ミニチュア・クリエーター 工房てると

大人になった今も小さかった頃の私が相似形のようにここにいます。その想いをつないでミニチュア陶芸作家として19年を迎えました。作るとは未知と出会うこと。夢が形になるまでのプロセスそのものが私です。まだ見ぬ小さきもの達に出会いたい。作ることは生きること!今日もわくわく日和です。

ミニチュア・クリエーター 工房てると

大人になった今も小さかった頃の私が相似形のようにここにいます。その想いをつないでミニチュア陶芸作家として19年を迎えました。作るとは未知と出会うこと。夢が形になるまでのプロセスそのものが私です。まだ見ぬ小さきもの達に出会いたい。作ることは生きること!今日もわくわく日和です。

    マガジン

    • ミニチュア

      ミニチュアの陶磁器を中心に作っています。 多くのミニチュア作家は陶器を作る場合は型で作っています。 型を使うのは同じ物をたくさん作りたい時に使いますが、厚さを一定にすることが難しく、焼成すると歪みの出ることがよくあります。 ロクロを使うとこのリスクを極端に減らすことができる利点があり、時間も短く作ることができるので有利な反面、技術習得には時間がかかります。 この技術習得に挑戦してくれる方がいればリモートで喜んでお教えしたいと思いますが‥‥。

    • 日記的な

      ミニチュアやミニチュアハウスの日記以外をまとめました。

    • ミニチュア生け花の会

      ミニチュア陶器に野の花などを生けて楽しむ会を設立しました。 会員プレゼントもご用意していますので、気が向いたら会員になってください。

    • 動画

      ミニチュア陶器の電動ロクロ挽きの解説やミニチュアハウスなどの紹介です。

    • 料理

      もりおゆうさんの簡単レシピをもとに作った料理を中心にしたマガジンです。

    最近の記事

    • 固定された記事

    私のミニチュア史の整理棚

    ◆ミニチュア制作に役立ったいくつかの経験  高校時代 石膏デッサン・水彩画  大学時代 油彩画・イラスト  20  代 江戸凧の制作  30  代 スポーツカイトや創作凧の制作 (参考資料1)  40  代 9ゲージの鉄道模型やラジコンヘリ  50  代 七宝焼き・ステンドグラス・アクセサリー・陶芸        ◆ミニチュア陶器の制作のきっかけ  たまたま孫のために作ったおままごとの巨大なミニチュア作りが面白くなってしまい次第に小さく作りたいと思うようになりました。 ◆ミ

      • 初めてのことは一歩一歩ですね

        3月のドールハウス・ミニチュア作家展で ろくろの実演を披露することになりました。 それに加えて側にミニチュア生け花を置くと ミニチュア生け花の会の宣伝にもなるし 華を添えられるのではないでしょうか。 そう思いついたものの3月の旭川といえば 使えそうな植物はまだ雪の下です。 そこで採ってきた植物をプラケースに入れ 使おうとして準備はしていたのですが‥‥‥ カビが発生したり、色落ちしていました。 でもここでめげるわけにはいきません。 ネットで調べるとシリカゲルを使って ドライ

        • 一年がかりで #つくってみた

          以前購入した世界で一番美しい元素図鑑ですが 1日1元素を目処に読み進んできました。 高校時代に学んだ元素の数より増えていたり ネットで調べてみると新しい元素周期表が 2016年にできていたのには驚きました。 日々科学者の研究の深まりもあり 113番ニホニウムは日本人が発見しました。 買っても読むことができない日も結構あり 1年の予定が18ヶ月もかかりました。 息子が孫を連れて里帰りした時に 「自分でも買おうと思った。」と言うので 読み終わったら送ると約束しました。 今回ア

