるということはとてもおもしろい。 そして、自分はまた新しい一歩を踏み出す

      • プロフィールを作る⑦:教員の負担があると子どもが不幸になると思った教員支援の原点

        こんばんは、ソルティーです。 最近は、プロフィール作りを行っております。 前回は、学校の先生たちが奇跡を起こして、異例の2年目が始まるということが起こりました。 そして、今回はそんな2年目を頑張っている時に起こった、自分が教員支援をやったほうが良いと思った出来事についてお話をしようと思います。 管理職の先生だけじゃなくて、担任の先生にも支援の手を私が2年目を行うようになって、たくさんの先生たちと触れ合いました。 今までは、管理職や事務職の先生から呼ばれることが多かっ

        スキ
        2
        • プロフィール作り⑥:価値ある仕事が生み出した奇跡の出来事。価値はちゃんと周りが評価してくれる

          こんばんは、ソルティーです。 現在、プロフィール作りを頑張っております。 前回は、 本当の仕事の楽しさということについてお話をしました。 今回は、そんな仕事から学校の先生たちに評価をされ、奇跡のような出来事が起こったということについてお話をしたいと思います。 現場にいることで見えてくる先生の負担先生も一人の人間だ 「君は神様みたいな人だ」と言われて、「もっと支えてあげたい!」 そんな気持ちで、学校の先生たちとたくさん関わるようになりました。 しかし、 よく見てみた

          スキ
          6

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 教育や、学校の気付き

          • 86本
        • ティーチャーズアソシア マガジン

          • 205本

          NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNIT(https://t-knit.or.jp)の正会員さんが書いたコラム集です。 教員支援、地域学校協働、先生の校務負担軽減や、働き方改革、子どもの成長に繋がる、教育に絞ってまとめています。

        • 学校の働き方改革

          • 87本
        • 自分への気付き

          • 76本
        • さらに読みやすくした記事

          • 39本
        • 対話の先生塾みんなのマガジン

          • 48本

          対話の先生塾に参画するコミュニティメンバーによる記事を投稿していきます。

        • 旦那のような嫁と嫁のような旦那のお話

          • 74本

          これからの夫婦のあり方に一石投じる・・・かもしれない日常を綴っています。 【旦那ちゃんのブログ】→ https://biryudou.com/danyome/ 【嫁くんのブログ】→ https://salty.style

        • 教育や、学校の気付き

          • 86本
        • ティーチャーズアソシア マガジン

          • 205本

          NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNIT(https://t-knit.or.jp)の正会員さんが書いたコラム集です。 教員支援、地域学校協働、先生の校務負担軽減や、働き方改革、子どもの成長に繋がる、教育に絞ってまとめています。

        • 学校の働き方改革

          • 87本
        • 自分への気付き

          • 76本
        • さらに読みやすくした記事

          • 39本
        • 対話の先生塾みんなのマガジン

          • 48本

          対話の先生塾に参画するコミュニティメンバーによる記事を投稿していきます。

        • 旦那のような嫁と嫁のような旦那のお話

          • 74本

          これからの夫婦のあり方に一石投じる・・・かもしれない日常を綴っています。 【旦那ちゃんのブログ】→ https://biryudou.com/danyome/ 【嫁くんのブログ】→ https://salty.style

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • プロフィールを作る⑤:ICT支援員として働き、仕事の本当の楽しさを知る

            こんばんは、ソルティーです。 最近は、プロフィール作成を行うために下書きとなる記事を作っております。 そして、現在、仕事を辞めたというところまでお話をしました。 では、その仕事を辞めた後、自分がどのようにして仕事を見つけ、そして次にどんな仕事に就いたのか?ということをお話をします。 意外とハローワークはすごいところだった仕事を辞めた後、僕は自分の昔の母校である専門学校に相談しに行きました。 自分がどのようにして生きていけばいいかっていうことが全くわからず、親に言って

            スキ
            8
            • プロフィールを作る④:自分のせいで先輩が怒られた話

              こんばんは、ソルティーです。 最近のnoteはプロフィール作りをするために過去の話を出しています。 前回は親の願いを叶えるために、「普通になってほしいという願い」を叶えるために、仕事場を辞めるにやめられない、そんな状態になっていたという話をしました。 そんな私がどうして仕事を辞める決心に至ったのかというお話を今回はします。 おかしくなる自分の身体うつ病と足の不調 仕事に行きたくないと思いながら、無理やり仕事場に向かい、そして朝から次の朝まで仕事をする。 そのような

              スキ
              6
              • プロフィールを作る③:普通になってほしい

                こんばんは、ソルティーです。 現在、プロフィールを作っております。 このプロフィール作りによって、最初の仕事の息苦しさまでお伝えしたと思います。 今回は、僕がどうしてこの仕事を辞めるに至れなかったのかっていうことについてお話をしていこうと思います。 普通になってほしいという願い僕が 仕事を辞めるに辞められなかった理由、それは親の「普通の道を生きてほしい」という言葉を叶えるためでした。 この言葉の裏には、たくさんの意味が込められています。 僕が中学生の頃、記憶障害に

