大橋 あかね

「他愛ないけど、愛はある。」日常と偏愛をおすそわけする日記エッセイを書くのが日々の楽しみ。詩集『ひざまずく光』と オトボケ母娘の『ナソナとイソ二劇場』マガジンも有り〼。本、美術、オヤツ、お洒落、母、役に立たないことを愛する五十路。

大橋 あかね

「他愛ないけど、愛はある。」日常と偏愛をおすそわけする日記エッセイを書くのが日々の楽しみ。詩集『ひざまずく光』と オトボケ母娘の『ナソナとイソ二劇場』マガジンも有り〼。本、美術、オヤツ、お洒落、母、役に立たないことを愛する五十路。

    マガジン

    • 日々是おとぼけ「ナソナとイソニ劇場」

      ナソナこと、母、七十七歳。生粋のおとぼけ。イソニこと、私、五十二歳。ボケとツッコミの二刀流。そんな二人が繰り広げる、愛と笑いとちょっぴり心配も詰まった日常を描いたシリーズ。「おすそわけ日記」の中でも、ほのぼのおとぼけ度の高い読み物です。

    • 詩集「ひざまずく光」

      子供の頃に願ったのに叶えなかった夢が詩人だったことを思い出し、詩を書くようになりました。「ひざまずく光」と云う題名は、夢で見た、光の一字が膝を折る様にしている姿から命名。愛について、生き続ける私と世界の日々について、心の侭に綴っています。

    最近の記事

    おすそわけ日記 258「母の誕生日会をひらこう」

    来月、母が傘寿を迎える。我が家では、祖母も曽祖父母も八十前後で亡くなったので、母にとっては特別な歳で。そこを目標にと頑張ってきた。 日々恒例の、AFPのTune inとCheck inで今の自分を感じてシェアしあった後、誕生日はどうしようかなぁと母が言うから、どうしたいのと聞き返して。食事に行く?と私に聞く母に、お母さんの好きなようでいいんだよと言葉を重ねる。 そこでふと、前から考えていたことを口に出してみる。「hanaを借りて、お祝いしようか」 hanaは、西荻窪にあ

    スキ
    3
      • おすそわけ日記 257「空白の中で、静かに、待っている」

        まだ髪を伸ばしている。 美容院に行って、ほんの三センチ、髪を切って。 カラーはグレーベースにオリーブ。 オリーブは私の瞳に合う色。 美容院は、何も出来ない時間があるのがいい。 スマホも本も手放して、目を瞑ってハサミの音を聞いている。 美容院の帰りは、お店の前でいっぱい写真を撮る。 仕事に使えるかなぁと自撮りをするのだけれど。 いつも同じ表情をしている気がする。 駅で電車を待ちながら、空白を感じる。 一人で居る空白。 こんな時、私はどんな顔をしているんだろ

        スキ
        7
        • 再生

          連続100分100回再生して笑い続けたMMDにはもう愛しかない

          MMD作家の櫻さんの名作MMD。スタマイこと乙女ゲーム『スタンドマイヒーローズ』のヒーロー達が、荻野目洋子原曲の『ダンシング・ヒーロー』に合わせて、華麗に真面目に可愛くお馬鹿に躍り狂います。笑い過ぎて、リピート再生し続け、気づいたら100分再生していた昨夜。今日もまだ再生しています。ゲームを知らない人でも大丈夫。騙されたと思って見て欲しい、全世界の人よ。笑うから!本気で笑うから!ついでに、荻野目洋子の評価もダダ上がりするから!

          スキ
          2
          • 夜がやさしい。 昼の涙もまろやかに。 さみしさも、いとしさも まぁるく滲む。 夢に溶ける。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日々是おとぼけ「ナソナとイソニ劇場」
            大橋 あかね
          • 詩集「ひざまずく光」
            大橋 あかね
            ¥200

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            おすそわけ日記 256「無駄は綺羅星のごとく」

            「我が家のエンゲル係数はケーキが握っている」そんなのとっくに知ってるよとお思いの方も多いでしょう。が、今日は、呑んでる体で、いや、実際に飲んでるのは紅茶なんだけれども、ちょっとぐだぐだ書かせてくださいよ。 最近の我が家の夕飯は、玄米と生野菜で済んでます。身体が肉と魚を食べたいよーと言えば、食べる感じで。逼迫した財政に倹約の暗雲が漂っていることもあり、私の顎と腹の肉を母が「なくなれ〜、なくなれ〜」と撫でさすると云う圧もあり。別に米と野菜と大豆でいいじゃんと思います。 食べ物

            スキ
            5

            おすそわけ日記 255「知ってもらうことは、悪いことじゃない」

            あまりにも衝撃的で、思わずタイトルにしてしまった。 これは、私のnoteについて、かけてもらった言葉。 「あれ?私って、自分の書いた作品を知って欲しいと思ってたっけ?」 「わかる人にだけわかればいいって、思って来てない?」 ずっと、避けて、諦めてきた核心を今、突かれている。 心と足元が揺さぶられて、どうしようもなく怖い。 どうせわかってもらえないと思う理由なら百も二百も挙げられる。 でも、理由や原因探しなんて、もう、してる場合じゃないんだ。 今、私の前に差し出

