ゲント市民 12歳女子、既往症なし

本日の定例会見場の様子も、それを報道する人々も、やり切れなさを隠さない。

AFP発で日本語の記事も出ていたのを見た。
「ベルギーで12歳の女の子が新型コロナの犠牲に」
AFPはフランスメディアだから、ベルギーの会見もフランス語部分しか(たぶん)聞いちゃいねえし、フランス語話者の担当官がいつになく涙をこらえるように報告していたのも、強く印象に残ったんだろうとは思う。

オランダ語話者の担当官(↑の

もっとみる
励みになります。
2

日本の現状を、ベルギーではどう報じたか?

日本の新型コロナ感染率が急上昇しているのは、オリンピックを通常通り開催、に拘った日本政府が数値操作をしたから?という報道が出た。

朝のラジオ情報番組「De Ochtend」に、ルーヴァンカトリック大学文学部日本学科の教授が電話出演して語った。その内容をフランダース国営放送が文字化した記事がこれ↓

以前書いたように、ベルギーでは午前中のTVには生放送が一切ない。
最新情報はラジオから得る人が圧倒

もっとみる
励みになります。
3

普通こうするだろ、、、ん?

頑張れと同じくらい、できる限り使わないようにしてる言葉「普通」。

サラリーマン時代は、こういう言葉を使ってくる上司や先輩は多くて、正直かなり違和感はあった。

自分は昔から、全く出世に興味なかった。
会社の飲み会なんて大嫌いだったし、上司先輩の誘いなんてよく断っていた。特に二次会、三次会と続くキャバクラはしごが不毛な時間で大嫌い。そんなことに金と時間使うぐらいなら、早く帰って寝たほうがいい。 ギ

もっとみる

ベルギーで感染者ペット猫に陽性反応

>ベルギーの保健当局は27日、ペットの猫が飼い主を通して新型コロナウイルスに感染したと発表しました。猫の感染が確認されたのは世界で初めてです。

 地元メディアなどによりますと、飼い主に新型コロナウイルスの症状が出てから1週間後に、ペットの猫も下痢や嘔吐、呼吸困難の症状を示し、後に感染が確認されました。猫の感染が確認されたのは世界で初めてで、現在、猫は回復に向かっているということです。

 保健当

もっとみる
よろしければシェアもおねがいします。
9

今はそれどころじゃ、でも今決めておかないと

例年の今頃は、サッカーのベルギー国内リーグはプレーオフ開始時期だし、なんならサッカーを上回る?人気競技の自転車も重要レース目白押し、のはずなんだが。

3月13日(金)に所謂ロックダウンが実施され、直後の15日(日)は、サッカー国内リーグのレギュラーシーズン最終戦だったが全てキャンセルされた。
プレーオフ1である上位6位以内に、入れるのか入れないのか、というデッドヒートを繰り広げていたのが、KVメ

もっとみる
読んでくださってありがとうございます。
6

春来たりなば、ピーク遠からじ(?)

所謂ロックダウンが実施された3月13日金曜日からこっち、この、晴れないベルギーが、何の嫌がらせか、ずーーーっと好天続きなのである。

この時期に10日以上連続で雨が降らないなんて、良い意味で異常気象だ。
こんな気持ちの良い週末に、出かけちゃいかんと言われて大人しく家に留まるワケないやんけ!知るかボケ!だった人らが多発したのが先週末だった。

日本の言い方だと「不要不急の外出は控えて」と上の方のヒト

もっとみる
読んでくださってありがとうございます。
7

ベルギーWWOOF体験記。ビールと、夕陽と、ひとりぼっちの匂い

こんにちは、ふきです。

2019年4月~6月の3ヶ月に渡るヨーロッパ旅。
6月の最終週に、無事、日本に帰国いたしました!
あっという間だったなんて言えない。たくさんの笑いとため息と、感動のあった3ヶ月。
この旅での出来事や思ったことを、今後もブログで発信していきたいと思います。

さて今回記事に綴るのは、この旅で5・6軒目となったWWOOF(ウーフ:ファームステイ)体験記。
舞台は、ヨーロッパの

もっとみる
心に響くものがあったら、ぜひシェアお願いします💕🦋
5

むしろ、猫の方こそ災難だったかも

コロナウィルスが猫から見つかった世界初の例、として、遺伝子変異でヒト→動物→ヒト、という最悪の展開の端緒か?!と懸念された件につき詳細が出たので記録しておく。

内容をかいつまむと:

リエージュで確認された世界初の症例。
飼い主は休暇をイタリアで過ごし、帰宅してから自宅の猫が咳をしたり呼吸が困難になっていたので獣医経由で検査、アントワープの機関がコロナウィルスの存在を確認、陽性とされた。猫は9日

もっとみる
励みになります。
13

春の綿毛の雪

ベルギー、ブリュッセルの記憶

春先、街や庭で綿毛が舞い込む時期がある

春先に雪でもないのに綿毛があちこちに積もる

バスを待っている時、一緒にいたのがこの綿毛であったのだ

ネットで調べると、どうやらポプラの綿毛のようである

嬉しいことに、ブログでも同じことを取り上げている人が何人もいる

ヨーロッパの春の風物詩である

綿毛の話は、これからの季節なので、時期を見計らっていた

絵画では、こ

もっとみる

【今まで行った国の印象・第9弾】ベルギー

*こちらは無料マガジンとして【今まで行った国】を紹介するために定期的に発行しています。

ヨーロッパの小国でありながらも多くの観光名所があり、また美食の国とも知られているのがベルギー。

ぼくは2度ベルギーに行った。

鉄道やバスも発達しており、他国へのアクセスも抜群なため、ヨーロッパ旅行でベルギーを組み込む人も多いのではないだろうか。

ベルギー自体はすごく印象が強い国ではないけど、落ち着きと整

もっとみる
スキをありがとうございます!旅好きですか?
72