柴犬総理の誕生秘話

柴犬総理は、置き去りにされ捨てられてしまい動物管理センターに連行され亡くなった柴犬がデジタルの世界に蘇り、今の腐り切った世の中を変えていく為に活動しています。

ペットは所詮動物であり代わりはいる。という意識が強いのか捨てられてしまう動物の多さに怒っている。

また、多くの問題に関わる内に日本は何故変われないのか。その事についても分かってきました。少数派が声を上げても何も意味が無い、皆で協力しあい

もっとみる
良ければフォローとシェアよろしくお願いします
6

子ども宅食の全国展開を実現する!長島昭久議員との意見交換会のイベントレポート

PoliPoliでは気になった政策があれば、その政策を投稿している政治家さんに会いに行くことができます。

政治家さんと直接政策について話せる機会とあって過去の参加者の方からもご好評をいただいている機能です。

この記事では6月26日に行われた衆議院第二議員会館にて行われた長島昭久衆議院議員(自由民主党)の意見交換会の様子をお伝えします。

今回の意見交換会のテーマ

今回の意見交換会のテーマは長

もっとみる
励みになります🙃
1

小池百合子の闇?

少々前の記事では御座いますが。。。

小池百合子騒動

卒業証書の提出を断固拒否

小池百合子東京都知事が、新型コロナウイルス対策の1兆円で再選を買ったも同然だと批判を浴びている。

しかし、そもそも、この人は都知事をやる資格があるのだろうか? かねてから指摘されている、学歴詐称疑惑と有印私文書偽造・同行使の疑惑は払しょくされるどころか、ますます深まっている。

小池氏は、カイロ大学を卒業したと言

もっとみる
スキ、いただきありがとうございます!

女優 長澤まさみに学ぶ

先日、長澤まさみさんがインタビューで

【楽して高みにはいられない】

【自分が憧れる場所に居たい】

というメッセージを残していました。

特別新しい言葉ではないけれど、

その言葉が彼女を象徴しているように感じました。

私はテレビを基本的に見ませんし、映画もほぼ見ないんだけど、同世代で活躍している彼女を尊敬します。

同世代なのに20年、その仕事をしているとは。

エンターテイメント業界は、

もっとみる
フォローも…して…ほしいなぁ…
2

日常以外に本番なんてない。

今回はスピリチュアル寄りの話になります。そこの視点から、私が今の2トップの政治家に対して不思議に思っている事をお話しします。

日々仕事をしていると、誰にでも疲れたり嫌だな〜と感じる事があるかと思います。そうすると本題がつい疎かになって、脱線がメインとなってしまったりしますよね。ですが、緊急事態宣言下の自粛要請期間で、自然と真実に気付いてしまった人も多いのではないかと思っています。

仕事に面白み

もっとみる
ありがとうございます!!
2

「どう生きたいか、どう死にたいか議論しよう」

大西つねきさんの講演3回いきました

その中でつねきさんが毎回言っていた言葉

「一番大切なのは個人の心の自由」 

僕は、つねきさんの言葉で

勇気づけられ、ワクワクしました

お金に縛られず

本当に価値のあることは何か

いつも考えさせられました

今回「命の選別」が必要という「失言」で注目されました

「命の選別」は絶対いけない、ということは簡単です

しかし、今後医療崩壊した場合はどうし

もっとみる

小池百合子都知事が日本初の女性総理大臣になる可能性<その3>

こんばんは。今日もお疲れ様です。

同じタイトルでの投稿、これで3度目になります。

1回目は今年2020年5月21日。まだ学歴詐称の件がそれほど大騒ぎになってなかった頃です。

世間では、安倍政権の後継者指名というか争いというか、安倍晋三自民党総裁の後継者が誰になるかが最近また議論が始まってますね。

ふさわしいかどうかは全く置いておいて、誰が自民党総裁の座を奪うために最も効果的に動けるかを考え

もっとみる
スキありがとうございます。嬉しいです。
1

【老害】おじさんに「井の中の蛙」か?テストを実施したら?

本当に、日本はおじさんが
多いなあ。多過ぎるなあ。
日経新聞を見てると、有名企業で
新しく社長や役員になった人の
顔写真が出ています。
たいていは、おじさん。
若い人も、女性もまだまだ少ない。

政治家は更にひどい。
50才、60才はザラ。
市民感覚もないそんなおじさんが
日本を活気よく回せるはずがない。

私みたいな無力なおじさんは
まあ、まだましなんです(笑)。
困るのは、力を持ったおじさん。

もっとみる
嬉しいです!
18

子どもの職業の選択の自由は?大西つねき氏の発言より思うこと

大西つねき氏の、高齢者問題への発言の件で思ったことを、書いてみる。

「命の選別」という言葉が、優勢思想につながりかねない、という人もいるけど、それは誰もが年を取るので、また違う問題と言っている人がいて、そうだと思う。ただ、そこから導く結論がちょっと私は違うかもしれない。

みんなが年を取るという事は、これからの、人口バランスの問題に直結します。そこが、ハンディキャップの人の介助や介護をどうするか

もっとみる

元国会議員秘書が解説する、嫌疑がかけられた国会議員は何故、辞職しないのか? 意外と奥が深い??

古今昨今、国会議員を中心として、何らかの疑惑・嫌疑をかけられることが多い政治家ですが、進んで自ら、その職を辞して、責任を取る人はあまり多くありません。

 私の知るところでは、最近の事例では、昨年、兵庫県明石市長のパワハラめいた職員への発言が(発言のすべてを聞くと、決してパワハラとは言えませんでしたが。。。)、ワイドショーで取り上げられ、その責任をとって、辞職し、その辞職に伴う出直し市長選挙で、当

もっとみる
大変、励みになります!応援よろしくお願いします
11