塩畑貴志(ソルティー)

縁を紡いで、認め合い、絆を築き、なりたい自分に1%ずつ近づく。そんなカッコいい大人を増やせば子どもの未来が変わる!専門はコミュニティ・スクール。毎日日記更新中!【プロフ】→https://salty.style/ 【教育支援はこちら】→https://t-knit.or.jp/

塩畑貴志(ソルティー)

縁を紡いで、認め合い、絆を築き、なりたい自分に1%ずつ近づく。そんなカッコいい大人を増やせば子どもの未来が変わる!専門はコミュニティ・スクール。毎日日記更新中!【プロフ】→https://salty.style/ 【教育支援はこちら】→https://t-knit.or.jp/

マガジン

  • 自分への気付き

  • ティーチャーズアソシア マガジン

    • 237本

    NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNIT(https://t-knit.or.jp)の正会員さんが書いたコラム集です。 教員支援、地域学校協働、先生の校務負担軽減や、働き方改革、子どもの成長に繋がる、教育に絞ってまとめています。

  • 学校の働き方改革

  • 教育や、学校の気付き

  • ファクトと対話で考える教育

    • 49本

    ファクトと対話で先生を支援する、対話の先生塾が運営するマガジンです。 毎週火曜日の21時から対話会を行なっています。 詳しくはwebサイトから!senseijuku.online

最近の記事

固定された記事

日本の教育界を僕は"洗濯"したい

今日は夢を語らせてもらった。 自分の夢だけでなんと1時間は軽く語れる。 これは昔行ったいばらきドリームプラン・プレゼンテーション(通称:ドリプラ)のおかげだろう。 自分の軸をハッキリさせ、自分の口で言える。 そして、相手に疑似体験をさせてあげられる。 「あぁ、こういうことか」って分かるレベルにまで昇華できているんだと実感できる。 でも、中には【夢】って大事なの?と言われる。 僕は大事だと思う。 夢というよりも【志】が大事。そんな話をしていこうと思う。 志はど

スキ
59
    • 最も美しいのは逆境の中でもあきらめない姿

      こんばんは、ソルティーです。 自分の中で大きな困難がたくさん降り掛かっていると思う時があります。 例えば、今回受託した地域とともにある学校づくり。 配信業者ではないのに、配信に関わることをたくさん考えたりしています。 もちろん、配信に関して知識0というわけではないし、やったことがないわけではない。 でも、やっぱりそれを専門としている業者ではないので、機材は持っていないし、何よりも経験が足りなかったりするのです。 たくさんの不安や、葛藤がある。 でも、そうした不安

      スキ
      2
      • 今日は保育園の運動会でした。 我が子の成長を感じると同時に、運動会という行事にはどのくらい地域の人が混ざっているのか気になってきました。 サービスを受ける側として参加している。 これが学校でやる側として参画するというのはどんなハードルがあるだろうって考える。 職業病w

        スキ
        1
        • できるかできないかは 自分で決める

          こんばんは、ソルティーです。 最近はなんにも考えず、ただただ筆を進めるこのタイプの書き方がnoteでは主流になってきました。 目次もなく見にくいかもしれませんが、ご了承ください。 で、今回は自分で決めるという話です。 多くの人は『迷い』ってものがあります。 っていうか、迷ってばっかりいると思います。 これで良いのかな?っていつも思っている。人間ってそんなもんだと思います。 で、悩んだ時、周りに相談しにいったりして、さらに迷うことになることが多いです。 なぜかと

          スキ
          4

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 自分への気付き
          塩畑貴志(ソルティー)
        • ティーチャーズアソシア マガジン
          塩畑貴志(ソルティー) 他
        • 学校の働き方改革
          塩畑貴志(ソルティー)
        • 教育や、学校の気付き
          塩畑貴志(ソルティー)
        • ファクトと対話で考える教育
          対話の先生塾 他
        • さらに読みやすくした記事
          塩畑貴志(ソルティー)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          楽がしたいと思えば すべてが面倒になる成長したいと思えば すべてが学びになる

          こんばんは、ソルティーです。 現在、僕がやっているT-KNITですが、いろーーんなことをやっています。 それはそれは本当にいろんなことです。 一見、意味あるんですか?ってものもたくさんあります。 でも、それをちゃんとやっています。 楽がしたいと思えば、それをやらなくても良いのですが、そうしないほうが良いと『心に従って』動かしています。だからそれほど疲れないし、やりたいなって思っているので、結構サクサク動くのです。 思えば、マネージャーという役割をやるようになってか

          スキ
          4

          今日もとても良い日だった。新しい人が入るっていうのはとてもおもしろいこと。 また説明会開くので、T-KNITに興味のある人はぜひ!

