Vol.30 The Rolling Stones(前編)

存在の大きさ

ローリングストーンズに関して文章を書くのはある種の暴挙です。
半世紀を超える彼らの足あとをクロニクルとして描くならば本一冊でも足らないし(そんなのできないし)、さらっと概略として彼らの歴史や功績あるいは魅力をまとめるというのも個人的な思い入れや思い出が邪魔してうまくいきそうにありません。
いままで70年代ロックバンドについていくつか書いてきましたが、ストーンズとなると事情が変わって

もっとみる

10cc / I'm Not In Love

今日のお題は、10cc の「I'm Not In Love」1975年リリース

10ccはイギリスのバンド。
1972年から活動を始め、途中メンバーが代わったり、解散を繰り返しながら、現在も活動しています。

ハッキリ言って、10ccといえばこの曲しか知りません(笑)。
今回ブログを書くにあたり、他の曲も聴いてみました。
・・・なるほど、曲ごとに全然雰囲気違うのですねぇ。
すごくポップだったり、
もっとみる

ありがとうございます(*´▽`*)
4

Vol.29 The Who

ビートルズ、ローリング・ストーンズと並ぶイギリスの3大ロックバンドとして世界中で知られていますが、日本での知名度は他の2者に比べるとやや寂しい感じであることは否めません。
音楽性や後の世代への影響度などは決して引けを取るものではないのですが、70年代当時に日本であまりプロモーションがされなかった(来日もしていない)のが大きな原因のようです。
ただモッズカルチャー好きであったりプレイヤー志向であった

もっとみる

はじめての映画

私が生まれて初めて観た映画

犬神家の一族(1976)

言わずと知れた日本映画の金字塔。怖いとか恐ろしいという感覚はなく、子供ながらに何故かワクワクと目を輝かせて観続けていたのを覚えています。
私はこの映画がとても気に入りました。
そう。小学生にして早くも開眼したのです。この世界観に…。

・・・・

私が生まれて初めて泣いた映画

鬼畜(1978)

中学生の時に観た松本清張原作・緒方拳主演の

もっとみる

子どもが出てくる映画の話をしよう。その11。70年代のヒット作『小さな恋のメロディ』

夢と冒険を信じていた子ども時代も、LOVEが入ってくると、少しずつ何かが変わっていく。前にとりあげた『ストレンジャー・シングス』でも、いっしょに遊んでいた仲間が、GFの存在ですこしずつ離れていくようすが描かれている。これがなんとも切ないわけで。

ということで、思い出すのは・・あの甘酸っぱい映画だ。

『小さな恋のメロディ』(1971年・イギリス)。

ある年代以上のひとは知っている70年代の大ヒ

もっとみる

サタデー・イン・ザ・パーク

米国はまだ昨日だけど、今日2020年7月4日は、数年に1回しか来ない土曜日の独立記念日。

ってことで、Chicagoというバンドの1972年のヒット曲”Saturday in the Park”を思い出す。これが盛んにラジオでかかっていたのは、1960年生まれの私が中学1年生のころ。前にも書いたと思うが、そのときはスマホもツイッターもゲーム機もなく、中高生のお友達はラジオだった。そのとき私にとっ

もっとみる
ありがとうございました!またよろしくお願いします!
6

オリジナル曲「北京原人の歌」

この歌を知り合いに聞かせると、開口一番「どうして北京原人なの」と言われる。因みにこの歌の原曲は、中学生の頃に親友のJ君と一緒に作った。それを、アレンジして数年前に作り直したものだ。

自分が中学生の70年代は、超能力や心霊、UFOなどというオカルトが大流行していた。木曜スペシャルという伝説的な番組があり、毎週放映された翌日の金曜日は学校中がその話題だった。

ある日、その番組でビックフットの衝撃的
もっとみる

mican雑記200629(mican_ayaya)

「愛しの70年代」

帰宅が遅くなり、ただいま、23:42.
やばい、時間がない。明日になっちゃう。

好きなものを一つ。

移民の歌/LED ZEPPELIN

年に数回は聞きたくなる歌。
一度聞いてしまうと数回リピートしてしまう。

昨日からジョンボーナムのドラムのすごさを
説明しているyoutubeばかり見てたので今日はこれを。


自分がいいとか好きとかかっこいいとか思うものを
説明するの
もっとみる

Bill Withers / Use Me

今日のお題は、ビル・ウィザーズの「Use Me」1972年リリース

ファンキーでシンプルで、同じコード進行の延々繰り返し。
カッコイイ、中毒性のある曲です。

「Just the Two Of Us」を歌っているシンガーソングライターのビル・ウィザーズの曲。
この音楽ブログで4月4日に挙げていた「Lovely Day」のビル・ウィザーズ。
何となく私のイメージでは「弱い男性」を描くのが上手い人だ
もっとみる

ありがとうございます(*´▽`*)
4

30-Day song challenge Day13

Day13〜70年代の好きな曲

フレンズ(REBECCA)

口づけをかわした日は ママの顔さえも見れなかった

ちょっと分かるわ🙊(何が)

フジでやってたピカルの定理の人気コーナーだったビバリとルイが好きだったなあ🙈

(腐の者ではないです)

禁断の愛とかにどうやら弱いらしい

待って!待って!(オタクのそれ)

どこで壊れたの oh フレンズ

友達の関係を超えちゃったのか🥺

もっとみる
わーいありがとうございます^^
3