Noe

生まれながらにしくじってるパンク中年。 ゆるく終活中。遺書、もとい、今までの人生について色々綴る。コメントやシェア、大歓迎です。 よろしければこちらもよろしくお願いいたします。 https://twitter.com/opium_703

Noe

生まれながらにしくじってるパンク中年。 ゆるく終活中。遺書、もとい、今までの人生について色々綴る。コメントやシェア、大歓迎です。 よろしければこちらもよろしくお願いいたします。 https://twitter.com/opium_703

マガジン

  • 雷雨の翌日にわたしは生まれた

    波瀾万丈の私の半生を綴った手記。不定期連載。写真は私の誕生花、ニゲラ。花言葉は「とまどい」「夢の中で会いましょう」「不屈の精神」。

  • 闘病記、或いは病みの記録と困った人たちのこと

    精神的な病、身体的な病、恐怖症、アダルトチルドレンの嘆き、毒吐き、各種ハラスメントの経験談、考察等を綴っています。

  • SAUDADE

    【過去の記事の選り抜きも含みます】私の人生で印象に残った人々......旅先の名も知れぬ人、学校の先生、友達、妙な人、一期一会の出会い等、忘れえぬ人々についての話を色々集めました。

  • Noemiaの軌跡、あるいは遺書

    軽い自己紹介から、重い自己紹介、自分が経験したこと、考えてきたこと、思ったこと、自伝的なもの、アイデンティティに関わるあれやこれの話を掲載予定。

  • ボルサリーノにタンゴパンプス―私の性的指向、ナルシシズム

    中年になって自分の性自認等、性の問題について悩むとは思わなかったことと、若い頃から感じていた自身のナルシシズムについて。恋愛の話や、露骨な描写はないものの性的なものが含まれますのでご注意ください。

    • 雷雨の翌日にわたしは生まれた

    • 闘病記、或いは病みの記録と困った人たちのこと

    • SAUDADE

    • Noemiaの軌跡、あるいは遺書

    • ボルサリーノにタンゴパンプス―私の性的指向、ナルシシズム

    • すべてのマガジンを表示

最近の記事

  • 固定された記事

【初めから最後までお読みください】このnoteについて

・こちらのnoteは、プロフィールにもございますように私の人生の記録、遺書です。そのため基本的には「ご意見無用」です。私のこれまでの人生について書くということはある意味命がけです。死人に口なしは嫌だとの思いから出来るだけ早いうちに書きたいことを書き終えるつもりでいます。私の文章、内容を気に入らないという人たちがいるであろうことも含みおきです。いくらあなたと私の考えが違っても、執拗に議論を吹っかけてきたり、ハラスメントのネタにはなさらないでください。いくら懇意にしている方や身近

スキ
74
    • 雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<104>

      My name is…… いつものように残業を断って定時退勤したけれど、今日はいつもとは違う。私はこれから見知らぬ世界に足を踏み入れ、その住人の末端になるのだ。 母にはディスコでバイトをするとウソをついた。喫茶店やレストランで働くと言えばあの人は電話を掛けたり訪ねて来たりしかねないだろうから。 地下鉄を降りて店に向かう途中、am/pmに寄って夕飯を買った。コーヒー牛乳とチキンドリア。我が家には電子レンジすらなかったのでこういったものを食べる機会は滅多になく、妙な新鮮さが

      スキ
      4
      • 雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<103>

        汚れつちまつた悲しみ 今度こそ後には引けない。何度も何度もめくった求人誌は既にボロになっていた。夜の商売のことは右も左も上も下も分からないが行くしか、やるしかない。奨学金を返したあかつきには念願の一人暮らしをしよう。どんな部屋がいいかな、出来るだけ広い部屋がいい。古かろうが少々汚かろうが構わない。この6畳一間と狭い台所のオンボロけやき荘よりひどい部屋なんてそうそうないだろう。自分だけの部屋があればそれでいい。 意を決して「新規オープンにつき女の子大募集中!誰にでも出来る簡

        スキ
        4
        • 雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<102>

