旅する雑記帳

130
記事

一番言いたくないことを言う

胸が苦しいときがある。

無意識のうちに弱い部分から目を背けているかもしれない。自覚できないから体が何かに反応してくれているかもしれない。



一番言いたくないことを誰かに言えると、深く思考できる。心の中の重荷を降ろして自分の新しい一面に自覚的になれるからかもしれない。

深い場所にあるもやもやは、簡単には解決できない。劇的な改善も抜本的な改革も、することができない。沈鬱な想いに腰を据えて向き

もっとみる
スキって、いい文化ですよね。
81

今日もひとり頬杖をついて

腹落ちする言葉を探している。なんとなく感じる違和感にぴったりはまる感覚を探している。

何かがみつかるときには、いつも心地よい感触がある。

頭と心でぴったりな言葉を探しながら、今日もひとり頬杖をついている。



行動してみて違うとわかることは、尊い。頭の中だけで考えても本を読んで理解しても、現実を変えることはできない。

大切にしているのは、思考と行動のバランス。考えすぎて行動できないもよく

もっとみる
ぼくもスキです。ありがとう。
89

情報の真偽を見極めるヒント

毎日テレビやSNSから大量の情報が流れてきます。不安な気持ちを抱えながら膨大な情報の真偽を確かめのは、とても繊細な作業です。

自分や大切な人を守るためには、正しい情報を把握をして、正しくない情報を見極めなければいけません。

情報を選ぶために大切なことを知りたいと思い探していたら、警視庁のホームページに「情報の真偽を見極めるヒント」が簡潔にまとまっていたので、自分自身の勉強を含めて、引用しながら

もっとみる
ぼくもスキです。ありがとう。
236

#大切な人に伝えたいこと

どんな未来になったとしても、自分たちは生き抜かなければいけない。この先の10年20年、大切な人を守ったりお互いに支え合ったりするシーンが、きっとたくさんある。

ひらやまが大切な人に伝えたいこと

いつもありがとう。

この1週間で一番長く時間をともにした人に伝えたい。いつも伝えているけど、改めてお礼を。

大丈夫?無理してない?

身の回りにいるがんばっている人に伝えたい。自分も不安だろうな、周

もっとみる
ぼくもスキです。ありがとう。
119

過去を「失敗だった」と言えること。

自分の行動を決めるとき、cotreeの戦略を考えるとき、チームの進み方を決めるとき、ごくまれに思うことがある。

間違えちゃいけない。

そう思うときは、無意識のうちに未来を自分の中で勝手に正解に当てはめようとしている。だけど現実は複雑だから、描いた正解通りになることはほとんどない。

正解を探している自分に気づいたときは、間違えることを織り込んで目の前の人と状況をよくみるように言い聞かせる。その

もっとみる
ぼくもスキです。ありがとう。
122

人は、簡単には変わらない。

「人は、簡単には変わらない。」

何者かになりたがっていた過去の自分に伝えたい言葉だ。とにかく成長したがっていた自分に伝えたい言葉だ。

自分探しの旅をしたり個性を際立たせたり反逆や抵抗に憧れたり。色々やってみて思うことはいつもシンプルだ。

徹頭徹尾、自分は自分でしかない。すべて投げ出しても最後まで残るのが、個性なんだろう。

そう思うようになって気が楽になった。何者かにならなくても、いつも自分

もっとみる
ぼくもスキです。ありがとう。
181

目の前の不安をよくみると、大切なことを思い出す。

不安は人を急がせる。どんな人でも不安定な状態のままではいたくないから、早く不安を取り除きたいものだ。

お金が足りない。稼ごう。
頼れる人がいない。早くみつけたい。
職がない。どこかの会社に入りたい。

ただそんなにうまい話は転がっていないもので、素早く簡単にリスクなくすばらしい選択をできることはごくまれだ。焦った決断には、スピードと何かがトレードオフされている。

小さい不安なら目をつぶれるだろ

もっとみる
スキって言われると、スキになりそうです。
108

いいことを書こうとしない。

書くことを難しくするのは、いいことを書こうとする気持ちだと思う。

結果にコミットしはじめると、すぐに息苦しくなってしまう。書く時間は手段になり、費用対効果を求め出してしまう。

文章に対する印象は、書き手だけでは決まらない。読み手に読まれて文章は完成する。仮に美しくない文章を書いてしまったとしても、それは書き手の人格とはなんら関係ない。

書きたいなら書けばいいし、書きたくないなら書かなければい

もっとみる
ありがとうございます。それでは、また。
130

治るって、なんだろう。

何度か相談をもらったことがあります。

最近、精神的な病気に関する診断を受けました。この不安な気持ちがなくなることはあるでしょうか。

もちろん自分は医療的な資格を持っていないので、専門的な立場には立てません。そういう相談をもらったときには、基本的には肯定も否定もせず、ドライかもしれませんが、ある一定の線を引きながら話を聞きます。

相談をもらうたびに、自分が体調を崩したときのことを思い出します。

もっとみる
いいんですか?本当にうれしいです。
138

あなたの持つ強さを、丁寧に取り扱ってほしい。

「強い」という言葉が似合う人がいる。

揺れることなく自分の道をまっすぐに歩けるような凛とした強さは、憧れの対象になりやすい。

でもどんなに強く自立している人でも、ふと揺らぐときがある。思わず弱るときがある。

君は自立しているから、手は貸さないよ

そんな心ない言葉に出会ってしまうと、たまったもんじゃない。普段がんばっている人ほど、人知れず深い傷を負うだろう。

支えたい気持ちに、細心の注意を

もっとみる
スキって言われると、スキになりそうです。
179