とある一人の男が占い師になるまで #2 ~信用金庫職員編~

いよいよ社会人デビューが迫ってきた入社式前夜、僅かな期待と大きな不安を胸に抱き、様々な思いを巡らせながら、一人の男が眠りにつく。
そして翌朝…。
この男にとって、まるで地獄のような新人研修が始まる事になる…。

..............................................................................................

もっとみる
ありがとうございます😆🎵
12

【カサンドラ】 5.溶涙

ある朝自宅に戻り支度をしていると、いつもは昼まで寝ている母親が起きてきた。
襖を開けっ放しにした私の部屋の前に立って、険しい表情を見せている。

「おはよう」
私は母の顔から目を離し、無表情で一言言い放って、化粧を始めた。

すると母親が低い声で「あんた毎日どこ行ってるの」と重く言葉を投げた。
いつか聞かれると思っていたその問いかけに一瞬ヒヤッとしたけれど
至って冷静に「彼氏ん家」と答えた。

もっとみる
サンクスモニカァ~♡
2

【カサンドラ】  4.踊心

私は3部屋しかない古い木造の平屋に両親と同居していた。
小学校の4年生になった時に与えてもらったわずか4畳の自室の仕切りは、ドアではなく襖。
庭に面した壁に嵌まる、木枠で囲われたすりガラスの窓は、
2枚の穴を合わせ棒状のネジをくるくると捻じ込んで鍵を閉める。
家の中では、テレビの音どころか小さなくしゃみや咳まで丸聞こえなので、
男と電話をする時は外に出た。

吸いかけの煙草をふかしながら、左耳に携

もっとみる
サンクスモニカァ~♡
1

序章(仮)

父(実家)のところに戻ることにしたんだ。

お正月にがんが発覚した。具合が悪いと聞いていたが、もともと大病をしたことがなかったから、私自身ピンと来てはいなかった。

わたしは昔から住みたいと思っていた鎌倉湘南あたりでの生活を始めたばかりだった。1年ちょっとが過ぎた。(離婚後)

戻るかどうかをかなり迷った。
手放すダイスキな土地での生活と、子どもたちのこと。

どうせ忘れてしまうよ、という人もいる

もっとみる

天気は晴れ、心は雨

2020年2月23日、よく晴れた日曜日の朝のことである。この日はカープの公式戦入場券の抽選券の配布日であった。カープの公式ホームページには事前に「感染症対策のために2m間隔でジグザグに並んでください」「口や鼻を抑える『咳エチケット』にご協力ください」と注意喚起がされており、また、前夜から並ぼうとする不埒者は警備員が帰していた。それでも、合計して約5万人もの人が集まり、午前9時から抽選券を配る予定だ

もっとみる
スキありがとうございます♡
7

【カサンドラ】 3.横浜-2

ガクが自分の車を出して、助手席にいた金髪男と千恵を乗せ
私の家まで迎えに来た。
”着いたー”という、O型の千恵らしいメールを受け取り外に出ると
自宅からの細い路地を出た川沿いの通りに、木目ラインの入った白いマークⅡのバンが停まっている。
ほぼ純正の仕様で乗っているようだが、
車内にはココナッツのカーフレグランスが香り、おおらかで芯のあるチャカ・カーンの歌声が響いている。

ガクは「こんばんわ~」と

もっとみる
サンクスモニカァ~♡
1

【カサンドラ】 2.1995-横浜-1

緩い弧を描き、指先から長く三角形に尖ったスカルプチュア。
透明から淡いブルーになるグラデーションをベースに、ヤシの木のネイルシールを選び、
弧に沿わせて貼り付けてから、トップコートを被せる。
いくつものシルバーリングを嵌め、綺麗に装飾された鋭利な指先で細い煙草を挟むと
この世の全ての男の心を操れるような自信が沸いてくる。
煙草を挟んだ指を揃え、両手の甲を上に向けてその華々しさに見惚れていると
けた

もっとみる
サンクスモニカァ~♡
4

自分語り日記4

私は中学校に上がった

あらたくんも違う家に移り高校生集団も卒園の時期で反社会組織に仲間入りしたのか知らんが施設から居なくなっていった。

私は嬉しくなった

自分に害するものが居なくなって嬉しかった

本当に嬉しくて部屋で1人嬉し泣きしていた

だが、不登校ではあったので中学3年間は漆の家で過ごしていた、ほとんどの時間は本を読んだり職員と話したり依存症になったタバコを吸っていたりした

そん

もっとみる

自分語り日記3

いじめの内容は酷かった

首を絞められたり、頭にマヨネーズをかけられたり、鎖骨を骨折させられたり、ぶん殴られたり、お風呂で溺れさせようとしてきたり

散々だった

正直、刺殺したいくらい殺意が芽生えていたのを覚えている

そして、その悪さをする子供集団の上にはそれを支配する高校生の集団がいた

そちらもタチが悪く私には直接的な被害はなかったが反社会組織とか変わっていたり、タバコ、酒、職員に対する暴

もっとみる

自分語り日記2

こうして私は、晴れて児童養護施設という所で暮らすことになった

その施設は児童がいっぱいいて男の子しかいない不思議なところだった

漆の家(仮名)という10人くらいが住んでいる大きな家でひとつの部屋を与えてもらった

そのお家ではみんな仲良くて職員や寮長の人も人柄が良く楽しそうな雰囲気だった

初めましてと寮長さんに話しかけられ恐る恐る、話をしていく

「なにか好きな物とかある?」

「...かみ

もっとみる