不完全なもの同士が補い合えるとは限らない

僕には安定を求める気なんて全然なくて、自分が社会不適合者だと自覚してるから就職活動なんかしたこともなかった。

安定を求める人たちを、心のどこかできっとバカにもしてた。普通じゃイヤで、自分の人生は特別なストーリーに彩られていなくちゃいけないはずだった。
今アルバイトをしてるのも這い上がるまでのストーリーのひとつとして、逆に成功したときに下積み時代として物語に箔がつくつもりでいた。

いっこうに

もっとみる
ありがとうございます!
1

あなたはあなた

おはようございます(^^)
 
あなたと神様を繋ぐ
神々の通訳者 ベガです。
 
昨夜テレビをつけたら
プロ野球選手になった青年に
脳腫瘍が発覚、手術、リハビリを経て
復帰したものの後遺症の影響で
24歳で引退した話をやっていました。
  
見ていて感じたのは
子供は親が思う以上に親のことを
見ている、だからこそ
『引退』という決断を自分で
決めることは勇気のいること
だったろうなと思いました。

もっとみる

狩猟本能のオス
身ごもる本能のメス

男性と女性で、恋愛のスタートライン、スタートダッシュが違うのは

これが理由

落葉

ミルが初めて僕に話しかけてきたとき、それがポルトガル語だとわからなかった。露骨に困った顔をしたらミルも困った顔をしてきた。彼女はグーグルの翻訳機能でポルトガル語を英語に直した。

僕は池の周りを歩いていた。池の周りの木々は紅葉しており中にはすでに散って池の水面に浮いているものもあった。それらは風が吹くとくるくると回りながら移動しやがてある箇所に溜まって腐るのであった。僕は腐った落葉をつま先で蹴るな

もっとみる
Twitterもやってるよ!!
27

明日、会えなくなった

日曜、会う約束をした。

月曜、美容院を予約した。

火曜、お菓子を控えた。

水曜、映画が見たいなと言ってみた。

木曜、撮った写真を見返した。

金曜、お気に入りのネイルを塗った。

土曜、明日、会えなくなったと言われた。

日曜、次はいつにする?ってまた聞いた。

のんちゃ

『神出鬼没! オナニー小僧に気をつけろ』共犯者 森若悦子&早紀 4-4

一体、この母娘は何を考えているのか。
いくら娘が彼氏とのSEXで「入らない」という悩みを抱えていたとしても、母親が自ら目の前で実践するなんて聞いたことがない。
それも目の前にいるのはオナニー小僧と名乗る中学1年生の少年である。
そんな少年の前で、母娘は揃って、手を太腿の下から回し、脚を抱えるように持ち上げる格好になっていたという。
私はあくまで難解な事件を追う硬派なルポライターであり、下町の古本屋

もっとみる

魂の半身を見つけよう

本当の愛とは、物質的執着を離れたものである。

自由恋愛を謳歌する時代になって、婚前交渉に抵抗が無くなり、今や出来ちゃった婚も珍しくなくなった。そして至るところで男女は離合集散を繰り返し、それでもまだ本当の愛を探してるという。

残念ながら僕にはこんな恋愛はインチキにしか思えない。

そもそも自分は恋という心理をさほど美化していない。それは往々にして自分に都合の良い理想を相手に投影しているからだ。

もっとみる

永遠の瞬間

いつも見えなくなるまで見送ってくれてありがとう。

いつ会えなくなるかわからないから、
バイバイする時は今生の別れのようにドラマティック。
っていうほどでもないが、別れ際の喧嘩はなるべくしたくない。

いつも最悪な事を想定していて、
事故に遭って話せなくなったらどうする?
会えなくなったらどうする?
0.1秒でも、そんな事が頭を過ぎると一生離れたくないのである。

重すぎる愛。
永遠の瞬間♾

また逢える

これから長旅をするであろう、高速バス達が並ぶバスステーション。
 まだ十代の彼女は、少し色が褪せたハンカチを片手に、もう片手は彼の手を繋ぎながら、名残惜しそうにゆっくりとそこへ向かっていた。

 『01番』が彼女が乗るバスの停車場。彼と出逢ってから、幾度と同じバスに乗った気がする。
 そのバスには良い想い出がない、と彼女は思った。それに乗るということは、彼の手を離すということでもあり、また彼の居な

もっとみる