マガジンのカバー画像

#Goalist Design

440
運営しているクリエイター

記事一覧

好きなものは好きでいいと教えてくれた推し映画

好きなものは好きでいいと教えてくれた推し映画

こんにちは、塩です。今回は自身の人生を振り返ってみて、たくさんの勇気と背中を押してもらった推し映画たちをエピソードを交えて紹介します。

はじめに昔は本当の自分を隠して、周りの目を気にして過ごしてばかりいた筆者が、もっと自分の好きなことを主張していいんだと思えるようになったのは実は映画の影響が大きいです。この世にはたくさんの推し作品で溢れていますが、その中から特に影響を受けた作品を抜粋していきます

もっとみる
参考になる!推しデザインサイト

参考になる!推しデザインサイト

こんにちは、塩です。
今回は私がよく見ている参考サイトを一部紹介しようと思います。
これは余談になりますが、紹介する前に、1つのページから複数ページの情報を更新順にまとめて簡単にチェックできるFeedlyというRSSリーダーツールを共有させてください!リサーチなどに大変便利です。

オウンドメディア系Goodpatch Blog

こちらのサイトはGoodpatchが運営されているブログです。

もっとみる
進化するAIに自己価値感を見出すために「人間」と「AI」の共存について思考する。

進化するAIに自己価値感を見出すために「人間」と「AI」の共存について思考する。

はじめにこれは最近の話でもないですが、ここしばらくずっと考えていたのは、AIに使われる側ではなく、AIを使いこなす側になりたいということでした。近年さらに注目され、社会に浸透しつつあるAI技術ですが、日常に取り入れることへの賛否両論はあったものの、AIの進化をあえて作品のテーマ性としたものもちらほら見かけます。例えば「アイの歌を聴かせて」では、吉浦康裕監督が得意とする「AI」と「人間」の関係をハー

もっとみる
このアートは知られるべき:Pop-art (Part2)

このアートは知られるべき:Pop-art (Part2)

はい〜!!みなさん〜こんにちは〜👋👋👋
また会いました!!
お元気ですか。🙆‍♂️
今日は前回の引き継ぎで、「Pop-art」についてお話しましょう。

Part1ではPop-artが生まれた歴史についてでしたが、今回は、Pop-artから生まれたアートと他の分野に与えた影響についてご紹介します。練習の内容も含めていますので、是非最後までお読みくださいませ〜
さて、さっそく入りましょう!!

もっとみる
私は『生きてていい理由』が欲しかったのかもしれない。

私は『生きてていい理由』が欲しかったのかもしれない。

サブタイトル『無能だと思っていた私が新卒MVPをとった話』

ごきげんよう。美大です。ちょっと重めのタイトルでびっくりした方いらっしゃるかもしれません。タイトルと内容で風邪引くんちゃうかってくらい元気に語っていきますのでご安心ください😀

自己評価が低く、自己分析ができない。ネガティブすぎてむしろポジティブでお馴染みの私、この度『新卒MVP』という大変恐れ多い賞をいただきました。まじ今でも夢では

もっとみる
デザインに大活躍!個人的推しプラグイン

デザインに大活躍!個人的推しプラグイン

こんにちは、塩です。
今回はfigmaで使える便利なプラグインを紹介します。

デザインプラグイン円グラフ

円グラフはもちろん、インフォグラフィックを作成する時も便利です。

グラスモーフィズム

グラスモーフィズムとは、半透明の要素を使って、すりガラスのような質感を表現するデザインのことです。透明感があり涼しげな印象を与えることができます。背景をぼかせるため、動画や複雑な画像の上に使用すること

もっとみる
デザインルールを『フル無視』してデザインしよう!

デザインルールを『フル無視』してデザインしよう!

