慶野英里名Keino Erina|パラレルキャリア研究所

パラレルキャリア研究所 代表、(一社)パラレルキャリアマネジメント協会 理事。複業についてお酒を片手にトークする「パラキャリ酒場」開催、働き方に関する執筆・講演を実施▼編集した「馬上の旅人」Amazon海外旅行部門1位▼早大政経2013年卒▼東京都Startup Hubで月1講演

慶野英里名Keino Erina|パラレルキャリア研究所

パラレルキャリア研究所 代表、(一社)パラレルキャリアマネジメント協会 理事。複業についてお酒を片手にトークする「パラキャリ酒場」開催、働き方に関する執筆・講演を実施▼編集した「馬上の旅人」Amazon海外旅行部門1位▼早大政経2013年卒▼東京都Startup Hubで月1講演

マガジン

  • 読むパラキャリ酒場

    副業解禁時代の働き方について考える「パラキャリ酒場」が、マガジンになりました! 「パラキャリ酒場」はパラレルキャリア研究所が主催するトークショー。2018年の立ち上げ以降、シリーズ累計70回開催し、雑誌・WEBメディアなどにも50回以上取材された人気イベントです。 その中でも特に反響が大きかったテーマについて、パラレルキャリア研究所代表の慶野英里名が執筆します。

最近の記事

目標が見つかったら「最初の曲がり角」を探そう

複業を諦める人にありがちなパターン 最近、考えさせられることがありました。 以前、何度も講演に来てくださった方に「最近どう?」と声をかけたら、「複業、やめることにしました」とのこと。 理由を聞くと、「儲からないから」。テーマを決めて、必要な道具もそろえて、案件マッチングのサイトにも登録して…と行動はしていたのですが、その後、スキルアップや営業の大変さの壁にぶち当たり、「忙しいばかりで稼げない」という理由で諦めてしまったそうです。 複業に挑戦してみて、「忙しいのは性に合

    • 「オンとオフ」と言うけれど、会社のために休んでる訳じゃない

      「オンとオフ」という表現がある。 私もよく使ってしまうのだけど、実はしっくり来ていない言葉だ。 たいていの場合、オンが仕事、オフがプライベート、という意味で使われる。会社員だと「オフの時間に英気を養って、休暇明けの生産性に繋げて…」みたいな表現をされがち。 でも、こういう表現をする限り、仕事が主役で、プライベートが脇役みたいに扱われていて、モヤモヤするのだ。 「仕事が本番、仕事以外は仕事に向けてチャージする時間」と捉えると、無意識のうちに仕事以外の時間の優先順位が下が

      • 「プロボノばかりで稼げない」を解消するには

        パラレルキャリアをしている人、したい人の相談に乗っていると、「プロボノ案件ばかりで稼げない」なんて悩みや、「私の周りは、無償や低予算で搾取しようとしてくる人ばかり!」なんて憤りを耳にすることがあります。 どうも、プロボノと言う言葉が人口に膾炙したことで、「無償の案件=プロボノ」と雑にくくっているような印象があります。 「無償の活動」を、耳障りがいい「プロボノ」という言葉でまとめるまえに、しっかり「なぜ無償なのか」「なんのために無償なのか」を検証するとよいと思います。 今

        • 道後温泉でワーケーションをしてみたら

          このシルバーウィークに、香川、愛媛を旅しています。 まず、こんぴらさんで有名な琴平へ。お参りと「うどん教室」を楽しみました。続いて、松山で大街道や松山城を散策。 そのあと、路面電車で15分ほどの道後温泉に来て、3泊4日。いまは3日目の夜です。 今回は、道後温泉で「ワーケーション」も取り入れてみました。 私は、昨日の午後と今日の午後は、複業の打ち合わせなどのテレワークをしました。一緒に来た夫は、昨日と今日が1日テレワークです。 仕事と余暇を組み合わせた「ワーケーション」を

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 読むパラキャリ酒場
          慶野英里名Keino Erina|パラレルキャリア研究所

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「何か面白いことしましょう」を社交辞令で終わらせないテクニック

          「何か面白いことをしましょう」と、いいご縁を感じたときにいう人は多いですよね。 よく飛び交う言葉ですが、これが成就する確率って、1割くらいだと思うのです。 あまりに成就の確率が薄いので、「面白いことをしましょうは一律で社交辞令」「面白いことをしましょう、とか言うのは口先だけの軽薄な奴だ」くらいに思っている人もいるのではないでしょうか。 手前味噌ですが、私は「面白いことをしましょう」の実現率が高い方だと思います。そして、私の周りにも実現率の高い人はたくさんいます。 「面

          個人で仕事をするなら、匿名はもったいない

          「ライターのお仕事を紹介してくれませんか」と、知人に相談されました。 その人は数年前から副業でライターをしていて、細々とながらプロとしての受注経験もあるそう。 「いまいま、紹介できそうな編集部はないのですが、どんな文章が書けるか知りたいのでポートフォリオを送っていただけますか?」と連絡しました。 すると、「署名記事ではなく、名前を外に出せない記事ばかりなのでポートフォリオサイトはない」とのことでした。 たしかに、名前を出せない仕事もあります。私も、講演の実績はすべてサ

          NewssPicksに慶野英里名の取材記事が掲載されました

          JobPicksにパラレルキャリア研究所代表の慶野英里名の取材記事が掲載されました。姉妹サイトのNewsPicksにも掲載されています。 副業で失敗しない「始め方と続けるコツ」コミュニティ主催者に聞く、というテーマでお話しています。 この中でも重点的に紹介された「タイムマネジメント」は、講演の質疑応答では必ず1度は聞かれるので、悩んでいる方が多いのだと思います。 人生の幸福度を上げるために「パラレルキャリア」という生き方を選んだので、人生の構成要素をクロスオーバーさせる

          【2/2(水)】サンリオピューロランドの小巻亜矢社長、登壇決定!

