ACT

さあ、トンネルの先へ

皆様こんばんは!
張り詰めた糸が、ふっと解けた8月5日。
そう、私の全てを詰め込み、覚悟を持って決意したこのAyurveda Leaders 指導者養成プログラムが、いよいよスタートを迎えました。
#ACT NOW 
この言葉を掲げ、行動するには、今まさにこの時しかない。と、私自身を含め、参加者の皆様の共通認識のような、動物的直感のようなものを感じているようです。

まさに突き動かされるような・

もっとみる

ネガティブ思考はやめなくて大丈夫。ただ、『悪いループ』は抜け出そう。

ポジティブになる必要はありません。ただ、無意味で生産性のないネガティブ思考は切り離すべきです。

ネガティブ思考との付き合い方を解説します。

たった1秒でネガティブ思考をやめられる心理療法の一言【脱フュージョン】

もっとみる
いいセンスだ!ありがとうございます!
3

「脱フュージョン」〜あなたの思考は物語にすぎない〜

こんにちは。MOKUJIです。

本日は前回記事にしたACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)概要

を深掘りした内容になります。

ラス・ハリス著
『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない
 マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門』

に書かれた「脱フュージョン」について、

記事にしてみたいと思います。

・ネガティブ思考がループしてしまう方
・いつも罪悪感にとらわれ

もっとみる
どうもありがとう!
3

【ACT概要】:どんな問題も、賢明な対処法は2つしかない

こんにちは。MOKUJIです。

本日は、

ラス・ハリス著
『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない
 マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門』

について書こうと思います。

今のところ、わたしにとってのベスト本です。

ものすごく影響を受けていますし、

心がだいぶ軽くなりました。

邦訳のタイトルはとても逆説的でいいですね。

意味深ですよね。

なお原題は

『The H

もっとみる
どうもありがとう!
9

【私はバナナだ】愛着障害を読んだらウッてなったのでACTした話

変なタイトルにしてすみません

バナナは後で出てくるんですが、ちょっとおいておいてまず先月、愛着障害という本を読みました。

何でもかんでも症とか病とか障害とかがつくのはあんまり好きではないけれど、自分のパターンや傾向を知りたくて10年ほど前に購入してたんです。

だけど読みはじめてすぐに辛くなって、ずっと封印していました。

今回ちゃんと読もうと思ったのには2つ理由があります。

ひとつは、私の

もっとみる
うれしくてほわほわします♡
19

ストレス食い、毎日つら過ぎ。② こうやって治った

こんにちは、こちらの記事も見ていただいてありがとうございます。

この記事はひとつ前の記の続きになりますので、読んでない方は読んでからの方がわかりやすいと思います。

では、早速!

私がこの本のおかげで治った!という本を紹介しますね。

その本は・・・引き延ばしてもしょうがないですが・・・

『よくわかるACT』です!

ACTってなに・・・となりますが、まずは置いといて(心理学のものです)

もっとみる

MBCTの4回目のセッション終了。
歩くマインドフルネスは、とても難しいが、身体感覚に意識が向くようになると、生活の質は確実に変化してくるはず。ゆっくり、ゆっくり歩かないと身体の変化に気づけないから、外での実施はもう少し先の方がよいかも。超スローリーに道を歩いてるおじさんは私かも

「スキ」ありがとうございます!
2

知的障害の人達には言語的なアプローチはいらない?

とある特例子会社の偉い方とお話しをしていて、違和感を感じました。

「うちの社員(手帳所持者)の半分は知的障害なので、心の問題というよりは行動の問題が多い。なので、ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)は不要で、行動分析的なアプローチだけでよいと思っている」

「言語能力があまり高くないから、ACTは入りづらいからもしれない」

というご意見でした。

民間企業の方が行動分析やACTのこ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
8

辛い感情はなくなりません

ACTのカウンセリングをしていると、マインドフルネスを感情のコントロールに使う方がいます。嫌な思考に居場所を作ると理屈では分かっていても、知らず知らずのうちに、嫌な事があると、スッキリとしたいがためにマインドフルネスを使うのです。

特にホームワークとして音声データをお渡しするとそのような事がよくあります。

改めて、マインドフルネスは自分の感情や思考に気づくための手段であり、それらを楽にするもの

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
5

たくさんの人生のストーリーに耳を傾けること

Le:selfを立ち上げる前の私は、腎臓内科専属の心理士でした。
これはとても珍しい職域かと。

この領域で、大学院を出た頃の私は、ずっと学んできた認知行動療法を一生懸命使おうと必死だった。でも、うまくいかないことばかり。

たくさん勉強してきたはずなのに、臨床のスキルが自分にはまだまだ足りないことを強く実感し、自信を失う日々。

疾患とともに歩みながら、食事制限などの自己管理に取り組む患者さたち

もっとみる
スキありがとうございます😊
17