          スキ
          1

          時代の流れに乗るか 時代の流れになるか

          こんばんは、ソルティーです。 最近は、時代の流れがいろいろとありますね。 僕はいろいろと先走っていることが多いです。 例えば、歌ってみたというジャンルを仲間と一緒に確立させたのがちょうど13年前。 全然、知られてなかった教員支援というものを始めたのが10年前。 その後は、みんながあまり馴染みのなかったフリーランスという流れに入り、 そして、今はコミュニティ・スクールというまだみんなが知らない時期に始めている感じがあります。 どうも、いつも自分はみんなが知った頃に

          スキ
          5

          できそうなことはできてもつまらない。できそうもないことはできたら感動する

          こんばんは、ソルティーです。 人はどのように成長するのか?という話をさせてもらおうと思います。 成長って、なかなか簡単にできないですよね。 というか、最初はぐんぐんレベルアップするはずなんですが、途中から成長を感じづらくなる。 それこそ、ドラゴンクエストとかでスライムを狩ってレベルアップする。 1から2は簡単なのに、10から11はスライムだけでは途方も無い時間がかかってしまう。 それと同じことが人間でも起こったりします。 日々の習慣の中にこそ成長のタネは詰まって

          スキ
          1

          仕事はカーニバル 逆境はアトラクション 困難はエンターテインメント

          こんばんは、ソルティーです。 「オンとオフはどうやって分けていますか?」と言われることがあります。 そうした時、僕は「オンとオフがありません。遊びのような仕事をし、仕事のような遊びをしているからです」と返しました。 僕はずっと前からこんな考えで仕事をしているか?というと、そういうわけではなく、仕事は仕事だと思っていた人です。 でも、そう思っていると辛かった。 つまり仕事している時は義務感で、何事も大変なものだから『我慢』しなくちゃいけなくなるんです。 そこにはまる

          スキ
          9

          地域学校協働本部とは?

          こんばんは、ソルティーです。 今回は地域学校協働本部とは何か?ということについて、お話をしていこうと思います。 よく、学校運営協議会とともに、コミュニティ・スクールで名前が上がってくるのが地域学校協働本部というものです。 これは一体何なのかとわからない方が結構いらっしゃると思っていて、それについて今回は簡単にですが、説明していきたいと思います。 ※後ほど詳しく書き直す予定です。 地域学校協働本部とは?まず、多くの幅広い層の地域住民や、たくさんの団体が地域にはいらっし

          スキ
          4

          当たり前を当たり前じゃなくするためには○○が必要

          こんばんは、ソルティーです。 T-KNITの会員が行っている、『世界一ふざけた夢の叶え方』という会員限定対話会(通称:セカフザ)に参加してきました。 このセカフザは一人15分(と言っても超える場合が多いけど)の持ち時間を好きに使ってよく、自分の悩み事をみんなにじっくり聞いてもらえるという自分だけの時間が与えられます。 ひすいこたろうさんが仲間とともにやっているというのを聞いた会員が、「うちでもやりたい」って始まったのです。 んで、ここでは誰もが権限とかも気にせず話せま

          スキ
          3

          動物は見せるだけで子を育てる

          こんばんは、ソルティーです。 今日は三男が学校を休みました。 というのも、「学校に行きたくない!」と泣いていたからです。 じっくり話を聞くと、「スマホをやっていたい」というもの。 スマホは中毒性が高いなと思いつつも、おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントだったので、渡してしまったのです。 しかし、小学2年生で学校に行くことを悩みはじめた。 これは果たして、三男にとっては良いことか悪いことか…どうするべきかと正直、悩んでいました。 どういう子育てをすると良いの

          スキ
          9

          全国コミュニティ・スクール研究大会 / 地域とともにある学校づくり推進フォーラム2022 in 玖珠のチラシがまかれました

          こんばんは、ソルティーです。 やっといろんな方の協力のおかげで全国コミュニティ・スクール研究大会 / 地域とともにある学校づくり推進フォーラム2022 in 玖珠のチラシが全国に配られました!! ※このイベントでNPO法人教員支援ネットワークT-KNITは総合事務局として活動しています。 今回の舞台最終的にトップ絵は巨大な鯉のぼりの写真に。 めちゃくちゃデカイっすよね(笑) 舞台は玖珠町という場所。 下見で実際に行ってきましたが、自然豊かで…というか、豊かすぎて駅

          スキ
          6

          理想の学校づくりに必要なコミュニケーションとは?黒木教子さんへインタビュー

          こんばんは、ソルティーです。 今回は理想の学校づくりに必要なコミュニケーションということで、日本親子コーチング協会の理事であり、公認心理師である黒木教子さんにインタビューをしました。 学校づくりにはさまざまなコミュニケーションが必要記事を読んでもらえば分かりますが、学校づくりという言葉一つとってもさまざまなコミュニケーションが必要になります。 先生同士だったり、保護者だったり、子どもたちへだったり… なにかしらの隔たりがあり、自分と相手が違うからこそ悩む。 そうした

          スキ
          2

          コミュニティ・スクールって実は全然知られていない

          こんばんは、ソルティーです。 僕的には衝撃…まぁ、そりゃそうかって思うものですが、コミュニティ・スクールはまだまだ全然知られていないんだなって思うのです。 今日はブログの検索について学習する会で、自分がお題を提出したのです。 自分の書いた記事が「コミュニティ・スクール」で1位にくるには? まぁ、本家本元の文部科学省を抜いて1位になるだなんて、そりゃ難しいわけです(笑) ネタとしては面白いかと思って出してみたんですが、その時に言われた言葉が衝撃的。 「そもそもみんな

          スキ
          4

          雨が降るから傘を思いつく、困ることがあると素敵なことが思いつく

          こんばんは、ソルティーです。 大きな台風が近づいてきているようですね。そのせいか、茨城でもたくさんの雨が降りました。 そして、うちの中には雨女さんがいます。 なにか行動を起こそうとすると、途端に雨が降ってきたり、強くなったりします。 もはやネタになっていて、これもまた一つの特徴だなぁって思ったりします。 さて、僕たちは当たり前のように傘を使います。 今では500円払えばそれなりに使える傘が手に入ったりします。 では、昔からあったのでしょうか? いや、昔はなかっ

          スキ
          1