妊娠から病院選びまでのできごと

妊娠発覚

私はいつか子供が欲しいなぁと思いながらも日々の仕事に追われ、結婚して半年後に保護犬を迎えて、完全に子供がわりになっていたので「妊活」というものをちゃんとしていませんでした。

しかし、ワンコ旅行の仲間と伊豆に行ったり、高校の同級生が遊びに来て、観光と少しハードスケジュールだったので、予定の前後に予備日として有給をたっぷりとっており、たくさん寝ていた。が、しかし、全然眠気がとれない。風邪

もっとみる
feedbackいただき、励みになります

出産する病院選びについての振り返り

妊娠発覚してから出産する病院選びについて、私は全く余裕がなく、後で思ったことがあるので、ココでまとめたいと思います。

私の失敗談はこちら

出産する産院には3つの役割があると思います。①妊婦健診をする場所②出産をする場所③育児準備のためのサポート(赤ちゃんの1ヶ月健診までは産院でやるので)

まずは、一番の産院の大きな役割の「出産する場所」を選ぶため、自分の描く「バースプラン」を書いてみることを

もっとみる
見てくださりありがとうございます❗️
2

妊娠糖尿病の血糖管理

妊娠糖尿病と診断された場合の血糖管理目標についてお話したいと思います。

一般成人と比較して妊婦さんは血糖値が高いと大きな影響が及ぶため、厳しい血糖値のコントロールが必要です。理由としては、妊娠初期に血糖値が高いと先天奇形などの原因になりやすいこと、中期以降は巨大児や低出生体重児に影響しやすく難産の可能性が高くなる、生まれた後も赤ちゃんの低血糖や高ビリルビン血症などの新生児合併症の頻度が増加するた

もっとみる
スキありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

主夫の嫁日記134日目 朝活

お盆初日です。

今日は、嫁さんが昨日夜思いつきで

ずっと行きたいと言っていた、有名なパン屋さんに行こーとなったので

朝早起きして車で向かうことになりました。

嫁さんは好きな食べ物は何?と聞かれたら

パンと答えるくらいパン好きです( ¨̮ )

車で40分くらいの距離にあるので

久しぶりのプチドライブって感じでした。

ちなみに、今日の朝はパン屋に行くのが楽しみすぎて

めちゃくちゃ早く

もっとみる
ありがとうございます!
2

朝散歩をはじめてひと月と半分。
はじめのうちは「え!?今日も行くの!?」て顔で毎回見送ってくれてたハニーも、この頃は「あ、散歩か。気をつけてね」と慣れた様子で送り出してくれます。

わたしもスキ
1

【本】そういうふうにできている さくらももこ

きっかけ

さくらももこの本を前に読んだら面白かったから。

内容

さくらももこの妊娠・出産体験を綴ったエッセイ。

夫から子どもが欲しいと言われ、トレンディ産院に行ったりテキトーな基礎体温をつけたりしてなんやかんやで妊娠。便秘や悪阻を乗り越え、百恵ちゃんにおすすめの産院を聞き、帝王切開で無事出産。出産を経験した最中に、宇宙の真理や人間の体と心のあり方について、そういうふうにできていると悟りを得

もっとみる

冷房対策にぜひ!

長雨が続いてた後、一転猛暑が続いていますね。

8月生まれの子どもを2人出産した私は、夏の暑さが好きですが、さすがに東京の暑さはこたえます。

今妊婦さんに伝えたいこと、夏こそ、靴下をはいてください。

特に、お出かけするときに、スーパーマーケットや、電車などに載ったりするときに、冷房がきつすぎるので、その時は持ち歩いていた靴下をサッとはいて明日の冷えを守ってください。足が冷えていくとふくらはぎに

もっとみる
今日もありがとう!うれしい♡
1

自己紹介

遅ればせながら
自己紹介をさせて頂きます。

『anelahulu - アネラフル - 』
アロマセラピスト まきと申します。

湘南近辺のみの
女性専門 訪問型の
オイルマッサージサロンを
主宰しております。

自身の2人目不妊や
更年期障がいと
付き合いながら
同じお悩みを持つ方
全ての女性、カップルさんへ
『寄り添う・緩める』をテーマに
活動しております。

コロナ禍の今
人と触れ合うと言う

もっとみる

妊婦のどきどき入院準備

臨月に入り、いよいよ出産が近づいてきた。多分世間的にはかなりのんびりした出産準備ペースだと思う。まだベビーベッドも届いてない。あほかな?

そして、入院準備である。いろいろと下調べをしたのだけど、二人目とかのときに、何が必要だったかすっかりぬるっと忘れている可能性しか見えないので備忘録的なやつ。
私の場合は病院で貰えるもの、買えるものが多く、院内に洗濯機もあるらしいので、とにかく荷物を減らす方向で

もっとみる

秋出産ママのリアルマタニティウエア

私は、妊婦の妊婦然とした服装にとても抵抗感があった。だから妊娠発覚当初は「私は妊娠したってヒールを履くんだ」なんて息巻いていたのだが、実際に妊娠8ヶ月を目前にした今、しんどくてヒールなんて履いていられなかった。

妊婦さんが、からだのまあるいフォルムが強調されるようなふんわりしたワンピースに身を包んでいるのも、ぺたんこの靴を履いているのにも、ちゃんと理由があったのだ。

10月出産予定のマタニティ

もっとみる
スキありがとうございます!
2