          • コロポキ大失態

            一番好きな焼き物は何かと尋ねられたときに 迷うことなく「常滑の急須」と答えます。 常滑の急須を作りたいと思ったのは10年ほど前 次第に小さなものが作れるようになってきたので ノーマルサイズでも難しい急須が作れないものか 挑戦してみたくなりました。 ネットで朱泥土を購入して焼いてみたのですが あの独特な深くて赤い色が出ないのです。 もしかすると粘土に問題があるのかと思い 本物の常滑の朱泥土を探すことにしました。 見つけたのがとこなめ焼協同組合のH P。 当時は3種の粘土の

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ミニチュア
            ミニチュア・クリエーター 工房てると
          • 日記的な
            ミニチュア・クリエーター 工房てると
          • ミニチュア生け花の会
            ミニチュア・クリエーター 工房てると
          • 動画
            ミニチュア・クリエーター 工房てると
          • 料理
            ミニチュア・クリエーター 工房てると
          • ミニチュアハウス
            ミニチュア・クリエーター 工房てると

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            復活劇

            これは実に地味な地味なチマチマした話です。 ですがコスタリカに負けて意気消沈した日本に 力を与える復活劇のような話でもあります。笑 免許がないので一年中自転車に乗っています。 春から秋は普通のタイヤなのですが、 初冬のアイスバーン対策にはスパイクタイヤで 積雪時期にはファットバイクで対応しています。 気温が零下になると一番辛いのは指の冷えです。 風を切ると体感温度が数度下がるそうですが 5本指だと指同士の温め合いが妨げられます。 ではミトン型の手袋なら大丈夫かというと そ

            何とかできたのですが‥‥‥

            いみさんの息子さんに差し上げたろくろ倶楽部。 使いこなせるかどうかが問題だったのですが 工房に来て使い方を覚えてもらうことにしました。 使う粘土はオーブン粘土です。 この粘土は使ったことがないので興味津々でした。 手に取ってみるとかなり硬いことがわかり まず柔らかくすることにしました。 ろくろ倶楽部を回してまず中心が大切なことを 体得してもらいました。 手の使い方や動かし方を練習している内に 少しずつ馴染んできたので成形をはじめました。 何とか形になったのでここで終わら

            これは何?

            これは何?と思うことがたまにあります。 いつもギャラリーウォークで行く場所は 旭川駅に近い赤レンガ倉庫群の中にあります。 この倉庫群は国の有形文化財にも登録され 大雪地ビール館などにも活用されています。 先日鑑賞を終え、自転車のロックを外して たまたま上を見た視線の先にあったのがこれ。 築百年以上経つだけあり植物も生えていました。 このままだとレンガに悪影響があるとして 抜かれるかもしれませんね。 会員No.15のずうっとさんの会員プレゼントの 花器を使ったミニチュア生

            古いやつだとお思いでしょうが

            最初に注文した格安ロクロは円安のせいか 中国の会社の方からキャンセルされました💢 2回目は届くはずのものがなかなか届かず ストレスの原因となりキャンセルしました。 そこで、これまで京王の体験教室で使っている ミシンのモーターを使った手作り電動ロクロを パワーアップしてみようかと思いました。 使うのは歯科用ハンドピースのモーターです。 以前は工作用のリューターなどなかったので この機械の活躍の場はあったのですが、 今となっては無用の長物となりました。 改めてモーターの中を

            いよいよです

            4日に初雪が降ってからみぞれのようなものが 降った後は雪の降る気配はありませんでした。 初雪の例年より半月も遅くなったようですが 19日に3㎝程積もった雪はすぐに消えました。 月末には3日連続の雪の予報なので 寒さが続けば根雪になるかもしれませんが この時期は溶けてアイスバーンができこともあり 歩くのも自転車も危険な場面が増えます。 そうなればスパイクタイヤ車に乗り換え 靴は滑りにくいものに履き替えます。 自転車は氷より雪の方が安全に走れるので 雪が続けばファットバイクの

            ポイント

            3月に開催されるミニチュア作家展に向けて 単なるろくろのデモに終わらせたくないと思い ちょっとナニコレと思われるものを加えたいと 何かアイデアがないか探していました。 その手がかりになったのが白崎秋峰さんでした。 花びらを逆に生けたり、雌蕊を活用するなど 思いもしない草月の手法を見せてくれたのです。 デモのそばにミニチュア生け花を置くことを 思いついたのはそれがきっかけでした。 それなら今の内に植物を集めておかなくちゃと 家の周りを探して歩き、ケースに詰めてみると なんと

            ゆびろくろの本格始動へ出発です!

