天才デザイナーが、ついに沈黙を破る。映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』自身の言葉でつづるドキュメンタリー、9月17日(金)日本公開決定

天才デザイナーが、ついに沈黙を破る。映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』自身の言葉でつづるドキュメンタリー、9月17日(金)日本公開決定

アップリンク配給作品、映画『Martin Margiela: In His Own Words』の邦題を『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』として9月17日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて、全国順次公開することが決定いたしました。 常に時代の美的価値に挑戦し、服の概念を解体し続けたデザイナー、マルタン・マルジェラ。キャリアを通して一切公の場に姿を現さず、あらゆる取材や撮影を断り続け、その

86
フィッシュマンズの思い出『LONG SEASON』と送別会

フィッシュマンズの思い出『LONG SEASON』と送別会

フィッシュマンズのステージは、これまでに3度生で観た。 1度目は1997年、大阪城野外音楽堂でのステージ。 確かラジオ局のイベントで、彼らはふてぶてしく登場した後、『LONG SEASON』1曲だけ演奏して去って行った。 2度目は2015年、泉大津フェニックスOTODAMAでのステージ。 ボーカルは当然ながら佐藤伸治ではなく欣ちゃん。他にも誰かが歌ってた気がする。 3度目は2016年、ZEPPなんばでの単独ステージ。 運良く2階席が取れて、じっくり座って観れた。でも途中で眠っ

1
【アップリンク閉館!!】時代と廻る渋谷ミニシアター小史 ①

【アップリンク閉館!!】時代と廻る渋谷ミニシアター小史 ①

アップリンク渋谷が閉館した。それと、変動する渋谷……。 BOX東中野(現ポレポレ東中野)元代表・代島治彦は以下のようなことを綴っていた。 深い内省のための空間は現代人の生活には滅多に存在しない。ミニシアターの’’あの暗闇’’は、現代人が瞑想にふけることができる貴重な空間である。客室の照明が消え、闇が訪れると、そこはひとまず「世間」から隔離される。やがて光と影の見世物がはじまり、見物人はしばし「世間」を忘れる。———『ミニシアター巡礼』(2011) いつでも私たちは深く内

127
アップリンク渋谷の閉館によせて

アップリンク渋谷の閉館によせて

ミニシアターの草分け・アップリンク渋谷が、本日(2021/5/20)付で閉館。筆者の20代を底支えしてくれていた映画館だ。 2018年の年末、アップリンク吉祥寺がオープンしてからは利便性もあってすっかり吉祥寺びいきになって、渋谷からは遠のいていた。そこへ来て2020年春からのコロナ禍と、機を同じくして明るみになったパワハラ問題。気づけば会員の有効期限もとっくに切れ、渋谷を訪れるのはかれこれ3年ぶりだろうか。長年の感謝と惜別の念をこめて、最後にもう一度、訪ねた。 20代の頃

1
映画『アンガー・ミー』 ケネス・アンガーを知らない私でも面白かったこと。

映画『アンガー・ミー』 ケネス・アンガーを知らない私でも面白かったこと。

今回は、稀世の映像詩人と呼ばれる実験映像作家「ケネス・アンガー」へのインタビューをまとめた作品『アンガー・ミー』をご紹介します。 アンガー・ミー |原題:Anger Me|2006年|カナダ| 監督: エリオ・ジェルミーニ 映画館のアップリンクが運営している配信サイト・UPLINK・Cloudにて 独占オンライン上映中! ケネス・アンガーはどんな人? アメリカの伝説的な「実験映画作家」 1940年代から活動しています。 40年代は戦後のアメリカで実験映画の公開が盛んに

7
渋谷アップリンク閉鎖が我らに問いかけること

渋谷アップリンク閉鎖が我らに問いかけること

前回の随筆から、2週間経過してしまった。 絶望のミルフィーユ(絶望と絶望に挟まれる状態)で すごく何も書きたくなかった。 小さな絶望が蓄積すると、1つの大きな絶望よりもダメージがでかい。 何をするにも身が入らない。 アップリンク渋谷が、約四半世紀の歴史に幕を閉じ、閉鎖する。 facebookのフィードで見つけてしまった瞬間、動悸がした。 絶望的哀しみに暮れた。 だからSNSって嫌い。 フィードには知りたくないことばかり書いてある。 映画.comとかのニュースで知る方がまだマ

1
映画館に行かない人の気持ちが分かった~アップリンク渋谷の閉館から思うこと~

映画館に行かない人の気持ちが分かった~アップリンク渋谷の閉館から思うこと~

お久しぶりです。 久々の更新。 ここ最近、人生史上最も大変という日々を過ごし、note離れが起こってしまいましたが、少し落ち着いたので、また自分のペースで書いていきたいです。 唐突なテーマでもありますが、自分自身、大の映画好きで、年間ものすごい回数、映画館に足を運ぶ人間です。 そんな映画好きな自分が、映画を見る暇もない日常を体感してみて感じたことを書いてみます。 サブスクリプションサービスの台頭これがあるかなあと思いました。 多忙な中でも映画を観ようとして、映画館

4
ミッドサマー(映画イラスト)

ミッドサマー(映画イラスト)

37
ミニシアターの『アップリンク渋谷』が閉館する。

過去に何度も足を運んだ思い出の場所だ。ここで黒沢清監督の『アカルイミライ』を観た記憶があるんだけど思い出せない。

観るキッカケになったのは、社会学者・宮台真司さんの著書『絶望・断念・福音・映画ー「社会」から「世界」への架け橋』。

ミニシアターの『アップリンク渋谷』が閉館する。 過去に何度も足を運んだ思い出の場所だ。ここで黒沢清監督の『アカルイミライ』を観た記憶があるんだけど思い出せない。 観るキッカケになったのは、社会学者・宮台真司さんの著書『絶望・断念・福音・映画ー「社会」から「世界」への架け橋』。

9
最近ではパワハラ問題などもあったが、何度も通った映画館だけに、この知らせはただただショック。
そして、今度の緊急事態宣言に対しての映画業界への影響も懸念してしまう。。

最近ではパワハラ問題などもあったが、何度も通った映画館だけに、この知らせはただただショック。 そして、今度の緊急事態宣言に対しての映画業界への影響も懸念してしまう。。

11