          パラレルキャリア研究所代表の慶野英里名です。 明日、東京都が運営する創業支援拠点「Startup Hub Tokyo丸の内」で、株式会社サンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長と対談します。 低迷期のピューロランドをV字回復させた凄腕経営者として有名ですが、彼女の人生は決してずっと順風満帆だったわけではありませんでした。 離婚、次男の死、乳がん罹患など、特に30代は地獄のような日々だったといいます。そんな中でも、前を向いて、自分なりにキャリアの糸口を探し、50代で大学院

          メリハリをつけて「複業モード」に突入するには

          日本に急激にテレワークが普及して、こんな声を聞くようになりました。 「通勤の時間がないと、仕事モードに切り替わらない」 「自宅だと気持ちが緩んでしまう」 大真面目にこういうことを言っている人が意外と多くて、本当に驚きます。 そんなことを言ったら、在宅で仕事をしているフリーランスは、みんな生産性が低くダラダラとした気持ちで働いているのでしょうか?そんな訳はない! 会社員は、通勤→働く→通勤というサイクルが出来上がっているからそう感じやすいだけで、要な慣れの問題のはず。

          会社が嫌になった人向けの「辞めたつもり」ワーク2選

          会社員をやっていると、いろんなことがありますよね。 理不尽なこと、思い通りにならないこと、たくさんあります。 会社員とフリーランスの二足の草鞋を履いてみたら、「働いている限りどこにいっても理不尽なことってあるよなあ」とも思いますが、フリーランスなら「無理!」と思った仕事をお断りすることはできます。 会社員は、「逃げ出せない」ストレスが強いと思います。 状況が変わるまで「耐える」の一手しかない場面は、フリーランスよりはるかに多い気がします。 もっとやりたいことがある場

          8年前、クリスマスの銀座で泣いた理由。

          今日はクリスマスイブ。 通勤で歩く銀座中央通りの並木には、イルミネーションが眩しい。 この時期は、いつもほんの少し胸が痛む。 もう8年も前、私が社会人1,2年目だったころを思い出すからだ。 入社直後、率直に言って私は会社でうまくいっていなかった。 編集者になりたくて、就職活動では出版社ばかり受けた。第一志望の出版社に内定し、意気揚々と入社したものの、配属は子会社の庶務。 志望と違うけれど頑張ろうと思ったのもつかの間、いきなり洗礼を浴びることになる。 お局さんに「

          ペルソナは要らない、“あなた”のために全力を尽くす

          意外かもしれませんが、パラレルキャリア研究所は「ペルソナ」を設定していません。 ペルソナとはマーケティングの手法の一つで、サービスを届けたい人の人物像を詳細に設定したものです。 ターゲットが「20代、女性、東京在住、ネイルサロンに毎月通う」くらいだとしたら、ペルソナは「28歳、女性、彼氏あり独身、大田区在住、千代田区勤務、ネット系広告の営業職、ネイルサロンに毎月通うが決まった店でなくホットペッパーで安いクーポンを探して予約する、情報収集するのは女性ファッション誌とインスタ

          会社員って、どの地域にも居場所がなくて寂しいよね

          2021年を振り返ると、東京在住ながら多くの地域とお仕事ができた1年だったと思います。 山形県、茨城県、神奈川県、富山県など、様々な地域の企業や自治体とお仕事をでき、完全にリモートワークで取り組んだものもあり、「どこに住んでいても誰とでも働ける時代」になったなあと実感しました。 でも、その一方で「もっと東京でもいろいろしたいな」という思いも抱きました。 会社のある中央区でも、住んでいる港区でも、滞在時間は多いのに有機的なつながりは全くないのです。 「都会だから」という

          「地域複業」の取材記事まとめ(慶野英里名)

          これまでの私のメディア出演・掲載のうち、最近ご興味を持つ方が多い「地域」に関係するものをピックアップしました。 ※取材、出演、執筆のご依頼は、こちらの問い合わせフォームからお願いします。 ※その他のメディア出演・掲載情報はこちらにまとめております。 2021年 ▼北日本新聞・Yahoo!ニュース「スナックママ体験して 富山県上市のゲストハウス松月」(2021年10月26日) ※広報をお手伝いした古民家ゲストハウスの文化体験サービスが掲載 ▼NHK総合テレビ 「リップル

          毎日30分、未来のために投資してみる

          最近、意識して取り組んでいることがあります。それは、日常の中に「学び」の時間を取り入れること。 「実戦から学ぶことの方が大きい」と、座学を軽視していた時期もありましたが、やっぱり勉強は大事だと実感しています。 数年越しに、勉強が仕事に役立った最近、勉強していて得したこともありました。 数年前から、WEB担当者向けの情報サイトを、時間のある時にさらっとですが読んできました。 これからは何をやるにもICTが関係する時代だし、フリーランスとしての仕事はITベンチャーからの仕

          「いいご縁」はどこにある?ドリフと坂本九とオーシャンゼリゼ

          水曜日は、東京創業ステーション・Startup Hub Tokyo丸の内の「パラレルキャリア×起業トーク」に出演しました。 (右)フリーランス協会代表理事・平田麻莉氏、(中央)慶野英里名、(左)グラレコの本園大介氏 フリーランス協会が発行する「フリーランス白書」の中から、フリーランスの発注経路の約1/3が「人脈」、約1/3「過去・現在の取引先」という統計をご紹介しました。つまり、大きくとらえると「人づて」ということです。 私自身、今いただいているお仕事の半分以上は「人づ