                スキ
                6
                • 今日で社会教育士の勉強はお盆休み。一区切りついて、自宅に戻ってくると家の匂いが分かるようになる。そして妻や、子どもたちがいつもの状態で過ごしているのになんだか、それがすごく愛おしく感じるのだった。やっぱ自宅は良い。

                  スキ
                  1
                  • プロフィールを造る②:大人になったら辛いことしかないと思っていたあの時、僕は鬱になった。

                    こんばんは、ソルティーです。 最近は、自分を伝える努力をしていなかったなーと思って、プロフィールを造りを始めました。 その中で、僕がどうして、こんなに学校の先生を支えたいと思って、 情熱をかけて、人生をかけて、志を持って取り組んでいるのか、そのあたりを話していきたいと思います。 今回はその最初のキッカケの部分をお伝えしていきます。 ※ちとどす黒い話ばっかりなので、楽しい話は今回出ません(笑) とても息苦しいと感じていた最初の就職「人生再起動したらどうだ?」 僕が最初

                    スキ
                    12
                    • プロフィール①:みんなで創る教育を届けたい

                      こんばんは、ソルティーです。 そういえば、ちゃんとnoteでのプロフィールを作り込んでこなかったなと思って、今日からは、社会教育や、コミュニティ・スクールをなぜ私がやろうと思っているのか?という話を連続でお伝えしていこうと思います。 僕がやりたいこと僕がやりたいのは、みんなで創る教育というものです。 これは、 みんながもっと幸せになるという点もそうですが、いろんな人がいろんなことを考えて認め合って、そして縁を紡いで、自分たちのやりたい世界を協力的に築いていく。 こんな

                      スキ
                      10
                      • ○主体性を育てるには?『主体性を育てる方法』

                        こんばんは、ソルティーです。 昨日は、主体性を育てるには?ということで、 どうして主体制が必要になるのか?ということについてお話をしました。 今日は、 その主体性を育てる方法をお伝えしていきたいと思います。 続きはこちら。

                        スキ
                        4
                        • ○主体性を育てるには?『学校教育だけでは難しい』

                          こんばんは、ソルティーです。 今回は『主体性』というテーマを取り上げてみようと思います。 主体性とは自分で考えて判断をし、責任を持って行動する力、つまり自分自身で価値あるものを生み出していく創造的な力のことです。 皆さんは主体性がありますか? 実は、今、主体性と呼ばれる力がとても大切になっています。 なぜ、この主体性が必要なのか? この主体性とはいったいどのようにして育っていくのかを解説していきたいと思います。 続きはこちら。

                          スキ
                          8
                          • ○公民館とかの社会教育施設でお金をとった活動ってやっていいの?

                            こんばんは、ソルティーです。 社会教育において、 公民館は、とても大切な施設になります。 ただ、この公民館ではもっぱら営利をやってはいけないっていう法律があります。 ですが、この営利っていうものの捉え方を、皆さんがどうも勘違いしていることが多いようなので、 この話を今日は取り上げたいと思います。 続きはこちら。

                            スキ
                            7
                            • ○社会教育の特徴とは?

                              こんばんは、ソルティーです。 今日は社会教育の特徴とは?ということで、 社会教育がどのような特徴を持ち、学校教育や、生涯学習とどのように違うのか?ということについて、お話をしていこうと思います。 続きはこちら。

                              スキ
                              11
                              • やっぱり何をするにしても『何のために』が大事なんだわ

                                こんばんは、ソルティーです。 今日は少し短めに。 社会教育士を目指して講座を受けていますが、やはり何のために?は大事なんだなって感じたのでまた書かせていただきます。 人は忘れっぽい生き物です。 簡単に目的を見失って、手段になっています。 コミュニティ・スクールを行う時に、 皆さんの自治体のビジョン、理念、これが何も見ずに言えるか?っていうとほとんどの人が分からないはずです。 でも、どこでも同じことで、学校には学校の、市には市の、県には県のビジョンや理念というものが

                                スキ
                                5
                                • ○先生、子どもに対する放置力を磨いていますか?

                                  こんばんは、ソルティーです。 社会教育主事講習にて、またまた面白いことがあったのでシェアをします。 子どもたちにしっかりとした学びを提供しなければ… ちゃんと指導しなければ… カリキュラムをこなさなければ… めあてを決めなければ… といろんな「ねばならない」に縛られている先生は多いはずです。 たしかに一生懸命関わることで子どもたちはいろんなことを覚えることができるようになるし、安心でしょう。 しかし、安心は成長を阻害することもある。 実は子どもたちの世界に安易に踏

                                  スキ
                                  5