春来たりなば、ピーク遠からじ(?)

所謂ロックダウンが実施された3月13日金曜日からこっち、この、晴れないベルギーが、何の嫌がらせか、ずーーーっと好天続きなのである。

この時期に10日以上連続で雨が降らないなんて、良い意味で異常気象だ。
こんな気持ちの良い週末に、出かけちゃいかんと言われて大人しく家に留まるワケないやんけ!知るかボケ!だった人らが多発したのが先週末だった。

日本の言い方だと「不要不急の外出は控えて」と上の方のヒト

もっとみる
励みになります。
7

むしろ、猫の方こそ災難だったかも

コロナウィルスが猫から見つかった世界初の例、として、遺伝子変異でヒト→動物→ヒト、という最悪の展開の端緒か?!と懸念された件につき詳細が出たので記録しておく。

内容をかいつまむと:

リエージュで確認された世界初の症例。
飼い主は休暇をイタリアで過ごし、帰宅してから自宅の猫が咳をしたり呼吸が困難になっていたので獣医経由で検査、アントワープの機関がコロナウィルスの存在を確認、陽性とされた。猫は9日

もっとみる
励みになります。
13

救い主よ、その名はLeukine?

コロナ罹患者に有効かも知れない薬、というのの報道が出たので、どこで何の役に立つか分からないから取り急ぎシェアする。何なら拡散ください。

ゲント大学病院では、このLeukineを臨床試験中。有意なデータが取れ次第メディカルジャーナルにも掲載しようし会見だってするだろうな。早くて週明け、とか担当教授が言ってたけど。

Leukineの強いところは、トップ画像に書かれているのの翻訳で言うと、
1 炎症

もっとみる
励みになります。
2

ハムステーレン(hamsteren)という蘭語動詞

パンデミック備忘録、という形ででも記録を残しておこうと思った動機の一つが、この単語と邂逅したことだったんである。直訳すると「ハムスターする」、つまり所謂「パニック買い(買い占め行動)をする」という所作を指す。

オランダ語には、動物を使った結構可愛くも滋味に富む表現が散見し(例:いがらっぽい喉&声を「カエルのど」と言うとか)実に趣深く、それはそれでいつかまとめ記事にしたいと思い続けていたのである。

もっとみる
励みになります。
4

春の綿毛の雪

ベルギー、ブリュッセルの記憶

春先、街や庭で綿毛が舞い込む時期がある

春先に雪でもないのに綿毛があちこちに積もる

バスを待っている時、一緒にいたのがこの綿毛であったのだ

ネットで調べると、どうやらポプラの綿毛のようである

嬉しいことに、ブログでも同じことを取り上げている人が何人もいる

ヨーロッパの春の風物詩である

綿毛の話は、これからの季節なので、時期を見計らっていた

絵画では、こ

もっとみる

【今まで行った国の印象・第9弾】ベルギー

*こちらは無料マガジンとして【今まで行った国】を紹介するために定期的に発行しています。

ヨーロッパの小国でありながらも多くの観光名所があり、また美食の国とも知られているのがベルギー。

ぼくは2度ベルギーに行った。

鉄道やバスも発達しており、他国へのアクセスも抜群なため、ヨーロッパ旅行でベルギーを組み込む人も多いのではないだろうか。

ベルギー自体はすごく印象が強い国ではないけど、落ち着きと整

もっとみる
スキをありがとうございます!旅好きですか?
72

老人ホームがトリアージュの最前線に(!)

助かる見込みのない患者あるいは軽傷の患者よりも、処置を施すことで命を救える患者を優先するというものである。日本では、阪神・淡路大震災以後知られるようになった。

知らなかった…。
そしてこの単語を想起せざるを得なかった本日のニュースの中でも、この「トリアージュ」という表現は出て来なかった。

今朝イチのラジオで、ゲント大学病院のGeriater(老人専門医;和訳も英訳も見つけられない)が訴え、ルー

もっとみる
読んでくださってありがとうございます。
4

今日はあれから4年

2016年3月22日火曜日。ブリュッセル同時多発テロが起こった。

あの日もうらうらと春の陽光注ぐ日だった。私は通訳の仕事で欧州議会にいた。空港の後の2つ目の爆発が起こったのは、メトロ最寄り駅Maalbeek(マールベーク)駅から市中心部へ向かって僅かに出たすぐのところで、欧州議会からは400mほどしか離れていない。テロリストたちは実は、あと一駅中心部に近く、王宮や議会などが集まるArts-Loi

もっとみる
励みになります。
5

パンデミック備忘録@ブリュッセル(続

写真は、観光客があまり来ない買い物エリアであるChausee d'Ixelles / Elsensesteenweg。昨年から、日中はバスと商用車以外は原則乗り入れが出来なくなったホコ天系のチープな商店街である。それがお買い物曜日である土曜日に、この閑散具合である。

かつては猥雑なバス通り(現在もバスは通ってるんだけど)で、週日は納品業者の配送車と路上清掃車と一般車両とバイクとチャリと乳母車とバ

もっとみる
励みになります。
1

パンデミック備忘録@ブリュッセル

ほんとうにこの一週間で、状況が一変した。

在外邦人の常(たぶん)として、地元ニュースよりも手元のスマホでYahooニュースをチェックする頻度の方が高かった。通常ならば。
ところがこの一週間を経ていく中で、不遜ながら「日本は、のどかなもんだ。むしろ大丈夫なのかそんなんで?」という感想に転じていた。自分でも驚いている。

今起こっていることを、自分のための備忘録として書き残す必要は、ずっと意識してい

もっとみる
励みになります。
4