吉村うにうに

はじめまして。小説を書いております。猫が主人公の長編小説や不思議でコミカルな短編を書きます。 ショートショートnote杯に参加したくて登録しました。 飼い猫はノルウェージャンフォレストキャットで、毛玉の天使です。 https://twitter.com/NFCnozomi0419
    • 毎日ちょっとだけ連載小説|水深800メートルのシューベルト

      連載で小説を始めてみました。一話をかなり短く(200文字くらい)毎日ほんの少しずつ進める予定です。 読んで頂けると嬉しいです。

    • 月イチ純文学風掌編

      毎月一度「純文学風」の掌編小説を乗せるつもりです。 オチなし、文体にこだわる、心理描写減らす、会話文の最後に〇をつけるスタイルです。

    • Limit ~無限の彼方に

      不定期連載小説です。りみっとさんとの冗談のような会話から生まれたSF小説になります。

    • #ショートショートnote杯

      ショートショートnote杯に参加する小説を乗せています。

    • 自分語り・小説の書き方

      ここでは、自分の来歴、小説執筆のスタイル、これまでに学んだこと、作品の解説、受賞コメントなどを載せています。自分語りもちょいちょい混ざっております。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

本日、我が家の毛玉の天使が7歳になりました。
前日、ケーキを買ってお祝いでした(猫ちゃんに乳製品は良くないので、ケーキは匂いだけクンクン嗅いでもらい、別にちゅーるを食べていました)。
人間で言うと44歳。あと何年かで年齢を追い越され、敬語で話さなきゃなと思うとちょっと寂しいです。

吉村うにうに
2か月前

水深800メートルのシューベルト|第225話

「私、何度もお願いしたわよね? 軍に入るのはやめてって。海軍なんかに行ったら、離れ離れになるのよ」  彼はそれを聞いて肩をすくめた。 「僕の決意は変わらないよ。…

吉村うにうに
6時間前

水深800メートルのシューベルト|第224話

「で、君はどうしたいんだ?」  ゲイルさんは、僕の決断を早く聞きたがっているようだった。 「いや……、その……」  僕は決断に困っていると、ママが「勿論『イエス』…

月イチ純文学風掌編小説 第二回「職質」

はじめに こんにちは。吉村うにうにです。普段はエンタメ系を書いております。毎月一度、純文学風に書く企画も行っております。 きっかけはこちら 純文学って? よく分…

水深800メートルのシューベルト|第223話

 ゲイルさんは、(ママに褒められて)照れながらママの肩に手を回した。 「それにこれを見てよ」  ママは、彼の筋骨隆々の腕を指した。 「アシェルも、背は高くなった…

水深800メートルのシューベルト|第222話

「『先生』はまだ早いよ。」  ゲイルと紹介された彼は、ママの隣に座ってビールを一口飲んだ。 「でも、来年卒業して研修医(レジデント)になるんでしょう? もうお医者…