産み出してから部屋に帰るまで。@大阪日赤病院 予定帝王切開

ほっとしたのもつかの間、お腹の方ではお医者さん2人が、出産後の処置を頑張って下さっていました。
何をお話されていたのかよく覚えていないのですが、主治医の先生が部長の先生にあれこれ質問したり、指導を受けている様でした。

………結構時間かかるな………

オペの時、手は肩の高さに上げられており、またずっと仰向けているのにも段々疲れてきました。
はよーおわれー、はよーおわれーと念じるもなかなか終わらず…

もっとみる
お役にたちましたら幸いです

生まれる。@大阪日赤病院 予定帝王切開

オペが始まりました。

よく、帝王切開では、痛みは感じないけど、触られている感じは残っており、あれこれ触られるのが分かって気持ち悪かった、などと聞いていたのですが、私は胸から下は全く感覚が無く、何が行われているのか、さっぱり分かりませんでした。
かなりしっかり麻酔がきいていたのかもしれません。

さてその麻酔をしっかりキメて下さっている麻酔科の先生は、私の左側にいらっしゃったのですが、オペが始まっ

もっとみる
(*- -)(*_ _)ペコリ
2

助産学生、出産する。4💐💐🤣🤣🤣🤣(人生の振り返り)

みなさん♥️🌺🤭
おっはよーございます🌺🌺🌺🤭♥️

いやー北海道は雪が降り積もりましたね⛄⛄⛄

まさか、もう降り積もるなんて想像してなかったので、びっくり👀👀👀

昨日は早速子供のスキーウェア引っ張り出して大はしゃぎで雪遊びしていました🤭💐💐

北海道は本州と違って寒いだけでなく、雪があるところが良いですね🎵😉💐(ただ半年冬は長いけど⛄笑)

前回まで↓↓↓↓↓↓

もっとみる

夫婦で産後クライシスを超える〜命の神秘vol.3 産後期 後編〜


こんにちは。ミロママ リリーです。

それでは前回の続きです。

《前回の記事はこちら》

我が娘に寄り添わない母への
恐ろしいほどの復讐心

妻が大変な時に完璧に応えてくれない
夫への復讐心

(彼なりに一生懸命
やってくれていたにも関わらず( ̄▽ ̄;))

根っこの方から
半狂乱になってしまうほどの
憎しみが込み上げ
泣き叫んでしまった私

こんな産後ウツをいかにして
超えていったのか後編を

もっとみる
スキありがとうございます😊励みになります!
29

夫婦で産後クライシスを超える〜命の神秘vol.3 産後期 前編〜

こんにちは。ミロママ リリーです。

今日は、10年前の次男誕生の
産後期の実践体験
について書いてみたいと思います。

まさかの赤ちゃんがえりは
長男ではなく私!?

どういうことなのでしょうか?
続きを読み進めてください^_^

Vol.1の記事はこちら

Vol.2の記事はこちら

世間一般では、お産系の本でも

愛する妻の為に夫や家族は
心身共に繊細な妊婦に寄り添い

産後のママには
協力

もっとみる
スキありがとうございます😊励みになります!
22

中世のヨーロッパでは お産の時、医者が手を洗わなかった話

これは、私が本で読んだ話なんで、もし専門家の方が「違う」ということがあったら、ご指摘下さい。記事を直すか、取り消します。

以下本文↓

私は幼稚園の頃から、外から家に帰ったら手を洗っていた。
幼稚園の先生も 私の親も
「外から帰ったら、手を洗いなさい。うがいをしなさい」
と、いつも言っていたので、そういうものだと思って習慣になった。

その他に、寝る前に歯を磨く、寝間着に着替える など
すごく普

もっとみる
スキありがとうございます。
15

子ども嫌いのぼくが子どもを授かって知ったこと

はじめまして。
The Child's Eyeのメンバー『LUCY』の夫でもあるSKYです。
よろしくお願いいたします。

本日は、ぼくが子どもを授かること、
"父"になったことで知れた宝物を表現させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

LUCYも書いておりましたが、ぼくも子どもというものが苦手、、どちらかと言えば嫌いでした。

lucy 始めての出産 娘が教えてくれた私の原点
htt

もっとみる
スキありがとうございます😊励みになります!
40

夫婦でお産の葛藤を超える〜命の神秘vol.2 出産期〜

前回の記事の続き。ミロママ リリーです。
今日は出産期の私たち家族の体験を通して
命の神秘、命の尊さ、かけがえなさを
お伝えしたいと思います。

前回の記事はこちら

前回の記事に記した通り
私たちの不安も取れ、お互いの存在への
感謝を取り戻し、夫と母の立会いの元

3月27日 0時12分 
光透波(コトハ)がドラマチックに誕生しました。

ちなみに沖縄からやってきた姉たち家族5人は
真隣の部屋で

もっとみる
スキありがとうございます😊励みになります!
27

夫婦でお産の葛藤を超える〜命の神秘vol.1産前期〜

今回はミロママメンバーのリリーが
10年前の次男の産前、出産、産後の
プロセスを
記してみたいと思います。

子育てもそうですが、お産の時も
夫婦間の葛藤はあるあるです。

特にママにとっても繊細になりやすく
パパといっぱいいっぱいになりやすく
お互いが我慢の限界で
葛藤が生まれやすい時期でもあります。

そこでリリーも体験した
夫婦あるあるお産の葛藤劇を
いかにして超えてきたのかをお伝えします。

もっとみる
スキありがとうございます😊励みになります!
33

4年前のあの日。

すっかり4年も前の事になった。

突然の入院、
3日がかりの促進剤、
破水するも陣痛は弱く、
結局は“緊急帝王切開”で娘は生まれた。

全身麻酔での出産で
産声も聞かなかった。
気付いたら、真っ暗な病室で管だらけ。

想像と180度違った出産。
思えば、私はとても怖かったのだと思う。

顔もよく見なかった我が子に
麻酔から覚めた興奮の中、
ベッドの上で子守唄を歌った。

ある方から
「お産はその人

もっとみる
わぁい!嬉しい!ありがとうございます!
2