青年団

豊岡演劇祭2020体験記 9月20日日曜日(青年団、越後正志、劇団普通、山川陸設計、変わりゆく線)

9月20日日曜日

11:30~12:40
青年団
『思い出せない夢のいくつか』
江原河畔劇場 スタジオ

座席数70。前の2列は一席飛ばしなので、実質35か。
当日券出ないとのことだけど、キャンセル待ちで10名くらい並んでた。

まず、開演前に舞台装置とそれを照らす照明で気持ちが高揚する。公民館の一室のような空間に、汽車のボックス席が置いてあるだけなんだけど、違和感なくそこにあって、劇世界を作っ

もっとみる
スキありがとうございます!
2

五反田団『いきしたい』・青年団『思い出せない夢のいくつか』/『眠れない夜なんてない』 @豊岡演劇祭2020

前田司郎が当日パンフレットに書いていた「夢の文法」が舞台芸術を語るキーワードであるように思えた。

五反田団『いきしたい』2020.9.20 @豊岡市民プラザ
 段ボール箱の山が2つ無造作に積まれている。上手側の山の上にはパトライトが載せられている。美術はそれだけで、俳優の演技で空間は埋められていく。段ボールと照明で見立てる芝居。照明が効果的で美しかった。目的と演出がピタりとハマっていて嘘のつき方

もっとみる

豊岡市 豊岡演劇祭

ここからの移転です。 以下のようなくくりでまとめています。

①ソーシャルメディア 豊岡演劇祭
②豊岡演劇祭2020(第1回豊岡演劇祭)
  豊岡演劇祭2020 本家・Webメディア等情報いろいろ
  「豊岡演劇祭2020」についてのサイト・ブログ情報
  「豊岡演劇祭2020」を含む対談・インタビュー等
③第0回豊岡演劇祭
  第0回豊岡演劇祭 本家・Webメディア等情報いろいろ
  「第0回豊

もっとみる

吉祥寺で「日本文学盛衰史」の舞台を観たことがきっかけで

10年近く前、平田オリザさんの授業を、青学のワークショップデザイナープログラムで受けた。そのときの衝撃が大きくて、その後青年団の舞台をいくつか観に行った。その中の1つが吉祥寺シアターで上演された「日本文学盛衰史」だ。原作は高橋源一郎さん、作・演出が平田オリザさん。

舞台で描かれているのは、1894年から1916年の22年間のこと。北村透谷の葬儀、正岡子規の葬儀、二葉亭四迷の葬儀、の夏目漱石の葬儀

もっとみる
ありがとうございます♡
15

解体と建設の物語

眠りについたような明科の町を通り抜けると、木戸橋の交差点に出る。その交差点を右折した車は、潮沢川という小さな川をさかのぼるように、山に向かって走っていく。県道は、くねくねと歪曲して、峠へと登っていく。落石と雪崩を防止するトンネルを抜けると、道は大きくカーブしていよいよ峠に登っていくが、そのカーブの手前に、白坂口という停留所がある。町営のマイクロバスが折り返す最終地点だった。車はその地点を左折すると

もっとみる
ありがとう。
23

わかりあえないことから

「みんなのおうちプロジェクト」って
高校生女子が2人でやってるYouTubeでインタビューされた。

「今までで一番影響を受けた人は誰ですか?」
という質問に、
「平田オリザさんかな」
と、即座に答えた自分が意外だった。

『わかりあえないことから』
は衝撃の本だった。

わたしたちは、わかりあえない間柄なんだ。
以心伝心とか、
単一民族とか、
ハイコンテクストとか、
日本人の特徴を美しくいうけど

もっとみる
ありがと〜〜〜
1

遠くの思想、近くの戦争/青年団『東京ノート』

青年団『東京ノート』を見てきた。

 矢内原美邦演出と、堀夏子演出を見たことがあって、戯曲は読んだことがあったけれど、オリジナルの戯曲と平田オリザ本人の演出で見たことはなかった。1994年初演。2020年の吉祥寺シアターの舞台に立つ俳優たちの衣装は、数人の若い女性の役を除いて、どこか90年代を感じさせるような、垢ぬけないものがあり、男性たちも茶色などの目立たない色の服か、スーツやワイシャツでまとめ

もっとみる

2020/03/01 舞台「東京ノート」 観劇

公演タイトル:「東京ノート」
劇団:青年団
劇場:吉祥寺シアター
作・演出:平田オリザ
出演:山内健司、松田弘子、秋山建一、小林智、兵藤公美、能島瑞穂他
公演期間:「東京ノート・インターナショナルバージョン」2/6〜2/16
                   「東京ノート」 2/19〜3/1
個人評価:★★★★★★☆☆☆☆

【レビュー】

初めて観劇する青年団の舞台が代表作「東京ノート」の再

もっとみる
ありがとうございます!今後の活動の励みになります。
4

青年団 東京ノート

ずっと観たかった劇団青年団の『東京ノート』を観ました。青年団らしい、抑えの効いた淡々としたお芝居。見ているときも、見終わったあとも、心のなかにいろんなものが湧き上がって感想を一言で表せない。
言葉を探して感想まとめを読んでいました。

近未来の日本。ヨーロッパで大きな戦争が起きていているという設定で、そこから避難してきた絵画を預かっている美術館のロビー。そこが、この舞台の設定。

「遠い戦争という

もっとみる
ありがとうございます。嬉しい!!
23

東京ノートインターナショナル~日本はこうなれるのか。

青年団『東京ノート インターナショナルバージョン』
近未来の東京。欧州で起きた戦火を逃れ、人やカネが日本に流れ込む。あのフェルメールの絵が、日本に退避してくるのだ。そしてこの作品では、日本で暮らす外国人が登場し、日英韓中露など7か国の言葉が飛び交い、日英の字幕がつく。自分が世界をどのように視て、どのように見られているのか。ロシア人とアメリカ人が日本語混じりで話し、フィリピン人の弁護士がロシア語の悪

もっとみる