◎百足の草鞋/高速!東西怪獣誕生祭編

みなみ会館がお休み中でも、ミニシアター、シネコンをうろついていた2018年秋。11月には恒例ゴジラ誕生祭、なのですがもちろん京都会場はお休み。そこで、東京会場のお手伝いへ。

ハイエースに荷物とスタッフがのっていざ東京。11月2日の夜は毎年恒例のゴジラ誕生祭。今年は京都みなみ会館がお休みなので同時開催はままならず、東京へ。今回は運転手等のお手伝い。

 今回の上映作品は『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジ

もっとみる
よろしければシェアもお願いします
2

みんながマスクをつければ満席でも大丈夫⁈   宮沢孝幸・京大准教授に聞く、コロナ時代の映画館の安全と安心

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、各地で映画館が再開しています。

ウイルス学の専門家・宮沢孝幸京大准教授は、ウイルスの量を「マスク」と「こまめな手洗い」によって削減することで感染を防ぐ「1/100作戦」を提唱されています。

また、「そもそも映画館はローリスクなので営業自粛は不要だった」「みんながマスクをつけるなどの対策を取れば、映画館は満席でも大丈夫」とも主張されています。

もっとみる

映画館で見ている「自分」とシンクロする『ニューシネマパラダイス』は希望でしかない

『ニューシネマパラダイス』は間違いなく映画館で観るべき映画だ。
映画館で観るべき映画といえば最近では『カメラを止めるな』が思い浮かぶ。
『カメラを止めるな』は人が多く入ってる賑やかな映画館で観るべき映画だ。

でも『ニューシネばパラダイス』を観るのは賑やかな映画館でも、静かな映画館でもどちらでもいい。
最新式の巨大なシネコンでも、歴史のある小さな単館でもいい。
条件は映画館であること、それだけだ。

もっとみる
ありがとうございます!
11

キャッチミーイフユーキャンから見るマズローの五段階欲求の正しさ

キャッチミーイフユーキャンという映画をご存知でしょうか。

実在した詐欺師が書いた著書を映画化したものなんです。
もし見てない方はAmazonプライムビデオで見れるので見て欲しいんですが。

今日はその主人公から見るマズローの五段階欲求の話がしたくて。

主人公は詐欺師として完璧に何でもこなすのでお金は無限にあります、しかも職業まで騙ります。パイロット、医者、弁護士のように狭き門の職業のフリをして

もっとみる
スーパーウルトラハイパーエレクトリックレア
22

スティング

監督、ジョージ・ロイ・ヒル。
主演、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード。
音楽は、スコット・ジョプリンの「ザ・エンターティナー」。

ある男性が、路上で強盗の現場を目撃する。
黒人の男性がナイフで足を刺され、大金が入った財布を盗まれる。
が、通りすがりの男が犯人の足に鞄を投げつけ撃退した。
男性は強盗が落とした財布を拾った。

「警察を呼ぼう」
「やめてくれ!」

通りすがりの男が警察を

もっとみる
(。・_・)♪
43

下り階段で脚ガクガクなってこけそうなる

ええ天気すぎるなぁ

やっぱ冬より夏やなぁ

朝スッと起きれるもん

ジムには朝と夕方2回行きます

朝はストレッチとかをメインにして

有酸素運動を30~45分

夕方は思いっきり筋トレ

コロナ以前は起きたら寒かったから

朝の習慣がちょい辛いとこあったけど

今日はめちゃくちゃ気持ちよく起きれた

ただコロナの影響で

シャワーが使えん様になってるのが痛い

朝シャン目当てってとこもあったの

もっとみる
おやすみなさい

◎百足の草鞋/玉砕!京阪暴風映画旅編

ようやく2018年の9月、早く追いつかないと。この月はみなみ会館休館後初の京都怪獣談話室&ババジラジオ。と、その前に新世界東映に。いつもなら任侠&やくざ映画の常設館なのですが、それ以外の東映プログラムピクチャーもぼつぼつと上映してくれるので、見たいものが増えてきたのです。その日の2本立ては……。

 『散歩する霊柩車』は、二年前の京都みなみ会館、怪奇映画祭ナイトで上映された幻の『怪談せむし男』と同

もっとみる
よろしければシェアもお願いします
4

映画館の広告営業マンが紹介!「数字で見る“映画鑑賞料金“の実態」

こんにちわ。映画館で広告営業マンをしているyk(ワイケー)と申します。

前回投稿したnoteは、【映画館の広告営業マンが紹介!「数字でみる“今”の映画館」】という事で“日本の映画館の数”や“年間の動員数”など日本の映画館の現状を具体的な数字をもとにご紹介させていただきました。

そして、なんと… ありがたいことに、、、
過去note(1投稿平均)の2倍近いPVをいただきました。

ありがとうござ

もっとみる
シンプルにめちゃくちゃ嬉しい!
5

映画館でレイトショーの映画が見たい

コロナでいろんなものを自粛していた。
旅は確実にまだまだ自粛しないといけないし、
夜中まで飲みに行くというのはもちろん、
外食もまだ少し自粛中。
中でも、地味だけど、
確実に私の普通の日常生活で
自粛を余儀なくされて圧倒的な痛手を負ったのが
「映画館に行けない」ということだ。

映画は、持っているDVDや
Amazonプライム、Huluでいっぱい見れる。
普段あまり見ない邦画作品や
何度も見たお気

もっとみる
サンキューです!
18