ありがとうございます!励みになります!

優しいファンタジー。

これは、きっと、去年のクリスマスシーズンに書いたやつだよ。

はい、本文。

いろんなもんが透けて見えてしまう時代だからさ、きっと、僕らのこどもの時より、今のこどもたちの方がいろいろ見えてる気がするんだ。見えてしまっている気がする。良くない意味で。

だいぶ前に、特撮ものの何かをテレビで見ている時に、娘が普通に「これ、誰が中に入ってはんの?」って聞いてきた。

はっ!として、お~い、バレてるよーっ

もっとみる

絵本『こわがりうさぎホッペル』

最近、右手の親指の付け根から内側の肘にかけて痛みがある。
なんとなく違和感でよく触ったりマッサージしてケアするようになったんだけど原因が分からない。

スマホ触りすぎか?とも思ったけど、極端に多い方ではないし…

だけど今日保育してる中でふと気づいた。

たぶん“絵本読みすぎ”もっと言えば
“読み聞かせしすぎ”だ
(最近は“読み語り”ともいう)

・・・

「先生、『こわがりうさぎホッペル』読んで

もっとみる
うれしい!
6

気がついたら〜176〜

ラウ「前に別の部隊の女性がアカリに意地悪しようとしたのをルトが見ててな、空中に結界で閉じ込めて氷の刃を突きつけて2時間放置したからな。(笑)」   ラウ・拓斗以外「怖っ!」                         拓斗「それがあってその女はルトを見るようになると逃げるようになった(笑)」ラウ「ルトはアカリと苅里が傷付くと分かると攻撃的になるからな〜!同じ部隊でも自分より俺たちの方が強いの分

もっとみる
ありがとうとうございます!励みになります

ダーク #1

黒い夜、月の上に何か黒い黒い影が見えるが、屋上にいるサラリーマンとOLの2人は気づいてもいない。高い高いビルの中間部は雲のような霧がかかっており、雪が降っている。そのさらに上にいる2人からは下界がほぼ見えず、まるで天空の世界にいるような錯覚に陥る。
「やめてくれ。」
 タカシは懇願した。嫌だ。仲間が、友人が死ぬのなんて嫌だ。ただ虚しくタカシの同僚でOLの山口は柵の向こうに背を向けて立っている。もう

もっとみる

gift #1

赤い口紅を可愛くあしらった女がティンクの頭をなでている。目を細めながらティンクは思う。人間のなんと年を取ることが遅いかということを。もうあなたを追い上げた。ティンク、7歳の誕生日のことであった。犬と人間の違いを垣間見た瞬間だった。

 ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン、
 お家達がゆっくり線路の緩やかなカーブに沿って、走っている。角度が変わると窓から見えていた向こう側のゴールであるホームが段々と

もっとみる

第十章 龍鬼の異変1

優人達が仲間入りを果たした翌日。邪神を倒すためにはどうすれば良いのかの作戦会議が行われていた。

「邪神がいる場所は斗真が地図に書き記してくれた。この迷いの森の奥地にいるのは間違いないだろう」

「だとするとそこに近づくにつれて奴も何かしらしでかしてくるかもしれねえな」

「今までだって荒魂達を使って神子の旅を妨害してきたんだ。近くにきたと知れば蓄えた力を使って何かしらしてくる可能性はあるな」

もっとみる
帽子屋「おや、有難うございます」
1

連載 #夢で見た中二物語 22

異国の地から世界一美しいと言われている水の都にやってきた、世界を股に掛けるシーフ(盗賊)の少女。

集団に属さない一匹狼で、見た目からは想像の出来ない素早さとナイフさばき、力強さと運の良さを持つ。

これまで様々な地で宝物を手に入れ、自分の出身地である貧しい地域の人々に夢と希望と救いを与えてきた。



少女がこの町にやってきた理由はただ一つ、この地に眠るといわれている古の宝物を見つけ出す事。

もっとみる
スキありがとうございます (^_^)ゞ
4