          I need 夜のアルバイトをすると腹をくくったつもりだったが、やはり二の足を踏んでしまって最初の店に面接に行ってからはしばらくは探すのを中断して仲間とクラブ遊びを続けていた。 「お水とかも大変じゃん?だってさ、日本人のおっさんの相手しなきゃいけないじゃん。なに話すのよ、日本人と」 「そーだよ。そもそもさぁ、こんなメイクや髪型じゃウケねぇべ。日本人はロリコンが多いんだから。どうするよ。ミホがセーラー服着ると思うと超ウケる~」 「着ねぇよ。それだけはマジ勘弁」 「けどさ、すっ

          スキ
          6

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 雷雨の翌日にわたしは生まれた
          Noe
        • 闘病記、或いは病みの記録と困った人たちのこと
          Noe
        • SAUDADE
          Noe
        • Noemiaの軌跡、あるいは遺書
          Noe
        • ボルサリーノにタンゴパンプス―私の性的指向、ナルシシズム
          Noe
        • 私がゴミをあさるわけー強迫性障害のこと
          Noe

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<101>

          プライド 高収入の求人誌をめくってみた。周りには誰一人そんなアルバイトをしている人はいなかったし、全くの未知の世界だ。ああ、そういえば母は妹が生まれる前にはキャバレーやスナックで働いていたっけ。あんな人と一緒にされたくはないが結果的に同じ道を歩むことになってしまう。母や妹に感づかれずに夜の商売をするにはどうしたらいいだろうか?この6畳一間でバレずに済むのだろうか。 一体いくらくらい稼げるのだろうか。仕事についていけるだろうか。第一、雇ってもらえるのだろうか?面接ではなにを

          スキ
          5

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<100>

          Wake up call 横須賀にいる米兵の多くは当然、船乗りなので、そういう男をボーイフレンドにしたならば数か月単位で会えないことがあった。仲間の中には男を律儀に待つ子、船がいない間もクラブやバーで遊ぶ子など色々いたが狭い世界なので誰々の女が他でも遊んでいるという噂はすぐに回った。 最後に私が交際した米兵、ロブとは今でも営業している山下町の大きなライブハウス、ベイホールで出会った。ホールで踊っていると 「君、アリーヤに似てるね」と話し掛けてきたのが始まりで、なんとなく付

          スキ
          7

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<99>

          Poetic Justice クラブ遊びをしているうちに、彼氏らしき男が数人出来た。マリオ、ランディ、ロブ。あとは誰がいただろうか。彼ら含め、米兵の多くには共通点があった。父親不在でマザーコンプレックス、シスターコンプレックスを抱えていたのだ。ロクでもない父親に育てられたり、物心ついた時に父親がいない男の多くはどうなるか?父性というものが身に付かず、男というのはこうあるべきだという歪んだ像を持ってしまい、極端に力を誇示するか、当時はハラスメントという言葉はなかったように思う

          スキ
          8

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<98>

          Newport 安月給の仕事、次々に事件が起こる家。かりそめではあるがある程度の自由を得た私にこの2つ以外にもう一つだけ、現実の世界が加わった。 なんとなく勝手も分からずにクラブ通いをしているうちになんとなく仲間が出来た。大学生、アルバイト、無職の子たち。みんな年齢は私と同じくらい。黒人の米兵と彼ら目当ての女性が集まる六本木や山下町のクラブ、そして横須賀基地と周辺が私たちの庭だった。 友達はほとんどが母子家庭で父親不在だったが、大企業勤めで厳格な父親に「黒んぼなんかと付

          スキ
          5

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<97>

          Why don't you kill yourself? 父のご機嫌窺いに、2週にいっぺんくらい仕事帰りに父のアパートに行くことになってしまった。いつもこういう役目は妹ではなく私であった。その度に散々父に愚痴を聞かされ、妹と3人で一緒に住もうと持ち掛けられた。けやき荘に戻ると母が不機嫌そうに父の様子はどうだったかと尋ねてくるのはまだいい方で、虫の居所が悪いとお前はお父さんと一緒に住め、早く出て行けと暴れ出すのでたまったものではなかった。 父の勤めていた工場はバブル崩壊のあ