            スキ
            12

            人生初のアクスタを買う。グッズを飾ったことがないので、かなり悩んだものの、愛に負けた。 手持ちのポストカードを背景にしたら、なんかいい。めちゃくちゃいい。 ベッドから見える位置に飾ると、お昼寝するのに気持ちが穏やかになる。 そして、悪夢を見た。なんてオチはいらなかったのに。

            スキ
            3

            おすそわけ日記 254「軽やかにときめく秋の日は、BGMにお気に入りのMMDを」

            見上げた空は、すっきりとした秋の色。 BGMにお気に入りのMMD。 アイラインがスッと綺麗に引ける。 こんな日は、どこまでも心軽やかで、世界にときめいてしまいそう。 今日のBGMは、私が大好きなMMD作家様、櫻さんの作品『エンヴィーベイビー』 ゲーム『スタンドマイヒーローズ』のキャラクター、槙慶太のお誕生日記念に作られた作品で、季節は春なのだけれど、アップテンポな曲とダンスが軽やかで、清々しい秋の気分にもピッタリ。 ゲームやキャラを知らない人でも「カッコ可愛いメン

            スキ
            9

            ほんの少しの事務作業と役所に行っただけで、ガリゴリ、心削られて疲れる。 ザクロ酢で元気出そと買って帰ったら、製氷皿の氷が一塊に。 割るの一仕事で、途中で諦め、氷が飲み物に届かない事態。 ひよっとこ口で飲む度、鼻の頭が氷について、ザクロ酢より私の鼻がキンキンに冷えてる。

            スキ
            3

            月例の学びの機会を休み、墓参りに行くはずが。 母が月命日に行くから、代わりに区役所と食糧の買い出しに行こうと言う。 墓参り日和と云う自分の直感を無視してしまい。 じゃあ、区役所にものすごくシュールな服で行くかと、いそいそ着こむ。 そして、区役所は休みだった。やさぐれる。

            スキ
            4

            おすそわけ日記 253「ここは、推し活天国」

            「出来ないとお手上げして助けを求めるようになったら、色々な形でサポートを頂いている」と、ここ最近書いているのだが、とうとう、そのサポートが推し活にまで及ぶ様になった。 憧れのMMD作家様に、推しを描いた作品画像の保存許可をお願いしたら、大量の推しの画像を送って頂き、自分に何が起きているかわからない位にパニック。幸せ過ぎて、悲鳴が出る。有り難く頂いた上に、図々しい私は、翌日、自分のスマホサイズに画像加工をお願いする。またも次々と送られてくる、美麗な推し画像。嬉しくて、息が止ま

            スキ
            4

            おすそわけ日記 252「今、これ、な香り」

            久方ぶりに精油を買った。 家にキャンドル用のソイワックスが残っていて。 アロマキャンドルを作ってみようかなぁと思っている。 推しと自分が同じ蠍座なので、蠍座の支配星の火星の香りで。 もし、好きな精油を一本選んでいいと言われたら。 値段を考えなくていいのなら、ネロリで。 少し考えるなら、フランキンセンス。 もっと手軽になら、ラベンダーかゼラニウムとスイートオレンジ。 でも、今も本当にその選択なのかと、ふと疑問に思う。 春に買ったゼラニウムには、確実に虫除けを期待していた

            スキ
            6

            愛用のキーホルダーが壊れたショック。一緒に買った母が「私の使う?」いや、イニシャル違うし。 あ、待って。私の推しも母と同じイニシャルS。「じゃあ、いいじゃん」そうなんだけど、推しと母、イニシャルと血液型と星座が同じで誕生日一日違い。 被りすぎて、誰を推してるのか混乱するのよ。

            スキ
            3

            長年放置していた、家の名義変更が今の課題。広く助けを求めようかと思ったけれど、何かが違う気がして。 子供の頃からの友人が別の友人に私の話をしてくれた所、行政書士のお友達が居て、紹介して貰った。友人二人がかりのサポートが、もう至れり尽くせり。 今日もミラクルに感謝しかない。

            スキ
            9

            今、私は、Twitterに住んでいる。毎日、趣味のゲームの話が楽しくて、SNSが苦手な私がちゃんと返信を書いている。双方の会話の熱量が近いのが肝。 そして、よくある一言だけの書き込みは、ものすごく仲がいい人同士だから成立するのだと思う。 言葉を連ねることも、敬意を払うことだ。

            スキ
            6

            二夜連続で怒涛のトキメキ爆弾が降り注ぎ、嬉しい悲鳴を上げ続けている。 ありがとうしかないのだけれど、何万回、口にしても、きっと足りない。 ひと月前の私に教えてあげたい。 もうすぐ、こんなに幸せになれるよ。 ずっと見失っていた、大好きとトキメキを取り戻せるよ。

            スキ
            7