            ゆびろくろを使うときに腕を固定したいので そのための補助具を作ることにしました。 運搬にはアルミが軽くていいかもと思ったので 厚さ3mmで30✕40cmの板を購入しました。 この厚さならかなり強いなので使えそうです。 とりあえず半分に切断することにしたのですが アルミ板の上に木の板を置いてCクランプで しっかりと固定し電動のこで切ってみました。 これは思ったより時間がかかる作業でした。 さすが3ミリ厚が成せることなのでしょう。 凸凹やバリが出たのでヤスリをかけましたが

            私って貧乏性なんです

            なかなか物が捨てられません。 いつも思うのですが、捨てるのは簡単ですが もしかすると何かに使えそうだと思うと ついつい捨てずに残してしまうことがほとんど。 捨てなくてよかったこともたまにはあるため 物作りをする人ならあるあるですよね。 先日の京王のドールハウス展が終わった翌日 エアドゥで旭川に帰ってきたのですが、 空港バスに乗るのにバスカードを使おうとすると 突然リール付パスケースのヒモが切れました。 ブランド物など持たない私が買ってしまった TAKEO KIKUCHI

            こけちゃいました

            雪の降る季節を迎えたこの時期になると そろそろ早朝ウォーキングも歩き納めどきです。 雪が降る前は6時になっても明るくなりません。 さらに0度を切ると5本指の手袋は厳しくなり 歩く意欲も失せてしまうんです。 ウォーキングの楽しみの一つに 思ってもいなかったものとの遭遇があります。 今回はそれを紹介して今年のウォーキングの 納めとしたいと思います。 出会ったのは賃貸マンションの名前でした。 まずは「Harris」‥‥‥ハリーズですよね。 隣の棟が「Lennons」‥‥‥レ

            ゆびろくろを試しています

            8月に開催された京王新宿店のドールハウス展に 陶芸誌「陶遊」に掲載された「ゆびろくろ」の 豆庵さんがいらっしゃいました。 その時の話で、ぜひ「ゆびろくろ」を試して 感想や気がついたことがあったら教えて欲しいと 話があり、後日送ってくれることになりました。 先日届いたので早速試してみることにしました。 電源の接続にはUSB電源アダプタが必要で 手持ちの5V用で試すと動きません。 12V用と書いてあるのでヤマダ電気で探しても 12V用のアダプタは見つからないので 豆庵さんに

            新しい世界が広がっていくって楽しい!

            今回のギルド*の会場でもミニチュア生け花の 宣伝を兼ね生け花を並べることにしました。 でも浅草に行ってから時間を見つけて 野の花を探すのには無理がありそうです。 *ギルド:日本ミニチュア作家協会 水を使わないで生けることができるので 自宅周辺に生えている割と枯れた植物を 適当に採集して持っていくことにしました。 これまで使ったゲンノショウコや赤い実が 役に立ちそうなので少し多めに入れました。 それを会場で適当に生けておいたのですが 樹脂粘土だと思った方がほとんどでした。

            三羽ガラスは黒かったけど

            とうとう人を小馬鹿にしたような言い訳の 元瀬戸際のジャマ気味大臣が更迭されました。 あまりにも後出しジャンケンが多過ぎたため 厚顔内閣でも庇いきれなかったのかも。 しかし567対策本部長に就任とはねぇ。 でもまだ私がまとめて統一三羽烏とよんでいた カミ対応で有名になったウソ田衆議院議長と ギワク田総務会長の真っ黒な二人が残っています。 死んだフリをしていますけどどうなるのでしょう。 三羽烏といえば私のところにもあるんです。 どうしても作りたくなるセット物の三羽烏です。 黒