子育て、産前産後、夫婦関係、日々について

15
記事

無痛分娩・計画分娩で2人の出産をした話

先月、2回目の出産を経験した。1人目の出産時も、今回も計画・無痛分娩を選択したので、その理由や病院の選択理由などを書いておこうと思う。

無痛分娩を選んだわけ

まず無痛分娩を選択したのは、出産の痛みが単純にこわかったし、そもそも無痛という選択肢があるのに痛みにたえる必要性を感じなかったからだ。
アメリカやヨーロッパの一部の国々では、無痛分娩がポピュラーなのに、「おなかを痛めてこそ...」といった

もっとみる
ありがとうございます!
44

『脱いでみた。』の花盛友里さんにマタニティフォトを撮ってもらった話

少し時間がたってしまったけれど、先月、出産5日前に写真集『脱いでみた。』や『寝起き女子』などで有名なフォトグラファー花盛友里さんにマタニティフォトを撮ってもらった。すごく良い経験になったので長くなってしまったけどnoteにまとめてみた。

第一子妊娠時、なんとなく撮ってもらったらすごくよかったマタニティフォト

家族写真って昔は全然興味がなかったのだけど、前回の妊娠時になんとなく、マタニティフォト

もっとみる
ありがとうございます!
50

子づれ妊婦の、星のや軽井沢滞在記

先週、2泊3日で夫と娘と3人で星のや軽井沢に出掛けた。
星のやは色々と割引プランが用意されているが、なかでも120日前優待というプランだとなんと60%オフで宿泊が可能だ。だいぶ前に予約をして、忘れたころに旅行、というのもなんだかよかった。

我が家の車が故障中のため、電車と新幹線で向かう。駅弁を買って新幹線に乗り込めば、東京駅からわずか1時間程。娘は東京駅構内でさんざんはしゃいで走り回った後、新幹

もっとみる
ありがとうございます!
44

親1年目を終えた夫婦。子どもがいることで生まれる喧嘩。

昨日、娘が1歳になった記事を書いた。
今日は、親1年目を終えた私たち夫婦について書こうと思う。私の心の狭さが露呈するようであんまり書きたくなかったんだけど、書き始めたら自分の心の整理にもなりそうなので書いてみる。
はっきり言って、ここ最近夫との関係はすごくむずかしくなっている。誤解を恐れずに書くと、子どもがいなければうまれなかった喧嘩がかなりうまれてしまっている。

どうしても、私が寛容になれない

もっとみる
ありがとうございます!
187

娘の1歳の誕生日。母1年目を終えて。

娘が先日、1歳の誕生日を迎えた。
月並みだけど、振り返ると本当にあっという間だった。
産後数か月は結構精神的に大変で、これがずっと続くなんて考えられない...と思ったものの(それについて書いた記事はこちら)、今となっては、これと同じ1年を20回繰り返したらもう娘は20歳になることに驚く。

娘の成長

この1年で娘ができるようになったことは無数にあるが、ここ1、2週間のフィジカル面での成長は特に目

もっとみる
うれしいですー!
57

産後に使った、お役立ちアプリ8選

子どもが産まれてから、使い始めたり、よく使うようになったりしたアプリをまとめてみました。

ママパパマップ
授乳室検索アプリです。産後、数か月はめちゃくちゃ活用しました。
今までの行動範囲内の場所であっても、どこに授乳室やおむつ交換台があるか、全く知らなかったので逐一調べていました。

投稿型なので、新しく授乳室を見つけた方が追加をしたり、コメントを書いたり(何室ありますよ、とか、カーテンがある、

もっとみる
うれしいですー!
43

なんとかギリギリ間に合った、産後ダイエット~体脂肪率20%をたたき出すまで~

妊娠中、なんとなく自分はすごく太るタイプな気がしていました。
もともと太りやすいし、胸も大きいので、全体的にふくらんでいきそうだなあ・・と思ったのです。案の定、妊娠3か月位で5キロ増えました。
つわりもなく、モリモリ食べていたからなのですが、妊娠10か月で20キロとか増えてしまったら、私は戻すほどのメンタルを持ち合わせていない気がして、心を入れ替えることに。

定期的に通う産婦人科での体重測定をテ

もっとみる
ありがとうございます!
15

夫婦に亀裂をうんだ高熱事件

今回はちょっと愚痴っぽい記事になってしまいました・・・。

先週、木曜日から急に熱が出て、どんどん上がり40度近くになった。
急遽仕事から帰宅して、夫が車で病院に連れて行ってくれたのだけれど、熱があるだけで特にほかには症状がないため、原因がわからないまま薬をもらって帰宅した。

その後、夜になると夫も具合が悪いと言いはじめ、すぐに熱が上がってきた。夜中には2人でうんうんうなされながら寝た。
元気な

もっとみる
うれしいですー!
6

子どもをもつ家庭を円滑にまわすための、生活費折版と夫婦のマインド

子どもがいる家庭で夫婦関係を良好に保ち、家庭を円滑にまわすためには、言わずもがな夫の協力が不可欠だ。

我が家は夫婦の財布は別で、基本的には家賃・光熱費・自炊にかかる費用、などがトータルで半分ずつになるようにしている。(外食などは夫が多めに出してくれることが多かったり、大物家具を夫が買ったりしているので総合的にみると夫が出している金額の方が多いけど。)子どもができてからは、共通口座をつくりそこに同

もっとみる
また読んでください!
13

子どもがいる人生は幸福なのか

妊娠中、本当に子どもができることってハッピーなことなのだろうかと考えて怖くなっていた。
もちろんハッピーな人もいるだろうけれど、もう産んでしまったから後悔していても言えないし、後悔していてもプライドとして、その事実を人に言いたくないから言わないだけで、産まなきゃよかったと思っている人も結構いるんじゃないかと思っていた。
誰も本当のことを教えてくれない気がするし、こんなこと言ったら人間性を疑われるん

もっとみる
ありがとうございます!
32