マガジンのカバー画像

noteでご紹介いただきました

34
noteをご紹介いただいたり、名前を出して話題にしていただいたり。ありがとうございます。
運営しているクリエイター

記事一覧

脚本家今井雅子さんとの出会い

脚本家今井雅子さんとの出会い

今井雅子さんとは、今から20年前、2002年のNHKラジオドラマ青春アドベンチャー 稲生平太郎原作 今井雅子脚色保科義久演出の「アクアリウムの夜」で出会いました。このドラマは、ホラーで10回シリーズでしたが、最後まで台本を渡されていなかったので、毎回出演者内で結末がどうなるのかで盛り上がりました。

NHKのラジオドラマは、17歳の時から出演させていただき、たくさんの台本を読んできましたが、この時

もっとみる
シェアしたいnoteさん(2022.6月)

シェアしたいnoteさん(2022.6月)

読んでシェアしたいなあと思ったnoteを、ランダムにピックアップします。5月に続いて2回め。

では参ります。

「膝枕」を軸に展開されているシリーズ作品。「膝枕」とは、今井雅子さんが川端康成の『片腕』からヒントを得て生み出した通販商品である。購入者の頭を乗せるのが主な役割だが人工知能を持っており、嬉しいことがあると内股をきゅっと寄せたり、膝をにじって移動したりする。本作はこの『白雪姫』バージョン

もっとみる
誕生日は感謝の日ー私からあなたへ②

誕生日は感謝の日ー私からあなたへ②

こんにちは。ガーデンプランナーのhacoです。
嬉しいありがとうの↓の記事の続きです。

スピーカーでメッセージをくださった方へ順番がいろいろになっておりますが、どうぞご了承ください。

こたろんさん

こたろんさんのお話の調子はとっても優しくて穏やかです。けれどめちゃくちゃ多彩な方だと言うのが私のこたろんさんのイメージです。
スペイン語の膝枕まで登場したときには、本当に驚きました!

金井さん

もっとみる
『和名類聚抄』で「〇〇」を調べてみた【番外編】

『和名類聚抄』で「〇〇」を調べてみた【番外編】

先日、折口信夫さんの『辞書』という随筆の朗読をstand.fmに上げた。下の簡単な解説記事でもお聞きいただける。

この文章の中に『和名類聚抄』(略して『和名抄』)という辞書が登場する。平安時代中期に編纂された。およそ千年前である。これがなんとWebで見ることができるのである!

『和名抄』自体は別の記事で紹介しているのでそちらを参考されたい。

すべて漢字で書かれているため読み解くのは容易ではな

もっとみる
見えなくても読書, 2, ~見えなくても変態認定, ?!, ~

見えなくても読書, 2, ~見えなくても変態認定, ?!, ~

先日何と、全開投稿した「見えなくても読書」をクラブハウスでお世話になっている
「膝枕リレー」の朗読者さんが朗読してくれました。

https://note.com/nyaf/n/ncb168018e243

私が書いた、膝枕二次創作「BL膝枕」も一緒に読んでくださったのですが、美しい声
できれいに読んでいただけると、大したことない話がすごくいい話に聞こえる朗読の
魔法を実感しました。

以前、声優

もっとみる
「わにのういろう売り」〜今井雅子作「わにのだんす」アレンジ作品〜

「わにのういろう売り」〜今井雅子作「わにのだんす」アレンジ作品〜

今井雅子(文)、島袋千栄(絵)の絵本「わにのだんす」。これがClubhouseで毎日誰かに朗読されています。もともとは同じく今井雅子氏が書いた「膝枕」の朗読のブームの中、こんな絵本も書いているよと紹介され、それをきっかけに朗読されるようになったというものです。

さて、この「わにのだんす」。ワニが街中でダンスを披露してお金持ちになって……という話で、ダンスをしているときのオノマトペ表現がとっても楽

もっとみる
声のお仕事をしている方と出会って感じたこと

声のお仕事をしている方と出会って感じたこと

こんにちは。ガーデンプランナーのhacoです。今日は11月13日で「いい膝の日」でclubhouse内で「膝祭り」が行われました!!
今日は、clubhouseで出会った声のお仕事の方のお話を書いてみようと思います。

