密やかに

取り留めもなく、思い付くままに、書き捨てて、聞き流し、目を逸らす。 読む事に比べたら、書くという事は、とても容易い事だと思う。 でも、書くのも、やっぱり難しかった。
固定された記事

noteの"すき"って、いいね、とか、読んだよ、って意味もあるけど、大半は、こっちに見に来て、って意思表示なんだと最近分かって、それ以来、押すのが怖くなっちゃった。
でも、お薦めに上がってくるnoteは、やっぱり好いものが多いから、結局、臆面もなく押してしまう。
ごめんなさい。

映画:ダ・ヴィンチは誰に微笑む

サスペンス映画だと思ってスルーしていたら、限りなくドキュメンタリー映画らしかったので、興味が沸いて観に行って来た。 どこまで、真実に肉薄した映画だったのかは、正…

正しく見るためにはバイアスが要る

日本人は茶色いのに紅葉なんて言ったりする。 それは、青信号が実際には緑色なのと一緒の事だろう、と思っていたから、紅葉って本当に紅色や黄色なんだよ、と教えて貰った…

捨てられた空き缶の様なもの

詰まらない日記を時々書いている。 そして、こうして野晒しする。 時には、人目にもつく様だ。 駅のトイレに置き去りに捨てられた空き缶に、ふと、目がいく様な感じだろ…

映画『MINAMATA』

この映画の美しさの8割は、青木柚が担っている、そんな気がした。 毎年、NHKが製作する大河ドラマに対して、史実に反している、という抗議の声は一定数あるそうだ。 それ…

展覧:響きあう魂

作家が本質的に不幸なのは、文学であれ、音楽であれ、美術であれ、描き得ないものを何とか具現化したい、という根源的な野望がある為で、そこには自ずから無理があり、不自…