生きとし生けるものpart4

さて、またもや動物のなんでやの?特集でいこうとおもてます。結構興味深い話もありますので、読んで下さいねーー!

★ダチョウ

皆さんよくご存知のダチョウです。
このダチョウはほんと速いんですね、走るの。
時速70キロ、30分以上走れます。何故こんなに速いのか?それは、
一歩が、3mで、歩幅がほんと広い!

あの脚の膝に見える所が、実は足首です。で、足首に見える所が、つま先の関節です。

抜群に筋肉

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます

「不思議な薬箱を開く時」

こんにちは、
「不思議な薬箱を開く時」です。
薬に、副作用は付き物です。
なかなか、障りのある症状が出たりしますね。
自然薬であっても、副作用はあります。
毒と薬は、表裏一体なのです。
過ぎれば毒。
何事も、程よく、丁度良いが一番です。
では、今日も、お薬箱を開けてみましょう。

お薬番号・41

「尻尾が生えてくる薬」

はい、仰りたいことはよくわかります。
そうですよね。
尻尾を生やして、いっ

もっとみる
ありがとうございます、とても感謝です。
2

寝てる時にみる方の夢の話

あなたは寝てる時、夢を見る?その夢を覚えている?どのくらいの頻度で見る?
私は、小さい頃から毎日のように夢を見ている。色んな夢。夢によって現実での気持ちも不安になったり、楽しくなったり、反対に現実での気持ち次第で夢が怖かったり、楽しくなったり。
夢って、大人になるにつれ、精神が安定していき見る機会が少なるものだと言われている。しかしながら、レム睡眠ノンレム睡眠のような浅い眠り深い眠りこれを人間は寝

もっとみる

調子に乗ったら嫌われた…

ある日…変容の段階が1つ進んだので進むたびに周波数領域が変更するから…確認の為、一度あげてみようとベットの上で周波数を上げはじめた。

そもそも周波数をあげてゆくこと自体が私にとったら遊びのような感覚で楽しくて仕方ない。
ワクワクしかないので気づいたら歯がカタカタいうところまで上がってしまうこともある…。

少し前から上がっていく領域が急激に変化したので相方の美瑚さんのワンドをエネルギーワークや何

もっとみる

不思議の国のアリス症候群

アリスシンドローム

とも呼ばれている?不思議な現象。

"知覚された外界のものの大きさや自分の体の大きさが通常とは異なって感じられることを主症状とし、様々な主観的なイメージの変容を引き起こす症候群である。"

Wikipediaより。

経験したことない人にとっては

なんのこっちゃな症状。

この現象にこんな名前があった事を知ったのは大人になってから。

自分が小人になったような、見える景色が

もっとみる

ノロマな僕の成長日記5/25

おはようございます!!

今日は僕の誕生日ですので今まで助けてくれた森羅万象や、先先先祖にも感謝しようと思う小川です!!

今までの人生が一瞬で過ぎ去ったので、きっと楽しい時間だったのかも!

KOTONA店長小川へのご相談、ご予約▼
https://linktr.ee/Ken.1287

カット +コンサルティング 前売り券▼
https://positiveking.base.shop/

ありがとうございます!!
8

花闇

小さな村の外れにある、まるでその地を見守るような桜の木は、身を大きく捩った太い幹をしていた。一度、落雷に引き裂かれたというが、それでも枯れることはなく、二股の大きな木となって、村を見下ろす。枝は薄紅色に染まり始め、あともう少しもすればこぼれんばかりの花を咲かせるに違いない。枝をよく見れば、小さく固い蕾が時を待っていた。
 夕闇の迫る頃、その木の根元で一人の女童が声を押し殺して泣いていた。派手な紅色

もっとみる

地球の不思議

今でこそ地球が丸い事はみんな知っているけど昔はそんな事考えられなかった!でも・・

・地球は丸いと分かったのは500年前だが

それ以前では地球が丸いと信じられてはいなかった

それでも2200年前にギリシャの人々は

航海していた船が港に帰ってくるのを見て疑問を抱いていた

なんと水平線からマストが先に見えて

少しずつ船が上がっているように見えるではないか

この事からギリシャの人々は

地球

もっとみる

頭の中の声

わたしは記憶力が悪い。

1年前の出来事も、それが1年前の出来事なのか、数年前の出来事なのかわからないことも多いし、

印象的な出来事も、誰かに言われるまで思い出せない、思い出すのに時間がかかるという有様。

けど、子どもの頃の「なんで?」な記憶は割と覚えている。

いちばんの記憶は

頭の中の声。

声に出していないはずなのに、

どこからか声が聞こえてくる。

誰にも言っちゃいけない秘密のこと

もっとみる

喫茶店の女将(おかみ)がいうその彼とは

「あなたの上司かなと思うんだけど、長髪でメガネをかけてシュッとした男性がさっきまでいらしてたんだけど知ってる?」

喫茶店の女将はこう切り出した。

---
私はデザイン事務所で働いている。この喫茶店は常連で、3日に1日くらいのペースで通っている。
女将が気になることを言っていて、ここ数日そのことをずっと考えているのだ。

---

16時頃、仕事が一区切りついて、女将にランチありますかと電話した

もっとみる
ありがとうございます!!😊
3