ごきげんよう。美大です。
デザトレファシリテーター会で行った『デザインルールフル無視デザイン大会(?)』のレポをお送りします。

概要その名の通り、新卒研修で教わった色彩やレイアウトのルールを全て無視してデザインをするというワークです。

デザインの四原則とは・・・↓

色彩に関するルールについて↓

実践テーマ

『新メニューのご飯をPRする画像を作る』というテーマでデザインしてもらいました

もっとみる
UIデザインプロセス

UIデザインプロセス

今日は私の過去の「デザトレ!」について共有したいと思います。今回は「クリエイティブプロセス」と「UIデザインプロセス」の2つのトピックに分けて記事にしました。では、詳細を見ていきましょう。 皆さんもこの中から有益な情報を見つけていただけると嬉しいです。

クリエイティブプロセス

「私に木を切らせてくれ、最初の4時間は斧を研ぐことに使わせてくれ。」― アブラハム・リンカーンの有名な言葉の一つが、ど

もっとみる
自分の価値観についてゆるく自己分析してみた

自分の価値観についてゆるく自己分析してみた

ごきげんよう。美大です。
今回は以前デザトレに参加した際に行ったバリューズカードというゲームで出た自身の価値観についてお話ししたいと思います。

バリューズカードって?最初に5枚カードが配られたあと、山札から一枚ずつ引いていき取捨選択しながら価値観カードを整理していくゲームです。
詳しい遊び方は公式サイトをご覧ください↓↓↓

私の手元に残った手札さて、わたくしの手元に残ったカードはというと・・

もっとみる
このアートは知られるべき:Pop-art (Part1)

このアートは知られるべき:Pop-art (Part1)

こんにちは!!みんな〜
はちにんこ!なんみ!!(上の逆ですwww)
ゴーリストのデザイナー「ティエン」と申します〜。
いつもご応援いただき、誠にありがとうございます〜。

さて、毎日いいデザインを作っていまっか。
今日がみんなの作品に役に立つテーマをご紹介します。
それは「Pop-art」です。
さっそくいきましょう!!!🏃🏼‍♂️🏃🏽‍♀️

I. なぜ生まれた1. 名前の由来

詳しく

もっとみる
映像作品の名シーンを色で分析する

映像作品の名シーンを色で分析する

こんにちは、塩です。今回は映像作品をピックアップし、シーン内で使用されているカラーの色彩効果について分析するデザトレを行いました。

映像から読み取る色のこだわりMVや映画はアーティストや監督のこだわりや特徴が顕著にあらわれるため、映像作品としての良いところであり、最大の魅力であるといえます。

色の効果を印象的に見せる

映画『博士と彼女のセオリー』では、光の演出が美しく、実話を元に描かれるシー

もっとみる
デザイン読書ログ#2 「ストーリーマッピングをはじめよう」 | 塩 | note

デザイン読書ログ#2 「ストーリーマッピングをはじめよう」 | 塩 | note

こんにちは、塩です。今回はUXについての理解を深めたいと思い「ストーリーマッピングをはじめよう」という書籍を読書ログにまとめようと思います。

第1章ストーリーマッピング

人間がストーリーの枠組み(顧客を主人公に変換するための公式)を認識するには、ストーリーの基本構造が必要。それがなければ物事を理解することは難しい。ストーリーには以下、5つのメリットがある。

第2章ストーリーの仕組み

ストー

もっとみる
求人ボックスのUI分析をしてみた

求人ボックスのUI分析をしてみた

こんにちは。
デザイナーのasatoです。

自分の勉強かつ備忘録として、今回は求人ボックスのブラウザ版(スマートフォン)のデザイン分析を行おうと思います。
※会社情報などはプライバシーの問題からモザイクをかけて隠しています。

トップ画面

トップ画面に遷移すると画面下部にアプリ版の広告が表示されました。
最近の求人サイトは目立つ箇所にアプリの宣伝を載せる傾向があるなと感じます。

こうやって引

もっとみる
InDesignと戦った話💥

InDesignと戦った話💥

どうも!デザイナーの酒うさぎです。
実は8月末から10月頭にかけて、初体験業務に全力投球しておりましたので、今回は短いですがそのお話をしようと思います。
もうタイトルに書いちゃってるんですけどね!

初めてのInDesign🔰社内で冊子制作を担当することになり、ページ数が50p以上あること・インタビュー記事をいくつも掲載するため文字量が多いことから、InDesignを使用することになりました。

もっとみる