お雛さまとわたし

いつからこんなにお雛様のことが気になるようになったのか。。

その一番のきっかけは一昨年に京都のお寺で見た江戸時代のお雛様のことが忘れられないからなのだけれど。

けどその話はまた改めてするとして、今回はわたしとわたしのお雛様について母やおばあちゃんから聞いた話を書き残しておきたい、と思う。

実家に帰った時におばあちゃんに昔の写真って残ってない?と聞いて押し入れから出してもらったアルバムの中に幸

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。

岩槻ひなめぐり

今年(2020年)のひなめぐりは、2月22日(土)~3月8日(日)に行われました。

私は、最終日のしかも、午後から行きましたので、全部を見ることはできませんでした。最初に「ひなめぐり案内所」を訪れ、そこの担当の方に勧めていただいた「埼玉人形の博物館」「八雲神社」「大正館」を回ることにしました。

埼玉県には、「人形のまち」と呼ばれているのは  岩槻と鴻巣があります。岩槻で人形が作られるようになっ

もっとみる
スキ ありがとうございます! 感謝です。
7

かたちは変われど、ひな祭り

この日は3月3日。
すっかり忘れておりましたが、ひな祭りの日でした。

思い出したきっかけは、この日の食事当番である母が作ってくれた“ちらし寿司”

ふと考えてみると、生まれてからずっと3月3日(たまに前後しますけど)のご馳走といえば、ちらし寿司でした。
娘の私が反抗期だろうと成人しようと、20代後半に片脚を突っ込んでも変わりません。

もう20年以上、毎年ひな祭りの日にちらし寿司を作っていたから

もっとみる
思い出の“ごはん”はなんですか?
5
むちゃくちゃ嬉しいです♪
8

今を感じてみると

3月3日は雛祭り。娘の初節句なのですが、いつも通りの1日。

お雛様は飾ったし、写真も広報誌に載ったし、2020年は、お雛様を楽しめたように思います。

そんな日、ふっと気づいたことが。

おっぱいの出があまり良くない。

離乳食後に足りない分をおっぱいで補っていたり、寝る前におっぱいで寝かせているのですが、娘の口に加えさせても出ている気配がない時が、、、、。

おっぱいが張らないので

もっとみる
嬉しくて言葉にできません。
4

80年物の雛人形を飾った話

事の発端は、母の一言。

「なんか今年はちゃんと飾らなきゃって気がする」

母の名誉のために言うと、

ちゃんと毎年、用意して飾ってくれています。

今回飾らなきゃ、と母が言ったのは

祖母が持っている雛人形のこと。

祖母の初節句の時に購入したとのことで、

戦火を逃れた、80年ものです。

毎年祖母が自宅に飾っているのですが、

今年は母の一言で我が家に飾ることに。 

この雛人形、お

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです☺️
1
ありがとうございます❤️額紫陽花
35

この子が大きくなったなら。

ひな祭りに雛人形を飾らなかったのは、我が家にはソレが無いからだ。

娘が1歳を過ぎた頃にRakutenで買った、服タイプのお着物を今年も着せて写真をとってささやかなお祝いとした。

何年も着られそうだな、と思っていたお着物は、すっかりピチピチになっていて、窮屈そうに袖をとおす娘を見て少し申し訳ないような、切ないような、嬉しいような何とも言えない気持ちになってしまった。

そして、おおきくなったなぁ

もっとみる

雛祭り

雛祭りって、何をするのかわかってませんでした。

ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

そ、そうなんだ。

とりあえず、ひなあられを食べただけでした。

来年こそは準備万端に雛祭りするぞ。

以上

ほいじゃが!
8