書評

71

塩崎恭久(2020)『「真に」子どもにやさしい国をめざして』未来叢書

児童虐待防止のため、児童福祉法の抜本改正を成し遂げた国会議員の物語。政治と行政の関係性の一つの理想的で象徴的な記録として、そして我が国の子ども達のための戦いの参考書として価値の大きい一冊。

「子ども」という、票にも金にもならない政策分野は、俗な活動家や政治家には見向きもされず社会変革の駆動力に欠ける状態が続いてきた。それが児童虐待死事件や少子化を生みだし、我が国社会は危機的状況にある。いま一人で

もっとみる
スキです!
1

ハンス・ロスリング他(2018)=上杉周作・関美和訳(2019)『ファクトフルネス:10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』日経BP社

一般的な教養層から絶大な評価を得ている本書。要約するならば、世界の実態は多くの人々(特に先進国教養層)が考えている以上に日々改善しており、我々は本能的な思い込みを乗り越え、現代人としてデータを基に行動すべきだというもの。

少し分厚いものの、本書全体を通して主張は上記の要約から逸することはない。立ち止まり考えること、前提を疑うこと、謙虚に世界と自分自身に向き合うこと。一見すると当たり前の教訓を、懇

もっとみる
スキです!
1

中田永一(2013)『くちびるに歌を』小学館文庫

長崎県五島列島の中学合唱部を舞台にした青春小説。大会に向けた日々という定番のシナリオでありつつも、発達障害やリベンジポルノといった現代の課題を織り交ぜた課題図書にしたい一冊。

傍論になるが、「くちびる」という体の部位について。映画『さよならくちびる』とも通ずるが、歌を題材にした作品で印象的に使われるくちびるという言葉にどこか聖なる感覚を抱いてしまう。すべての音がそこから始まり、拡がっていく。気持

もっとみる
スキです!
2

仁藤夢乃(2014)『女子高生の裏社会:「関係性の貧困」に生きる少女たち』光文社

2013年に警察の補導対象となり、一時世間の話題をさらったJK産業。その内情を当事者である女子高生たちのインタビューから構成した一冊。その子なりの悩みに向き合ってくれる大人のいない青少年たちの状況を「関係性の貧困」と呼び、日本では風俗関連産業が表社会よりもむしろ居場所を提供する仮面的な社会福祉を担ってしまっている現実を指弾する。

表のスカウト、やってみませんか?未だに生活困窮者へのアプローチは裏

もっとみる
スキです!
2

若林恵編(2019)『次世代ガバメント:小さくて大きい政府の作り方』黒鳥社

行政府のデジタルトランスフォーメーションを説く一冊。配給制からオーダーメイド制への変革を求める。ほかに印象深いのは、計画の実現にはゴールとなる理想像をはっきりと示すことで国民の理解を得る必要があるとするところ。

本書を読んでも未だぼんやりしているのは、グローバル化の結果によって多様性がもたらされ市民の行政需要も多様化しているという前提について、分かるんだけどまだ誰も証明していない気がしてしまうと

もっとみる
スキです!
3

凪良ゆう(2019)『流浪の月』東京創元社

2020年、本屋大賞受賞作。間違いのない傑作でした。社会というものを構成する周囲の人間たちの、どうしようにも拭えない「偏見」を描きます。しかしここの偏見は、決して汚いものではなく、正しく清らかなものであることがどうにももどかしく、世界のありのままの姿を私たちは見させられます。

いま知らず知らずのうちにあなたが思い考えることは、果たして本当に目の前の誰かを救っていますか。「せっかくの善意」は、受け

もっとみる
スキです!

窪美澄(2019)『やめるときも、すこやかなるときも』集英社文庫

きっと誰にでもある、人間としての生身の部分。その核心に、幸運にして触れられた誰かとのかけがえのない関係。もちろん決して打算や利己心がないわけじゃないけど、それでも二つの矢印がうまくかみ合ったという奇跡。

そして、もう一つ深く考えるのは、家庭環境のこころや性格を規定する力の強さ。児童虐待の家庭で育つ子どもの発するひかり、異なる生活基盤で育まれた他者の存在への想像力。大きい光、小さい光、様々な光源が

もっとみる
スキです!

見田宗介(2018)『現代社会はどこに向かうのか:高原の見晴らしを切り開くこと』岩波新書

地球という惑星の有限性に突き当たった人類は、未知の存在しない世界で現下の幸福を感じられるような生き方に転換していく。今を犠牲にした経済成長ではなく、今そのものを幸せとして感じられることが新たな局面での生き方だと説く一冊。一端の社会学者の置き手紙になる論考と捉えた。

議論自体は「脱成長」を唱える生物学と社会学の連合体に属する方々の変わらぬ持論であるが、非常に端的に分かりやすくまとまっている。しかし

もっとみる
スキです!
1

燃え殻(2018)『ボクたちはみんな大人になれなかった』新潮文庫

果てしない名作。人間である以上、避けては通れない、そして大きく乗り越えることも小さくあしらうことも出来ない、自分そのものとして等身大の気持ちで向き合わなければならない唯一のもの、人間関係。

誰かを愛しいと思ったり、親しいと思ったりする気持ちの、不可侵性。時の移ろいにも、誰かの悪意にも、全く揺らぐことのない感情。それを持ち続けている僕らはみんな大人になれず正しさのなかを生きている。尊いほどに。

スキです!
1

大久保真紀(2018)『ルポ 児童相談所』朝日新書

罪のない人間が、こんなにも不条理な環境で生きなければならないということに義憤を感じるのは人間の正しい感情の働きであるはずなので、早急な対応を心から求めたいと思います。

そしてさらに言えば、日本は「ケアする人」への待遇が信じられないくらい悪すぎます。社会全体を俯瞰してみたときの給与・報酬の分配の現在の在り方にメスを入れなければこの国の将来は全く無いと言わざるを得ません。

スキです!
1