膝祭りとは私が「膝祭り」についてお話しするのは何だかちょっと気が引けるので、気になる方は、こちらの脚本家今井雅子先生の膝枕リレーのnoteをご覧ください。

clubhouse内で

もっとみる
『📚公開朗読練習室📚』について

『📚公開朗読練習室📚』について

「ちな姉ちゃんねる」というClubhouse上のクラブは、声優・ナレーター・朗読ナレーション講師 水野智苗(みずのちなえ)が、一人で、あるいはゲストを迎えて、朗読または朗読劇を行うためのクラブです。
その中で、「📚公開朗読練習室📚」というroomを、2021/10/18(月)から、毎朝6:15〜6:30頃まで開いています。
せっかくなので、何を練習したのか、このページに記録していくことにしてみ

もっとみる

テキストと朗読1

白いねこのかわい いねこです。

最近、クラブハウス内で大人の朗読リレー」と称して、脚本家の今井雅子さんの「膝
枕」と高橋郁子さんの「月想」という作品をたくさんの人たちで朗読している。

もうプロもアマもこっちゃ混ぜでとにかく朗読を楽しんでいる。

「膝枕」は二次創作、三時捜索も出てきて、そりゃもうカオスな状態になっている(
笑)

私は、目が見えなくなってからも、たまたま仲間に恵まれて「トークパ

もっとみる
⑨新脚本家決定‼️作戦会議@耳ビジ➕1

⑨新脚本家決定‼️作戦会議@耳ビジ➕1

今朝の会議では、現実問題、カワテツさんだけが脚本を書くとなると厳しい、、、という話になった。

とはいえ、同じクオリティの脚本を書くとなるとなかなかハードルは高い。

まだスタイリスト祐子さんの脚本もできていない、、、。

ふとリスナー席を見ると
おっと!良い人材が聞いているではないか!

「インバイトかけようっと」

私が指名したのは、、、やまねたけしさん。

今井雅子さんの「膝枕」をもとに、サ

もっとみる
一人語り『月想』 - 脚本/音楽提供

一人語り『月想』 - 脚本/音楽提供

原稿をアップロードしました。先輩脚本家の今井雅子さんの「膝枕リレー」に触発されて、わたしも個人で楽しむ範囲内を条件に無償提供することにしました。
ぜひYouTube・ツイキャス・Clubhouseなどで発表して楽しんでいただけたらと思います。

脚本の改変・省略・転載は禁止です(2021.09.10 追記)
この脚本は朗読キネマで使用している「言葉の楽譜」とは形式が異なります。(2022.06.2

もっとみる
「文章の鬼100則」川上徹也著

「文章の鬼100則」川上徹也著

私が1冊目の本を朗読していたある日。

朗読後に多くのリスナーが集まってくれた。その中でスピーカーに上がってくれたナレーター仲間の藤本さんが、脚本家の今井雅子さんを紹介してくれた。そのご縁がきっかけとなってご紹介くださったのが川上徹也さん。

お顔も名前も知ってはいたけれど、のちにすごい方だとわかった。さらにのちに「カワテツさん」と「トヨコさん」と気軽に呼べる仲に発展する(エロい?)

キャッチコ

もっとみる
「頭のいい説明すぐできるコツ」鶴野充茂著

「頭のいい説明すぐできるコツ」鶴野充茂著

川上徹也さんと同じく、脚本家の今井雅子さんのご紹介で知り合った鶴野充茂さん。

さっそくシリーズ70万部超の人気本を送ってくださった。

前回の鬼100則のお陰で頭の良い文章をかけるようになった私が(あくまでも例え話)今度は「頭のいい説明」ができるようになる!らしい。

仮にもフリーアナウンサーとして司会も生業にしているので、フリートークには自信があるが、理屈を教えてもらうとより分かりやすい。

もっとみる

見えなくてもSNS

前回Noteの事を書いたので、今回は他のSNSについて書きます。

くどいようですが、本来私はSNSには全く興味がありませんでした。。

それなのになぜTwitterを始めたか。

私が入っている読書会、「バリアフリー読書サークルYAクラブ」は文化庁の認可を受
けて独自で音訳図書を作っている。

YA(ワイエー)クラブのホームページへようこそ!
http://yaclub.sakura.ne.jp

もっとみる