オナ禁25日目 最強の男

倉木麻衣を聴くと高山みなみの声が恋しくなるキンヨクンです。

しーくれっとーぶまーいはーと。

オナ禁25日目。佳境。佳境ってどういう意味でしたっけ?

白いコリコリした漬物でしたっけ?

らっきょう。

最強になりたいなってふと思ったんです。

たとえば会社。

今の職場、みなさんも考えてみてください。

体力で勝負する男。いますよね?

筋肉隆々。マッチョ。週5の筋トレ。

いつもプロテインを

もっとみる

神影鎧装レツオウガ 第六十九話

戻る | 総合目次 | マガジン |

Chapter09 楽園 06

「あーあー」
 一面を塗り潰す薄墨色に、巌《いわお》は盛大な溜息をついた。
 予想以上に早く向こうが馬脚を現したから、というのはある。
 現状が向こうの思惑通りに進んでいるから、というのもある。
 だが今は、焼肉がが幻燈結界《げんとうけっかい》の向こうへ行ってしまったのが何より痛い。
 巌はまだ食べていなかったのだ。
「参っ

もっとみる
ありがとうございます!
4

神影鎧装レツオウガ 第六十八話

戻る | 総合目次 | マガジン | 進む

Chapter09 楽園 05

 辰巳《たつみ》は、絶句した。
「……」
 言葉が出ない。どうしようもなく、グレンの顔に釘付けられてしまう。
 無理もない。色以外、自分とまったく同じ形をした顔が、いきなり現れたとあらば。

 ――想定した事がなかった、と言えば嘘になる。
 二年前。五辻辰巳《いつつじたつみ》を保護したその日から、凪守《なぎもり》はその

もっとみる
ありがとうございます!
2

幕間:学び舎の会話/ドーンフラウ学院

―精霊邂逅歴3260年7月10日―
―フェンデリオル国中東部、中央首都オルレア――
―学術施設区画、国立中央アカデミア『ドーンフラウ学院』――

 そこはフェンデリオルの最高学府。
 現在のフェンデリオルが建国されてからすぐに基礎となる上級学校が開設され、それが220年の長きに渡り拡大されてゆき現在の巨大な学び舎へと発展した――
 中央首都オルレアの南西部郊外に位置し、ドーンフラウの市街区画の大半

もっとみる
ありがとうございます! よろしければコメントもお願いします
1

第2話:傭兵の街/カルネアデスの舟板

私はドルスのところへと歩み寄り語り始める。
 
「ドルスさん、はっきりとお伝えする事があります」

 ドルスが静かに顔を上げる。私はそれを見据えながら続ける。
 
「軍人も傭兵も、仲間と連帯し共に助け合いながら勝利することを目指します。だが同時に、自分だけが最後まで生き残ることも目指さなければならない。それはひどく矛盾しています。でも戦場に立つのなら誰もがその矛盾を飲み込むしか無い」

 言葉は場

もっとみる
ありがとうございます! よろしければコメントもお願いします
1

KING OF KINGS 2019現場レポート 3

去年2018シーズンのレポート
2019レポートその1
2019レポートその2

明確なアンサーが聞こえないまま「ストーリー」を持っている強さで勝ち上がるRAWAXXXと、実力と勢いを持ち込んで勝ち上がってきたAuthority。準決勝での盛り上がりを見る限り、観客の期待感は圧倒的にRAWAXXX側にある。

15、RAWAXXX vs AUTHORITY - O.N.O
決勝のビートは毎回大物な

もっとみる

KING OF KINGS 2019現場レポート 2

ベスト16までのレポート1はこちら

ベスト16を終えて、一番盛り上がったのが審査員達のフリースタイルだったという現状は、興行側としては切実に考えなくてはいけないと思う。大量生産されるラップバトルの問題点は「飽き」なので。

準々決勝

9,SAM vs AUTHORITY - 呼煙魔
ビートメイカーの名前が出てここまで会場が上がるのが呼煙魔。バトルのしやすいビートもわかっている感じ。
SAMの「

もっとみる

KING OF KINGS 2019現場レポート

昨年書いたレポートが結構好評を各所でいただき、いと有り難し。現場に行くか最後まで迷ったが、今年も観戦したのでレポート。

迷った理由。参加MCのラインナップに面白い大会になる予感があまりしなかった。その予感は、ちょっと外れてちょっと当たった。

参加MC

ACE - 東日本予選
HARDY - KOK U-22 WEST & 口喧嘩祭
Randy Wati Sati - KOK U-22 EAS

もっとみる

第2話:傭兵の街/二つ名『旋風のルスト』

その次の瞬間だ。
 
「おおおおっ!!」
「お見事!!」

 沸き起こったのは満場の歓声だった。拍手が乱打され、称賛が飛び交う。
 それは同時に私が自分の思いを貫き通した瞬間でもあったのだ。
 体が熱い、全身から流れるような汗が溢れている。総身に込められた力は一気に抜けて、心地よい疲労感が私を襲っていた。
 大きく深呼吸をする――、息を吐きだし体の力を解いた時、ようやくに私は周囲の状況に気づいた。

もっとみる
ありがとうございます! よろしければコメントもお願いします
2