          スキ
          5

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<96>

          ヨハネスブルク 母と妹と三人暮らしをしてどのくらい経った頃だろうか。しばらくは前のようには暴れていなかった母が機嫌を損ねて大騒ぎをしたので妹と私は父のアパートに駆け込んだ。あくまで一時避難のつもりで父とそのまま住もうとは考えていなかったのだが、母は子供たちにも逃げられた可哀想な母親を演じ、その日のうちに狂言自殺を図った。 「死にたい」という言葉は人を操るためではなく、本当にSOSを出している場合もあるのは承知だが、いつも母は「死にたい」と言っては私を大層困らせた。明らかに

          スキ
          17

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<95>

          バカ娘 ジャムサンドを無理やり口に押し込み、職場へと30分歩いて向かう。家を出る午前8時前後、それは私にとってまるで執行を待つ死刑囚のような気分になる時間帯であった。今日は来るか、今日も来るかと......。 「行ってくる」と家を出ようとすると、母がわざとらしく項垂れる。そして一瞬顔を上げあの不気味な不自然な笑顔で「頑張って行って来てね......」と口は言い、なにがあったか訊いてくれと全身で訴えている。 また茶番が始まった。金の要求だ。 無視して会社に行こうとしたり「ま

          スキ
          5

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<94>

          光の海 大きな駅の前の広場。私はなにをするでもなくボーっとベンチだかコンクリートの上だかに座っていた。結局掛け持ちのアルバイトや就職先が見つからず、バイトをしていた職場の社員になった。父が家を出てからはかなり自由が得られたけれどもそこはあの母だ。上司に電話をして 「娘の様子を毎日知らせてください」などと頼んだそうだ。上司は迷惑そうな顔をして 「お母さん、なんかおかしかったけれど......」と知らせてきた。ああ、仕事帰りに私は何故こんな場所でボーっと行きかう人を見ているのだ

          スキ
          8

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<93>

          autonomy 父がオンボロアパートから出て行った。 どうしてそうなったかもよくは覚えていない。けれど私が生まれてから19年間、母は父と喧嘩する度に 「出て行け!」と喚いたもののずっと一緒にいた夫婦がとうとう別々に暮らすことになった、それが全てだった。 母はまさか父が本当に出て行くとは思っていなかっただろう。母がなにをしても父は耐えていたから、否、見て見ぬふりを続けていたから。 こうして始まった母と妹と私の三人暮らし。ああ、やっと布団を一人一枚使える。思春期過ぎても男

          スキ
          9

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<92>

          墜落 学費未納のまま2か月が過ぎようとしている頃、とうとう 「学費を納入しなければ前期の試験の受験資格はない」という便りが学校から届いた。母は平然と 「なんとかするって」と繰り返していたがこの頃になると例の気味の悪い表情で私の様子を窺うだけになっていた。父はなにも知らずに私が普通に学校へ通っていると思っていたはずだ。私は学校を退学になるという無情な現実よりなにより、父が事態を知ったら一体なにがどうなってしまうのかと思うと恐ろしくてたまらなくなった。かといって百万単位のお金を

          スキ
          8

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<91>

          pretty vacant ひとはあまりに衝撃的な出来事が起きるとその詳細を覚えていないというのは本当だろうか。いや、18年生きてきて鮮明に覚えていることなど色々あった。そら、母の心中ごっこに付き合わされて防空壕で無理やり食べさせられたレモンケーキの味も、いじめっこにランドセルを背負った背中を思い切り蹴られて地面に倒れこんだ痛みもよく思い出せるじゃないか。けれど...... あの数日間のことは本当に本当に覚えていない、ここからは憶測になる。来年度の学費を払おうと銀行に行っ

          スキ
          9

          雷雨の翌日にわたしは生まれた(仮)<90>

          Boredom どうでもいい男、レイと出会いすぐに終わった夏は遠い昔の出来事となり、講義とバイト、自宅学習の毎日。そして相変わらず家では惨状が続いていたが、それより私はつまらなかった、退屈で仕方がないことに苛立ちを覚えていた。一心不乱に勉学に励むことで紛らわそうとしたが、どうも上手いこと感情を整理できずにモヤモヤが募るばかりだった。 私がそんな焦燥感に駆られていた頃、阪神淡路大震災が起きた。 あれは震災の当日か翌日の午後だった。例のアメリカ行きのプログラムで同じグループ

          スキ
          12