コリビング

ADDressは「泊まり放題」ではなく、「住み放題」のサービスです。

多拠点コリビングサービス「ADDress」は、新しいライフスタイルを提供するサービスとして、定住でも所有でもない生活を提案しています。

ADDress物件は2020年10月14日現在、全国92拠点に展開中です。そのうちホテルやゲストハウスなど宿泊施設連携拠点は46拠点とちょうど約半分となっていますが、いずれの拠点にも「家守(やもり)」がいます。

ADDressは短期的で一時的な観光目的の宿泊と

もっとみる
わたしも好きです😍
25

定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビングサービス「ADDress」の株式会社アドレスがシリーズBで資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報
調達額:-

ラウンド:シリーズB

募集方式:第三者割当増資(一部資本業務提携)

調達先:株式会社丸井グループ(資本業務提携先)
    プラスソーシャルインベストメント株式会社
    ちばぎんキャピタル株式会社

調達年月:2020年10月

企業情報
企業名:株式会社アドレス

住所:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatac

もっとみる
トップページ「ランキング」より、調達額ランキングがご確認いただけます〇
5

コワーキングスペース開放日

コワーキングスペース開放日

ゲストハウス大淀の1階、応接室をコワーキングスペースとして開放します!

日時
8月30日(日)10時〜17時

料金
1日1000円

設備
速度早めのポケットWi-Fi
フリードリンク、共用キッチン、トイレ
エアコン

・パソコン作業したい
・集中して作業したい
・Wi-Fiを使いたい
・カフェで作業するのは気が引ける
・ゲストハウス大淀に入ってみたい
・地域おこ

もっとみる

シェアする暮らしのカオスマップ

2019年1月の無印良品のウェル洋光台の記事「多世代シェアハウスが体現する豊かな暮らし(前編)(後編)」では、現在のシェアハウスをめぐる状況について、思いがけず突っ込んだ質問をされて、水回りという観点から、私の見えている景色をすこし述べさせていただいた。

当日のインタビューではきちんと述べきれなかったこともいろいろあったが、ちょうどその後、大家の学校でシェアする暮らし場をこれから作ろうとされてい

もっとみる
スキ、ありがとうございます!

旅をしなくても楽しめる|【会社員向け】 HafHの使い方。

みなさん、こんにちは。

HafHを運営する、株式会社KubuK Styleで働いている小浦悠(こうら はるか)と申します。

3月に大学を卒業し、新卒でHafHに入社し、会社員となりました。

大学生のころから、HafHの運営には関わっていましたが、正式に入社してからは、仕事の領域も増え、充実した日々を送っています。

4月は、五島列島にあるThe Pierを運営していましたが、5月からは、東京

もっとみる

【ADDress家守インタビュー】 他のだれかを自分のことのように思えるように「vol.03:習志野A邸 家守 江藤 元彦さん」

全国にあるADDressの家には、ADDressの会員と地域の人々やお店との交流の架け橋となる『家守(やもり)』がいます。ADDressの家での暮らしがより充実したものなるために必要な『家守』という存在。バラエティ豊かに集まった会員の方々はもちろんですが、家守にもまた、さまざまな職業や経験、ライフスタイル、想いなどを持ったユニークな人たちがいます。

このコーナーでは、全国に広がるADDressの

もっとみる
好きになってくれてありがとう❤️
33

不動産業は、ひととまちを繋ぐ仕事。

大学2年生の頃、退屈でたまらなかった不動産会社のインターンシップ。

半年間、週一で通い続けたけど、本当に退屈だった。全くやりがいを感じなかった。

その時『今後一生関わることはないだろうなぁ』と感じた不動産のお仕事に、今携わっています。

(ちゃんとやりがいを持って出来ています!)

あの時感じた違和感の正体が今分かりました。

住んだこともない物件やまちをおすすめするという、言葉で騙しているよ

もっとみる

ADDress2年目/佐別当 隆志

今日は自分の43歳の誕生日で休日ということもあり、この1年の振り返りとこれからについて書いてみました。コロナ禍で移動制限もある中、4月1日にはひっそりと1周年を迎えました。非常事態宣言もあり、対策の実施にも追われながらも、宣言解除を見越して新規拠点は増やし続け、ありがたいことに新規会員数も右肩上がり、伸び率も上がってきています。

【分散型の共同体ネットワーク】

この1年、構想が次々と現実化し、

もっとみる
わたしも好きです😍
29

「多拠点生活」について語ろう

この数年間、片時も私の頭から離れない、何としても形にしたいと追究を続けているもの、それは「多拠点生活」というライフスタイル。ノマドやアドレスホッパーという言葉が世間に浸透し、多拠点と言うと放浪生活をイメージされがちかもしれないが、それとは少し違う。

1.わたしの「多拠点生活」のかたち

わたしが目指す「多拠点生活」は、
①自分が幸せ!モチベーションがあがる!と思う場所
②縁のある人たちとのコミュ

もっとみる
Thank you so much !
15