スキー場への行き方について

こんにちは!

前回、記事を書いてから数日経ってしまいましたが、予告通りスキーについてのお役に立てる記事を書いて行きたいと思います。本来ならばもっと早めに書いて年末年始に行こうとしてる方への参考にすべきでしたが、申し訳ありません。やる気スイッチが入りませんでした(>_<)

今回はタイトル通り行き方についての解説をしていきたいと思います。

行き方に関しては大きく分けて2パターンあります。1つ目は

もっとみる

20191231 東北旅行<1>車の準備

東北旅行へ行く(前記事参照)。

とりあえず、冬の東北と言えば雪である。
ただでさえ慣れない雪道を長時間ぶっ通しで運転することになるため、念には念を入れて準備を進める。

秋田在住の友人からのアドバイスも受けながら、装備を固める。

車はマツダのMPV (LY3P)。

2008年式、走行19万キロのお爺ちゃん。駆動方式はFF。

タイヤはピレリのアイスアシンメトリコプラス(215/65R16)。

もっとみる

ゆきみち

足跡の無い道

踏みしめる一歩が

地面に食い込む

11/30 凍った雪道は怖い

久しぶりに雪道を歩く。
やはり横断歩道は怖い。あそこはつるつるに凍ってるから鬼門だ。
ロードヒーターしてるところは安心だが、そうでないところに差し掛かると大概つまずく。
どこから転んでも痛いし、ケガのリスクも高い。
だから雪道は慎重になる。
リスクを把握したら、それに対応出来るようにしなければね!

今日の旅ブログ

立山ロープウェイ

黒部ケーブルカー

もっとみる
ありがとう。ありがとうは奇跡のコトバですね!
4

雪景色

おはようございます。

外を出るといつの間にか一面雪景色に。

数日前までは紅葉と秋晴れが続いて、「まだ冬には早いかな」なんて思っていたのですが、今年は11月で本格的に積りそうです。

まだ、出しっぱなしの夏物があるのでそろそろ冬支度をせねばと焦っている次第でございます。

冬には冬の楽しさがあるので、今年は何をしようかなーと模索しつつ、年の瀬はどうしようかなどと気の早いことを考えていました。

もっとみる
閲覧いただきありがとうございます。大変励みになります!
22

道【エッセイ】

冬の北海道。美しくもあるが、厳しいことのほうが、はるかに多い。だから、東京人になりきってしまった自分は、戻ろうとは思わない(絶対に)。が、子どもにとっては、学校の行きかえりの道が、格好の遊技場だった。
 かえり道。凍った道路の車輪の跡、わだちが、ランドセルを滑らして遊ぶ装置になる。もちろん、ボーリングやカーリングなんて、知らない、半世紀も前の時代。どこまで遠くまで滑らせられるかを競いながら、家まで

もっとみる
大吉!!!今日、いいことありますよ(笑
16

冬の北海道でソリ移動を勧める4つの理由

今年の冬は全国的にも大雪らしい。
日本列島最北端の北海道では、本州以上に大雪になっていることは言うまでもない。
北海道に移住した初めての冬、
札幌円山付近であるお母さんが子どもをソリに乗せてお買い物をしていた姿を見たとき、
相当の衝撃を受けたことを今も覚えている。

なんて、合理的なんだ!!
・雪道を子どもと歩くのは滑るし危ない
・子どもは歩くのが遅い
・雪のため道が狭くなっている
・「疲れた、だ

もっとみる
フォローもよろしくお願いします
1

雪道と路面危険度の見分け方

これからの季節、雪道を走る機会も多くなりますよね。

そこで、路面凍結の見分け方などを書いていこうと思います。

窓を開けて、水の音がしなかったら危険度が高い

道路の所々には、現在の気温が表示されているところも多いかと思います。

この時に、水は何度から凍結するかを
ご存知でしょうか?

そうですね、0℃から凍結します。

ですが、時と場合と場所で、
注意が必要になります。

どんな時かというと

もっとみる

あなたは長距離の運転手さんをどのように見ているでしょうか?

気性が激しく、荒々しい印象でしょうか?

それとも、道を譲ってくれる、優しくたくましい人でしょうか?

私も長距離ドライバーでした。

童顔で、同じドライバーからは舐められるような存在でしたが、ただトラックの運ちゃん。というだけで、一般の人からは、怖がられる存在だったようです。

確かに荒々しい運転や日頃の振る舞いは、多少していたかもしれませんね。

私は父親も長距離のトラックドライバーで、ずっと

もっとみる

真冬の運転の仕方 #カナダあるある

真冬の車運転に対する心持ちは夏のそれとは全く違います。

夏場は自販機普及してないし(あってもコインだけ取られてモノ出てこないことあり)、のどかわくからペットボトル水常備させとこうかなくらいなのですが、では、冬はというと?

まず、ブランケット。これはまあ、正常時は膝かけとして使えます。じゃあ正常時でない時とは。

特にオンタリオ州より北部の地域での冬。事故、渋滞に巻き込まれた最悪の場合を予

もっとみる
サンクス
11